光滝寺キャンプ場は天然アウトドア!森と渓流の奥河内山麓

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: bee

私の出身地は大阪です。在職中は国内各地を仕事でまわりましたが、今は気のむくままに向かう小さな旅先で出会う風景写真を撮り楽しんでいます。新緑映える山尾根歩きや古人訪ねる歴史探訪の旅が気に入り面白いです。

アクセス便どキャンプ施設良ぐ自然漫喫でぎる充実の野外生活

光滝寺キャンプ場は緑豊かな自然に囲まれた大阪みどりの百選の一つ、奥河内滝畑ダム上流の清流沿い光滝寺の奥にあるキャンプサイトです。川遊びとか清流の渓流釣りや炭火バーベキューが楽しめるキャンプ場は、落差9mと壮観な光滝があり周辺の滝畑四十八滝めぐりでアウトドアの醍醐味も味わえます。大阪市からのアクセス便がよく日帰りキャンパーや、岩湧山などハイキングのベースキャンプ利用にも人気のあるキャンプサイトです。

光滝寺キャンプ場とは

滝畑アウトドアビレッジの光滝寺キャンプ場

昭和56年に竣工した滝畑ダムの周囲は、山間に囲まれた自然たっぷりの郷愁残る山里です。古くは河内国錦部郡滝畑村と称された滝畑は、かって北摂の能勢に対して平家の落人伝説語られる南の秘境と呼ばれる標高360mの山麓にあります。

修験道ゆかり福玉山光滝寺奥の清流沿いにある光滝寺キャンプ場は、緑豊かなダム湖畔を中心にハイキングや渓流釣りなどアウトドアの楽しめる滝畑ビレッジにあります。

光滝寺キャンプ場

清流沿い森に囲まれたキャンプ場入口

光滝寺キャンプ場には管理棟入口で料金を支払い駐車場へ下ります。バンガロー泊や持込テントでキャンプサイト宿泊ができて、日帰りキャンプも楽しめます。場内設備は売店や水洗トイレと有料のシャワー室も完備されて快適です。

日帰り利用もできるバンガローは、小さい子供連れファミリには休憩や昼寝場所にも利用できて便利。バンガロー泊の場合は事前予約が必要ですが、持込テント泊は予約不要で場内すべてフリーサイトなので早朝到着でテントサイトの確保がベストです。

大自然真っただ中の光滝寺キャンプコテージ

夏のキャンプ時期は若い人やバンガロー泊するファミリーも多く、山間の清流沿いの夜もそれなりににぎやか。光滝寺キャンプ場の地面は河原の小石がゴロゴロある状態で硬めです。テント設営は地面の硬さがストレス無いように底敷マットは厚めがベストで、設営のペグも丈夫な材質がおすすめです。

キャンプ場内を流れる川は水の透明度が高い清流。サイト沿いは水深浅く流れも緩やかで小さい子供も楽しめますが、一部深い場所が有って小さい子供の川遊びは避けて注意が必要です。

キャンプ場の見どころ滝めぐり

キャンプサイトの身近にある光滝

キャンプ場内から川上流に向かって、滝畑四十八滝ひとつの光滝があります。某製菓メーカーのCM撮影もあった見栄えする光滝は、V字に光の筋が流れるように神秘的で落差が10m程の迫力ある直瀑の滝です。

山間の静かな雰囲気から滝に近寄る途中は、豊かな水量で清流も勢いづき滝の音が大きく迫力が増してきます。滝壺の付近は川深く流れもきついので滝の手前で止まり、子供だけの川遊びは避けて景観を楽しみます。

荒々しい梅雨時期の荒滝

昔から滝畑四十八滝としてよく知られる滝畑周辺には多数の滝が点在します。その中の光滝と並ぶ人気の荒滝は、NHKテレビ番組「マッサン」のロケにも使われた人気の滝です。光滝寺キャンプ場からさらに上流に徒歩15分ほどの、奥深くひと気の少ない荒滝キャンプ場エリアにあります。

山深く天然100%の自然が創造する荒滝の叩き落ちる水流は生命感すら感じる見応えのある滝で、木々に囲まれた静寂の中に滝と清流のせせらぎ音に耳を傾ける快い時間を過ごせます。

キャンプ場の裏は霊験あらたかな古刹光滝寺

福玉山光滝寺

千石谷から出合を過ぎて滝畑街道右側に「福玉山光滝寺」石柱たつ山路を上がると光滝寺です。飛鳥時代に欽明天皇の勅願によって行満が開いたとされる古刹で、上流にある光滝が名前の由来で本尊は平安末期の寄木造り不動明王立像です。

光滝寺は修験道ゆかりの葛城修験二十八宿の第十四宿で、西国4番札所の槙尾山施福寺より古く施福寺の奥院でもあった歴史ある寺で光滝キャンプ場の側道沿い絶壁上にあります。

光滝寺の境内

境内には本堂と庫裡に炭焼不動堂があり、茶道に使われる白炭を滝畑地区に広めた寺伝の炭焼不動堂は空海作と伝えられる不動明王が祀られています。滝畑地区の炭焼き歴史については滝畑ダム沿いにある無料の「滝畑ふるさと文化財の森センター」にある古民家で見学可能です。

光滝寺で毎年催される餅撒きイベントは年初の寒い時期ですが、家内安全や無病息災を願う多くの参拝客が訪れて境内が賑います。

光滝寺キャンプ場へのアクセス

車での行き方

河内長野中心地区から外環状線R170を関西空港方面に走行し、天野山金剛寺前の交差点を左折します。金剛寺前から山坂を走行し約10分で滝畑ダム湖に到着、その先の道幅狭くなる山裾を川沿いに5分ほどの走行で光滝寺キャンプ場の有料駐車場に到着します。

電車での行き方

南海高野線または近鉄長野線の河内長野駅が最寄り駅です。河内長野駅前の南海バスターミナル7番乗場で滝畑ダム方面に乗り所要30分ほどで終着の滝畑ダムで降車、川沿い南へ徒歩25分ほどで光滝寺キャンプ場に到着します。

住所|〒586-0072 大阪府河内長野市滝畑1392
営業時間|AM8:00-PM17:00
定休日|なし(オフシーズン、悪天候時は要確認)
電話|0721-64-1977
公式サイトはこちら