温泉県にそびえ立つ別府タワーは由緒ある観光地

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

花火のときはめっちゃ綺麗なんよ

別府駅からすぐ側にある別府タワーは別府の海と山、そして町を一望できる50年以上昔からある有名な観光スポットです。昭和の活気ある時代に作られ大分の観光を支え、今も別府を見守り続けています。

通天閣と東京タワーに挟まれている別府タワー

タワー6兄弟の3男坊

別府タワーは内藤多中博士が全国に作ったタワーの内の1つです。このタワーは全部で6本あり、通称「タワー六兄弟」と呼ばれています。この兄弟の中で一番マイナーなのが別府タワーです。

通天閣や東京タワーなどの知名度抜群のタワーに挟まれる形で作られた別府タワーですが、そのマイナーさも別府のらしいと言われ地元の人たちを中心に愛されています。

景色が素晴らしく年中楽しめる展望台

山や海を望む展望

別府タワーの見所はやはり展望台から見える360℃パノラマの光景、別府の町も海も山も全てを見ることが出来ます。ここではタワーの歴史が乗っているパネル展示や、別府タワーのキャラクター「別府三太郎」のグッズ販売なども行われていますよ。

真っ赤に染まる景色

海が見える場所なので夕日の時間もおすすめです。別府の海が赤く染まる姿は雄大で1度は見る価値がありますよ。

別府タワー自体が派手な建築物ではなく、別府の街も都会と比べると控えめだからこそ夕日の時間帯の少し寂しい気分と合い、情緒ある光景になっていて美しいです。

絶景の夜景スポット

そしてやはり展望台と言えば一番の見所は夜景でしょう。360℃のパノマラで別府の夜の魅力を全て見ることができます。

またタワー自体も光り輝くおすすめの夜景スポットです。点灯している様子は今時のカッコいい建築物とは言えませんが、昭和の歴史を感じさせる姿をしていますよ。

可愛すぎる花火も見れる

別府の中心地にも海にも近い立地の別府タワーは、花火が見えるスポットとしても有名です。大分合同新聞納涼花火が、別府タワーの付近で行われます。

夏だけでなくクリスマスシーズンにも近くの公園で花火が行われます、澄んだ冬空と煌めく町のなかに上がる花火はとっても綺麗ですよ。

タワー内で食事や買い物も

疲れたらカフェで一服

展望台でも軽食が食べれる別府タワー、他にもレストランや展望ラウンジも入っています。場所が場所だけに高そうだったり入りにくそうだったりしそうですが、かなり庶民的です。

レストランではだご汁やとり天などの大分の郷土料理が食べられて、子連れでも入りやすい雰囲気です。展望ラウンジは大分の夜景が1時まで楽しめ、飲み物の値段もたいへんリーズナブル。展望台よりも夜遅くまで開いているので、カップルで遅い時間帯に夜景が見たい時はこちらを利用してはいかがでしょうか?

大分独自のお土産を買うならここ

1階に入っているショップ大分温泉座は、「温泉以上の温泉を体感できる」がコンセプトの店です。温泉効果の高い足湯や温泉の成分が入った化粧品など、普通に温泉に入るよりも温泉の効果が得れるように作られています。

東京などでも展開している店ですが、やはり大分がおすすめです。化粧品だけでなく大分名物地獄蒸しの食品を持ち帰りやすく加工したものや、カフェメニューなども販売されているので美に興味がない人でも楽しますよ。

別府タワーへのアクセス

車の場合

別府タワーには有料駐車場はあるものの17台分と狭く、特別安くもありません。ただしレストラン利用だと2時間無料になるようです。

近くにはコインパーキングが多数あり、広いものだと650台も収容可能なので停めれずに困ることはないと思います。

公共交通機関の場合

JR別府駅から徒歩10分と非常に近く便利な立地になっています。タワーですから駅からでも目視出来る上、道も簡単なので初めての人でも徒歩で行ける場所でしょう。

住所|〒874-0920 大分県別府市北浜3丁目10-2
営業時間| 9:00〜22:00
定休日|水曜日(祝日除く)大晦日
電話|0977-21-3939
公式サイトはこちら