幸福駅で幸せを探そう!帯広にある恋人の聖地を徹底紹介

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: yui

出身地は北海道札幌市。得意なエリアは東南アジアです。世界遺産と写真とグルメが大好き。世界の海でダイビングもしています。

幸福駅には何があるの?本当にある駅なの?疑問だらけの駅に行ってきました!

「愛の国から幸福駅へ」のフレーズで全国区になった北海道・帯広市にある幸福駅。ここには、全国から幸せを求めて多くの観光客が訪れます。小さな駅ながら多くの人を魅了する幸福駅の魅力を紹介します。

幸福駅は存在した駅だった

廃線してもなお人気が絶えない駅

幸福駅は今や、全国から観光客の集まる観光名所の1つですが、そもそもこの駅は実在した駅なのでしょうか。答えは、実在した駅でした!「幸福駅」とは、旧国鉄広尾沿線内に実在した駅です。1987年に広尾線は廃線になったものの、駅名の縁起の良さと多くの観光客が訪れる場所であることから、現在は鉄道公園として存続することに。私が訪れた際にも駐車場には多くのレンタカーが止まり、若いグループから老夫婦まで、いろいろな年齢層の観光客が訪れていました。

幸福駅で幸福になるためにするべきこと

幸福駅の名前の由来を知ろう

では、なぜこの駅は「幸福駅」と名付けられたのでしょう?実は、幸福とは地域の名前でした。そもそも幸福駅周辺はアイヌ語で「サツナイ」と呼ばれる地域でした。はじめはこの言葉に漢字を当てはめて「幸震」としていたそうですが、1897年に福井県からの集団入植が行われ、福井県の一字が充てられ「幸福」という地域になったそう。実際に駅周辺の地域は今も「幸福町」という地名であり、その町の駅なので「幸福駅」となったようです。高速道路の出口にも、幸福への矢印がありました。見方を変えるとなんだか面白いですよね。

幸福の鐘を鳴らそう

では、幸福駅に来たら何をしたらいいのでしょうか?まずは、幸福の鐘を鳴らしてみましょう!駅舎からプラットホームに抜ける途中に、小さな鐘があるのが目に入るはずです。この鐘はもともとは、ここで行われるウェディングセレモニー用に作った鐘でしたが、幸せの舞い込む鐘として今では多くの観光客がその音を響かせています。カップルは2人一緒に、願い事がある人は静かに胸の中で願い事を唱えながら鐘を鳴らしてみましょう。

幸福になるための願い事を書こう

駅舎の中は、一面ピンク色の願い事の書かれた紙で覆われています。よく見るとコレ、大きな幸福行きの切符。売店でこの切符を買い、裏に願い事を書いて壁中に貼り付けているのです。もともとは、ここを訪れた観光客が駅舎の中に自分の名刺を貼り付けたのが始まりだと言われています。2013年に駅舎がリニューアルされたタイミングで、この切符に願い事を書くスタイルとなりましたが当時の慣例をそのままによく見ると名刺が貼られているのも目にすることができます。

幸福ゆきの切符を買おう

絶対に買いたいのが、幸福ゆきの切符。広尾線が現役だった頃、幸福駅の近くには愛国駅があり「愛国から幸福ゆき」の切符が非常に有名になりました。一時は一年間で300万枚の売り上げがあったほど。広尾線が廃線になってからも、縁起の良い切符として幸福駅の売店で購入することができます。切符をモチーフにした絵葉書や、キーホルダータイプの切符も販売しています。訪れた日付を入れてくれるという粋なサービスもありますので、お土産にぜひ購入したいものですね。

幸福発の電車に乗ろう 

駅舎付近を満喫したら、足を伸ばしたいのがプラットホームと車両。この木で作られているプラットホームは、ほぼ現役当時のまま。夏には目の前に幸福ガーデンが広がり、撮影スポットの1つとなっています。冬は、一面雪景色。真っ白な景色の中で、オレンジ色の車両がポツンと佇む姿もとても印象的。プラットーホームに止まる車両も、広尾線の帯広〜広尾間を走ったディーゼル車がそのまま展示されています。車両内に入ると、対面式座席がそのままの姿で残されており、座るとその硬さに思わず笑みがこぼれることでしょう。

幸福駅のカフェで一休み

こだわりカフェでピンクのソフトクリームを食べてみよう

幸福駅には、カフェ「幸福村」もあります。カフェには、オーガニックコーヒーやソフトクリーム、パフェや大福まで多彩なメニューがずらり。特にイチゴを使ったピンク色の「幸せいちごソフトクリーム」は、駅舎内に貼られているピンクの切符の色と同じで観光客にも大人気。無農薬・無化学肥料にこだわった、身体にも優しいメニューが揃っています。

住所| 北海道帯広市幸福町基線159番地
営業時間|AM10:00-PM17:00
定休日|毎週水曜日(3月は土日のみの営業)
電話| 090-6211-0746
公式サイトはこちら

幸福駅へのアクセス

車利用の場合

・JR帯広駅より国道236号線を南下。幸福駅標識を左へ曲がってすぐ。
【所要時間】 約30分

・帯広川西ICより
帯広広尾自動車道の幸福ICから5分
【所要時間】 約20分

※無料駐車場は36台分有

電車・バス利用の場合

JR帯広駅前のバスターミナルより
十勝バス「広尾」行きに乗車し、「幸福」バス停で下車。徒歩5分
【所要時間】 約45分~50分

住所| 北海道帯広市幸福町東一線159
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0155-22-8600
公式サイトはこちら