空の公園では空と海の境が溶けてしまう!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Rinka

福岡出身大分在住、得意エリアは九州全域。どこまでも自動車で行っちゃいます。 夫婦で温泉好き、週末はどこかしらの温泉に出没してます。 甘いものとお魚も大好き、現地のグルメスポットは必ずチェックします。 身体を壊して山登りができなくなったのが、今の悩みのタネ。

一面広がっちょう青と蒼につい見惚れるっちゃき

大分県佐伯市の米水津(よのうづ)地区には、空の公園という絶景ポイントがあります。独特のリアス式海岸と、水平線がそのまま空に溶けてしまうほどの絶景から、大人気のドライブコースとして知られています。

豊後水道を望む空の公園

絶景ドライブコースの定番

豊後水道を望む豊後くろしおラインは、非常に景観がよく人気のドライブルート。中でも標高250mの場所にある空の公園は、雄大な海を眼下に見下ろせる人気スポットです。また、渡り蝶として知られるアサギマダラの立ち寄り所としても有名です。

豊後水道を代表する絶景ポイント

空と海の境がわからなくなる公園

一面に広々とした青い海が見下ろせ豊後くろしおラインの展望公園は、空と海の境がわからなくなるという意味を込めて、空の公園と名付けられました。独特のリアス式海岸の他、天気の良い日には、豊後水道を超えて四国は宿毛まで見ることができます。

それぞれの場所で景観が違う

空の公園は、大きく3つのエリアに分かれています。標高が高く豊後水道が一望できる展望台・芝生が広がり休憩所も設置された公園・豊後水道と米水津湾を同時に見ることができる空の展望所。それぞれ別の風景が楽しめるので、見比べるのも楽しいですよ。

グルメスポットとして名高い米水津湾も一望できる

米水津湾は、古くから良質な漁場として知られています。特にブリの養殖で有名で、豊後水道の潮の流れに揉まれたブリは、豊の活ぶりと呼ばれ全国に出荷されています。空の展望所からは、そんな米水津湾が湾口から湾奥まで一望できます。

海に祈りを捧げるお地蔵様 空の地蔵尊

遭難者の供養と海難厄除けのために建立

江戸時代に発生した海難事故で命を落とした人々を弔うため、海を見下ろす高い場所にお地蔵様が建立されました。いつしかそれは空の地蔵尊と呼ばれるようになり、現在でも海難厄払いと大漁祈願の祈りの場として親しまれています。

恋のパワースポット 幸せの鐘

市内に16箇所設置された恋が叶う鐘

佐伯市内には、佐伯市恋ロードと名付けられた幸せの鐘が16箇所設置されています。空の公園にもまた、海を一望できる展望台の近くに設置。想いを込めて鐘を鳴らし、願い事を書いた錠前をかけると、恋の願いが叶うと言われています。

日本で唯一渡りを行うアサギマダラの立ち寄り所

季節限定で見られる不思議な渡り蝶

アサギマダラは、日本で唯一長距離の渡りをする蝶です。空の公園は、そのアサギマダラの立ち寄り場所としても有名です。空の公園に立ち寄るのは主に5月と10月。地元の人の手により、アサギマダラが好むヒヨドリバナやフジバカマが植えられています。

空の公園へのアクセス

車でのアクセス

東九州自動車道佐伯ICから車で約40分です。佐伯ICまでの所要時間は以下のとおりです。

  • 東九州自動車道大分ICから1時間
  • 東九州自動車道宮崎ICから2時間30分
  • 鳥栖JCTから大分自動車道・東九州自動車道を通り2時間30分
住所|〒876-1402 大分県佐伯市米水津大字色利浦
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0972-35-6111
公式サイトはこちら