入田浜海水浴場はサーフィンのメッカ!海水浴も楽しめるスポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

サーファーが多くいる入田浜海水浴場。海水浴やシュノーケリングなどマリンスポーツも盛んな場所さ~

サーフィンが有名な入田浜海水浴場。シュノーケリングや釣り、磯遊びといった海でしか楽しむことができない遊びができるため、家族連れ、友人、カップルといった方々でにぎわいを見せています。そんな入田浜海水浴場をご紹介します。

人が少なく穴場ビーチな海水浴場

真っ白な砂浜とエメラルドグリーンに輝く海

サーフィンはもちろん、シュノーケリングや釣り、磯遊びなど海を満喫できる入田浜海水浴場。透明度は高く遠浅のため家族やカップル、友人通しや外国人の方でにぎわいを見せています。ヤシの木や花々に囲まれ、南国気分を感じつつ、日光浴や読書に最適なスポット。

夏季シーズンのみレンタルショップや飲食店が開店し、サマーベッドやパラソルをレンタルすることができ、さらに、海を見ながらラーメンやカレー、焼きそばといった食事を楽しむこともできます。

入田浜海水浴場の楽しみ方

1年通して人気のある「サーフィン」

1年通してサーファーでにぎわいを見せる入田浜海水浴場。そのため、波質はよく朝型と夕方に多くのサーファーが集まります。他県からのサーファーが多く、初心者から上級者までサーフィンルールを守りながら波乗りを楽しんでいるため、トラブルは少なく安心して楽しむことができるのが魅力です。

色鮮やかな魚が観察できる「シュノーケリング」

浜近くでは、サーフィンに適した波は立つものの、沖へ出るととても静かな海。そのため、シュノーケリングを楽しむ方が多く、色鮮やかな魚に出会うことができます。浜の左右には、小さな魚から大きな魚まで出会うことができる磯場があります。餌やりをすることでたくさんの魚が集まり、色々な魚に出会えるのが魅力の一つ。

小魚やカニに出会える「磯遊び」

浜の向かって右手にある磯遊びができるスポット。小さな水たまりに取り残された魚や貝を観察することができ、親子で磯遊びを楽しむことができるためおすすめです。磯周辺は浅くなっているため、磯遊び後は、海に飛び込みをして楽しむことができます。

エサ釣りやルアーで楽しむ「磯釣り」

磯に棲みつく魚から浜にいる魚まで色々な魚を釣ることができる磯場。エサ釣りからルアーといった方法で大小様々な魚を釣り上げることができます。磯場は不安定ではあるものの、大きな魚が回遊するため大物狙いにはピッタリです。釣り初心者でも楽しむことができておすすめ。エサ釣りをするなら、イソメや桜エビを選ぶことで釣果は上がります。

愛犬と海水浴を楽しむ

入田浜海水浴場は、愛犬と一緒に海水浴が楽しめる場所として人気があり、ラブラドールレトリーバーやゴールデンレトリーバーといった大型犬が多くボール投げやフリスビーをして楽しむことができます。浜向かって左側にはゴミ箱が完備されているため、愛犬の排出物などそこへ捨てることができるので助かります。

充実した食事が用意された食堂

入田浜海水浴場の入口を入り、海水浴所むかって右手には夏季のみ開店する食堂があります。昭和レトロな雰囲気が楽しめ、味も天下一品。特におすすめする食事は、ラーメンやカレーといった塩味が効いた料理です。昔からの味付けで懐かしさを感じることができます。

入田浜海水浴場へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道へ乗り、R136、R414に乗り替え伊豆半島を南下します。その後、左手に下田自動車工業株式会社があるので、その奥の細い道を左折すると目の前が現地になります。

海沿いには駐車場を完備しており、夏季シーズン以外は無料となります。手前と奥2ヵ所に駐車所湯があり、浜向かって左側で海水浴を楽しむ場合は手間の駐車場、右側で海水浴を楽しむ場合は奥の駐車場をおすすめします。

住所|〒415-0028 静岡県下田市吉佐美
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0558-22-1531
公式サイトはこちら