尺間神社で厄払い!長い石段の先には絶景スポットも

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Rinka

福岡出身大分在住、得意エリアは九州全域。どこまでも自動車で行っちゃいます。 夫婦で温泉好き、週末はどこかしらの温泉に出没してます。 甘いものとお魚も大好き、現地のグルメスポットは必ずチェックします。 身体を壊して山登りができなくなったのが、今の悩みのタネ。

しんけん疲るるけんど、絶景んためちゃ思うち頑張りい

尺間神社は、尺間様とも呼ばれ、大分県佐伯市にある尺間岳の山頂にある歴史ある神社。百段ないし四百段の長い石段で知られ、日豊海岸国定公園に指定されている他、展望の美しさから初日の出の名所としても知られています。

全国的に名を知られる尺間様

穢れを祓う釈魔が由来

尺間神社では、迦具突智神・経津主神・武甕槌神の三柱の神々を祀っています。魔を祓うという意味の釈魔が、尺間という名前の由来になっているほど霊験あらたかな場所。心願成就や厄除けのため、多くの参拝客が山を登っています。

尺間神社を目指していざ出発

尺間スカイラインで一気に8合目まで

尺間神社へ向かう方法は、佐伯市街地側から国道10号線を通って尺間スカイラインに入るルートがおすすめ。車で8合目まで登れるので、余裕を持って登り始めることができます。ただし、道幅が狭くカーブも多いので、注意して運転してくださいね。

神社までのルートは2本

4kmほど登ると第一駐車場が、さらに2km進むと第二駐車場があります。第一駐車場からは緩やかながら時間のかかるルート・第二駐車場からは勾配が急ながら距離が短いルート。また、トイレは第二駐車場側にあります。

最初は緩やかな坂をのんびり登る

どちらから登り始めても、最初は比較的緩やかな上り坂です。ただしどちらのルートも舗装されていないので、雨の翌日などは注意が必要。第二駐車場から登り始めると、荷物運搬用のトロッコ路線を見ることもできます。

鳥居をくぐるといざ本番の階段へ

尺間神社の鳥居をくぐると、長い階段が待っています。第一駐車場側は百段・第二駐車場側はなんと四百段もあります。一見すると百段のほうが楽に登れそうですが、百段階段は幅が狭い上に傾斜も急で登りにくいので、四百段階段のほうがおすすめ。

頂上についたら本堂でお参りを

三柱の神々や不動明王を祀る霊験あらたかなお堂

山頂にあるのが尺間神社です。本堂では三柱を祀っているため、願い事は3つまで叶うとされています。また、万願成就天狗像という天狗像や不動明王像なども祀られています。それぞれ順路通りに参っていくとよいでしょう。

山登りのご褒美は一面の絶景

佐伯湾沿いの風景を一望できる

神社から第二駐車場側に少し降りると、天見ヶ平展望台があります。ここからは佐伯の町並みが一望でき、佐伯湾や鶴見のリアス式海岸、天気が良い日なら四国まで見通すことができます。また、初日の出の名所としても地元で親しまれています。

尺間神社へのアクセス

車でのアクセス

尺間ライナーの登り口までは、東九州自動車道佐伯ICから県道219号線・国道10号線を通り10分ほど。そこから登山口までは、山道を通って20分ほどかかります。佐伯ICまでの所要時間は以下のとおりです。

  • 東九州自動車道大分ICから1時間
  • 東九州自動車道宮崎ICから2時間30分
  • 鳥栖JCTから大分自動車道・東九州自動車道を通り2時間30分
住所|〒876-0103 大分県佐伯市弥生大字尺間945
営業時間|9:00~16:00
定休日|なし
電話|0972-46-1413
公式サイトはこちら