伏見稲荷大社は商売繁盛の神様が宿る最強のパワースポット!朱色の鳥居をくぐろう

公開日:2019/9/20 更新日:2019/9/26

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Maayu
子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。
京都においでの際はお稲荷さんへおこしやす

海外での評価も高い伏見稲荷大社は千本鳥居など圧巻の景色をはじめ、稲荷神社の総本山であることから強力なパワースポット。今回は伏見稲荷大社の見どころを徹底的に紹介します!きっと行ってみたくなりますよ。

伏見稲荷大社について魅力を徹底的にご紹介!

京都でも有名な神社の一つ

お稲荷さんの愛称で親しまれている伏見稲荷大社は、全国に約3万もある稲荷神社の総本宮。もとは、稲荷山に神を祀ったのが始まり。古くから五穀豊穣や商売繁盛の神様として信仰され、正月にはご利益を祈願して日本全国から多くの人が初詣に訪れます。朱塗りの本殿や楼門、千本鳥居など見どころがたくさんあり情緒のある景色は日本人ならず海外から訪れる人々にも大人気の観光スポット。

伏見稲荷大社に参拝しよう

まずは本殿に参拝しよう

優雅であり豪華な本殿は伏見稲荷大社の見どころの一つ。鮮やかな朱塗りに繊細な装飾が施された立派な佇まいは、つい見とれてしまうほど美しいです。大きな楼門をくぐってまずは手水舎で心身を清めたら、階段を上って本殿に参拝しましょう。本殿前は参拝している人以外にも記念撮影をしている人やツアーで訪れた団体など色んな人で混雑しています。

神様の使いの狐がいっぱい

楼門前をはじめ境内にはあちこちに狐の像が。狐は稲荷神のお使いとして敬われています。幸運の象徴と言われたカギをくわえた狐の像を見れた人は幸運が訪れるとも。凛々しい表情をした狐や、穏やかな表情の狐など実にさまざま。境内ではぜひ色んな狐を探してみましょう。

千本鳥居は神秘的なパワーを感じる

本殿への参拝を終えたら、後方にある階段を上っていよいよ千本鳥居へ。朱塗りの鳥居が隙間なく並んだトンネルをくぐっていきましょう。この鳥居を見てみると社名や名前が書いてあることが分かります。これらは願いが通るように、または、願いが叶ったお礼に奉納されたもの。ここは一方通行になっているので進行方向に気を付けましょう。

また、鳥居の隙間からは緑豊かな木々が見え、春から夏には新緑、秋には紅葉になって訪れる人の目を楽しませくれます。いつ訪れても美しい景色が見れる場所。撮影に夢中になっている人も多いです。

どんな願いを書こうかな

千本鳥居を終えたらそこは奥の院とも呼ばれる奥社奉拝所。稲荷山全体を拝する場所でもあるので、伏見稲荷大社に訪れたら是非こちらまでは参拝しましょう。

奥社奉拝所の見どころの一つは、狐の絵馬です。奉納所には願いが込められた狐の絵馬がたくさんあり個性豊かな狐の表情にほっこり。授与所では絵馬のほかにも御守りや神札も扱っています。

また、正月にはここに茶屋がオープンし、おでんや熱燗などで一休憩することも。トイレ休憩としても重宝。

おもかる石で願いが叶うか試してみよう

奥社奉拝所の、もう一つの見どころは「おもかる石」です。心の中で願い事を唱え、石灯籠の頭の部分を持ち上げて思ったより軽いと感じた場合は願いが叶うと言われているのです。石灯籠は二つ並んでいるので好きなほうに並びましょう。意外と重かったか軽かったかやってみてのお楽しみ。



帰り道には露店が立ち並ぶ

奥社奉拝所から本殿、楼門を出て右手に進むと露店が立ち並ぶ裏参道商店街へと続きます。焼だんごや和牛の牛串にかき氷などいろんなジャンルの屋台が立ち並んでいます。たくさん歩いた後なのでついつい寄ってしまいますね。このまま進むと京阪本線の伏見稲荷駅に到着します。伏見稲荷駅も朱塗りの鳥居をイメージしたモダンな駅なので是非のぞいてみては。

伏見稲荷大社へのアクセス

車でのアクセス

・名神高速道路「京都南」より車で約20分

・専用駐車場170台、満車の際は第二駐車場へ案内されます

・駐車場前の道路は一方通行のため南側からアクセスする必要があるので注意

公共交通機関でのアクセス

・JR奈良線「稲荷駅」から徒歩すぐまたは京阪本線「伏見稲荷駅」より徒歩5分

Address 〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
Hours 参拝は24時間可能
Closed 無休
Tel 075-641-7331
Web http://inari.jp/