武雄温泉で肌をツルツルにしよう!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

朝市のパン屋さんで売ってるアップルパイめっちゃ美味しかったよ

1200年前に神巧天皇が岩を太刀の柄で着いたらお湯がでたという伝説がある武雄温泉。江戸時代は宿場町として栄えたくさんの歴史に名を残す人物が泊まり、現在はその落ち着いた環境からお忍びの芸能人が訪れる素敵な温泉地です。

美人の湯で有名な武雄温泉

異国情緒がある建物が並ぶ

武雄温泉に来て一番最初に目に入るのが楼門と武雄温泉新館です。共に国の重要文化財に指定されており、その華やかな雰囲気に目が奪われてしまいます。新館では大正天皇の為に作られた浴室や、貴重なマジョリカタイルなどを見学可能。また、陶芸施設や土産物屋なども館内に作られています。

武雄を満喫しよう

肌がしっとりツルツルに

美人の湯として知られている武雄温泉ですが、このお湯本当に凄いんです。やわらかな肌触りで本当にツルツルになります。源泉は45℃から51℃と少し冷ましたらそのまま使える温度なので、源泉掛け流しで入れる場所もありますよ。公衆浴場や立ち寄り湯もあるので、日帰りでも楽しめるのも特徴です。子供向け施設も多い武雄市ですが、疲れたママたちもを癒すために、遊んだ後は美人の湯に入って帰ってはいかがでしょうか。

武雄の新しい名物

武雄名物の棚田で育てたら美味しいもの出来るのではないかと始まった、武雄産レモングラス。現在は化学肥料も農薬も使わない、棚田育ちのレモングラスの育成に成功しレモングラスティーは武雄名物となりました。また九州のお茶どころである嬉野市に近い為、緑茶や紅茶も品質の良いものが手に入りやすくなっています。

武雄の食材を使ったグルメ

佐賀といえば牛が有名ですし佐賀牛も当然美味しいのですが、武雄はそれだけではなくブランドポークもあります。また近くの物産館では農作物はもちろん、海産品や陶芸の里である佐賀の陶磁器なども販売されています。佐賀の食材で作られたプリンもお土産におすすめ。

催し物もたくさん行われる

地元から出店する楼門朝市

泊まりの場合は是非、楼門前の温泉通りで行われる朝市に行ってみてください。新鮮な野菜や農家の自家製食品などの朝市の定番だけではなく、コーヒーや雑貨など他であまり見ない商品も並びます。地元のパン屋さんなども出店していますから、素泊まりならここで朝食を購入して食べるのも楽しいでしょう。また武雄名物のレモングラスティーの試飲も行われています。

チームラボ好きには是非

武雄市では「武雄のあかりめぐり」というあかりを使った展示が数多く行われています。武雄温泉でも楼門や新館がライトアップされ、美しい姿を見せてくれます。またウルトラテクロノジスト集団チームラボによる、「かみさまのすまう森」というタイトルの展示も見ごたえ抜群。ファンも初めて見る人も満足できる不思議な光景が見れますよ。

春の訪れを感じるお祭り

戦前までは神武天皇祭の日として盛り上がっていたお祭りは、その後も桜の季節の武雄の大祭として盛り上がりを見せていました。そして現在は「武雄温泉春祭り」として、たくさんの人に親しまれています。名前だけ見ると商業イベント系の祭りに思えますが、神事や稚児行列やみこしなど神聖なものも行われつつ、皆で踊ったり出店が並んだり企画満載のとお祭り。ここでしか買えないハンドメイド品もあり、出し物・出店ともに目が離せないお祭りです。

武雄温泉へのアクセス

公共交通機関の場合

JRの場合は長崎本線佐世保線の武雄温泉駅下車し、温泉街まで徒歩10分ほどで着きます。もし歩くのが面倒ならタクシーを利用しても、たいした金額にはならない距離です。

車の場合

車だと武雄北方ICで降りると温泉街まで車5分程度でつくことが出来ます。駐車場は各温泉のものを利用してください、楼門・新館にも100ダイほど収容可能な駐車場がありますよ。

住所|〒843-0022 武雄市武雄町武雄
営業時間|店舗により異なる
定休日|店舗により異なる
電話|店舗により異なる
公式サイトはこちら
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ