パトンビーチは眠らないビーチ!ネオンきらめくホットなビーチリゾートを満喫しよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: MIKOTO

大阪出身。中国人の父の影響で上海と大阪を行き来して育ちました。中国、香港、マカオなどアジアを中心に紹介いたします。アジアひとり旅や、秘島でのんびりが大好きです。

南国の活気満載のビーチでは、昼も夜ものんびりなんてしてられない!

西海岸に連なるビーチのなかで最も賑やかなアミューズメントエリアパトンビーチ。昼はビーチで目一杯遊んで夜はクラブにショーに一日中大忙し。世界各国からの観光地と熱く盛り上がりましょう!

パトンビーチって

プーケットの西海岸に延びるパトンビーチはプーケット島内随一の繫華街。弧を描くように広がるビーチを中心にレストランやカフェ、ショップが集まり周辺は観光客に大人気です。

メインエリアは全長約2㎞と意外と大きなエリアで、ホテルが多く集まる地域から歩いてアクセスできる便利さも人気の秘訣。日が暮れてからもネオンがきらめくビーチ周辺は多くの人で賑わいます。美しい海を見るなら11月から4月の乾季がおすすめ。晴天の日も多く海の透明度も上がります。

パトンビーチを歩いてみよう

ビーチを満喫しよう

パトンビーチは一年中多くの観光客で賑わうプーケットを代表するビーチ。パラソルが林立する昼間のビーチではそれぞれが思い思いの時間を過ごし活気あふれる南国の雰囲気を存分に満喫出来ます。静かに過ごすより現地の空気を味わってわいわい過ごしたい人におすすめ。

有料でパラソルとマットのレンタルも可能です。昼間は人が多く日差しが強いため、パラソルを借りて木陰で昼寝が最適です。

マリンスポーツで盛り上がろう

賑やかな海ではマリンスポーツも豊富。バナナボートをはじめ水上スキーやボートなど楽しみ方は様々です。せっかく賑やかなビーチに来たらマリンスポーツで盛り上がるのがおすすめ。

マリンスポーツを楽しみたいときはビーチにいるビーチボーイに直接声を掛けましょう。料金はあらかじめ決まっているので、値切ることはできませんが観光客でもぼったくりにあう心配がなく安心です。

海の綺麗さは?

海に行く際一番気になるのは水の透明度や環境です。パトンビーチの海は汚いと言われることも。実際に訪れた感想をお伝えするとやはり感動する綺麗さではありません。ですが日本の都心の海と比較すると濁りもずっと少なく、もちろん入りたくないほどではありません。海水浴をするには充分だと感じました。

水質を重要視するなら付近に他のビーチもありますが、ビーチでのアクティビティやマッサージ、プーケットの活気あふれる賑やかな雰囲気を全て感じられるのはやはりパトンビーチです。

目の前に沈むサンセットを狙おう

西海岸のパトンビーチはサンセットの名スポット。活気ある昼間と眠らない夜の間の、優雅でロマンチックなひと時を楽しみましょう。人もまばらになってきたビーチ全体がピンク色に染まるサンセットは見事です。

また、のんびり夕陽を満喫したいならパトンビーチ沿いのリゾートホテルのルーフトップバーがおすすめ。喧騒から離れ目の前に沈む太陽を静かに楽しむことができます。

新鮮なシーフードを堪能しよう

プーケットで最もにぎわうパトンビーチ周辺はレストラン激戦区でもあります。タイ料理はもちろんイタリア料理や日本料理、中国料理など世界各国の料理が味わえ滞在中の食事はここで全て揃います。

中でもパトンビーチに面したタウィウォン通りにはシーフードレストランが勢揃い。常連が多いアットホームなお店も多い中、海を眺めながら食事できるシーサイドレストランがおすすめです。シーサイドの席は人気が高いため事前に予約しておきましょう。

眠らないネオン街に繰り出そう

ディナーを満喫した後も、プーケットの夜はまだまだお楽しみがいっぱい。夜遅くなるにつれ多くの観光客で賑わうのがパトンビーチ沿いのタウィウォン通りとラトゥチット通りを結ぶバングラ通りです。妖艶なネオンに彩られたこの通りは夜のみ歩行者天国。女性だけでも気軽に入れるゴーゴーバーやムエタイ観戦、定番のニューハーフショーなど夜を熱くするスポットが軒を連ねます。

比較的夜も治安のよいプーケットですがパトンビーチ周辺での強引な客引きには要注意。レストランも夜遊びスポットも、事前に観光客に人気のお店を調べておくのが安心です。

パトンビーチのアクセス

プーケット国際空港から車で約45分。プーケットタウンから車で約25分

住所| Patong Beach Kathu Phuket 83150
営業時間|24時間立ち入り可能
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら