散居村展望台へ優しく暖かな絶景に逢いに行こう!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

散居村展望台に行くながけ?前日に雨が降った後なら黄砂が少なくて綺麗やぞ!

緑のトンネルを進んで辿り着く山頂では、奇抜なデザインのコンクリート建造物がお出迎え。階段を登っていくと、パッと開けた視界いっぱいに青空と雄大な自然に抱かれた砺波平野が広がります。屋敷林「カイニョ」に囲まれた家々は、緑の海に浮かぶ小島のよう。時期や天候によっても移り変わる絶景は、一時として同じことはありません。その一瞬の出会いを見逃さないで!

山頂にある展望台は眺望最高!

砺波平野から富山湾まで一望できる展望台


山頂に3階建ての高さの展望台があるため、周囲に視界を遮るものはありません。石川県と富山県の県境にある山々まで広範囲に眺められ、快晴であれば遥か富山湾まで見えます。田畑が広がる砺波平野に民家が点在する散居村の景観が一望でき、富山県の「ふるさと眺望点」に指定されているスポット。西向きに平野を一望する形でパノラマが拡がり、東側は山々が脈々と連なっている立地なので、夕日が沈んでいく姿が見られます。

ノスタルジックな絶景を楽しんで

砺波市の散居村展望台は鉢伏山にあり!


実は「散居村展望台」は2カ所あります。南砺市の閑乗寺公園にもあるので、興味があればお立ち寄りを。砺波市の散居村展望台は鉢伏山にあり、道はちゃんと舗装されているものの場所によっては狭いところもあります。カーブも多めの山道なので、スピードの出し過ぎには要注意。駐車場は10台以上が停められます。階段の先には休憩スペースが2ヶ所あり、コンクリート製の展望台が建っています。3階の高さですが、エレベーターはありません。

見に行く時は天気と気象状況をチェック!


展望台には双眼鏡が設置されています。砺波平野は懐かしさを感じる日本らしい水田地帯なのに、どこかオランダの穏やかな田園風景ようにも見えてくる不思議な風景。現代らしい建造物は見えるものの、どこまでも広がる緑豊かな平野は旅愁を誘います。屋根や壁が無いため、天候によっては風雨や黄砂に注意しましょう。海から吹き込んでくる風は天気が悪ければ強く、季節によっては肌寒いほどなので女性は上着があると安心です。

季節や天気ごとに変わる景色が魅力!

移り変わる砺波平野の姿を楽しんで


青葉が茂る夏や黄金色の稲穂が揺れる秋も見応えがある景観になります。水田と麦畑が混在する春はパッチワークのような光景になって面白いです。季節ごとに移り変わるため何度でも訪れたくなる場所。夜景も美しいですが、山道の運転になるのでご注意を。冬期は積雪の理由で道路が封鎖されます。また、他の時期にも台風や雨量によって交通規制が行われることもあるため、向かう前に富山県の交通規制をチェックしておくと安心です。

もっともオススメの季節は5~6月


田んぼに水が張り終わった時期がオススメです。空気が澄んだ快晴の日に、夕方を目掛けて行ってみましょう!夕焼けに染まった散居村と水田が幻想的な奇跡の光景に出会えます。ポスターやホームページで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。この幻想的な光景は多くのカメラマンも狙っているため、三脚を構えたカメラマンがいる場合も。場所を譲り合って、みんなで絶景の感動を分かち合いましょう。

散居村展望台に向かう前に立ち寄って!

散居村展望広場


散居村展望台とは別に展望広場があり、車で2分の距離。こちらにも駐車場があり、屋根付きの休憩スペースやベンチが設置されています。展望台のような建造物は無い分、視界いっぱいに拡がる空と大自然を前に開放的。また、階段などはあまり無いため、足腰が弱い方はこちらの方が訪れやすいかもしれません。軽食を持ち込んで、気持ち良い風に吹かれながらゆっくり過ごすのがオススメ。ただしゴミはちゃんと持ち帰るのを忘れずに!

となみ夢の平スキー場


散居村展望台から車で5分ほどの距離に、となみ夢の平スキー場があります。散居村展望台や散居村展望広場には公衆トイレや自販機は無いため、スキー場内のコスモス荘がもっとも近いトイレ休憩場や喫茶スペースとなるので、向かう前に立ち寄っておきたいところ。秋にはゲレンデにコスモスが咲き乱れ、圧巻の光景です。土日にはイベントが開かれることもあって一本しかない道路が混雑しやすくなります。

散居村展望台へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

・JR「富山駅」からJR「高岡駅」にて城端線へ乗り換え。砺波駅で下車し、車で25分。
・北陸新幹線の場合は「新高岡駅」で城端線に乗り換えを。
・10月であれば、日曜日と祝日に夢の平スキー場コスモス荘までシャトルバスが出ます。乗り場は砺波駅・チューリップ四季彩館・庄川水記念公園の3カ所。散居村展望台までは徒歩18分。

自家用車でのアクセス

・北陸自動車道「砺波IC」から20分。346号線の山田湯谷線を通る際は、カーブに注意を。
・冬期には積雪が予想されるため、道路が閉鎖されます。
・駐車場は10台以上が停まれるスペースあり。道が一本の為、混雑時に路上駐車はご遠慮ください。

住所|〒939-1428 富山県砺波市五谷160
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0763-37-2323(夢の平コスモス荘)
公式サイトはこちら