緑豊かな頼成の森で自然の美しさを再発見!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

思い切り遊んで、体にししつけてってね~!いつまでもそくさいでおられよ!

ふんわりと柔らかな花弁を広げた優雅な姿の花しょうぶが一面に広がる景色には、きっと溜息が零れてしまいます。そんな花しょうぶ祭りで有名な頼成の森は、自然を最大限に活かした広大な公園です。森林浴をしながらのウォーキング、木のぬくもりを感じるフィールドアスレチック、自然解説員と巡るツアーなど、自然との一体感を楽しめる体験を満喫。自然が織り成す多彩な美しさに触れに来ませんか。

自然の一部であることを思い出させてくれる場所

癒しが溢れる花と緑の拠点


昭和44年の全国植樹祭会場として整備された頼成の森は、100ヘクタール以上もの敷地を有する森林公園。今では自然解説員の解説を聞き、より里山や自然への理解を深めることが出来る施設となっています。自然の中で遊ぶ方法を学び、のびのびと楽しむことが出来ます。また、北陸最大級の花しょうぶ苑など風雅な水生植物園が有名で、2週間ほどの短期間のイベントながら県内外から7万人以上の人で賑わいます。

色鮮やかに咲き誇る美しい水生植物園

管理が行き届いているからこその種類の多さ


頼成の森で一番に上げられるのは6月の花しょうぶ祭り。約600品種70万株の花しょうぶが会場を華やかに彩ります。花しょうぶだけでなく、時期が合えば水連などのさまざまな水生植物が共演する姿も必見です。ただ、交雑を防ぐために花の盛りを過ぎたら切り花をしてしまうので、祭りの間しか楽しむことができません。フォトコンテストが開催されているので、写真好きは足を運んでみて!

大自然の中を駆け回ろう!

公園というより里山


広大な敷地の大半は森林が占めています。管理されてはいるものの、遊歩道を少し離れると里山のような風景が広がります。その中を「こみち」と呼ばれる遊歩道が縦横無尽に敷かれており、マムシ対策で遊歩道の幅は広く取ってあるものの、そこは大自然。長袖を着用するなど、しっかり自衛できる服装がベストです。さまざまな野生動物も棲息しているため、会っても刺激せずに適切な対処をしよう。

森の中のアスレチック


木製の遊具は温かみを感じますよね。頼成の森の中には、大自然の中で思い切り遊べるフィールドアスレチックが設置されています。ブランコやシーソーから丸太渡りや平均台など難易度はさまざま。動物の名前がついた遊具は、敷地内に全部で13種類もあります。運動不足解消にもなる楽しい時間を親子で共有しませんか。バーベキュー場に隣接した位置にもあるのは、嬉しいポイント!待ち時間や食後に子どもたちを退屈させません。

有識者の知恵を借りると面白さ2倍!

まずは森林科学館へ


頼成の森へ来た際には、まずは森林科学館へお立ち寄りを!その時期に見られる動植物が写真付きで紹介されており、知らなければ見逃してしまうポイントもチェックできます。また、地図が無いと迷ってしまう規模の公園なので、地図はここで入手しましょう。どう回れば良いか迷った際には職員へ尋ねるとアドバイスしてくれます。遊びながら学ぶことが出来る施設で、楽器作りやドングリアートなど工作教室が行われることもあります。

自然が豊かなので虫もたくさん!


虫取りに行くならば、頼成の森へ!森林科学館では、その時期にどんな虫が採取できるのか写真付きで紹介されています。また、自然解説員と出会えた際にいろんな話が聞けるので、気軽に声を掛けてみましょう。年に数回「守り人と歩く頼成の森」というイベントが行われ、草花や虫などの解説を交えながら実際に観察するツアーとなっています。有識者の目を通すと、里山は宝の山だと実感できるのでオススメです!

夜に聞こえるこの鳴き声は誰の?


森林科学館の中には「森のオールナイトシアター」というブースがあり、夜の森で聞こえる動物たちの鳴き声を聞くことができます。暗くなったり、少し怪しげな雰囲気を醸し出す演出がされていたりするので、幼いお子さんの中には怖く感じてしまうかもしれません。カーテンで仕切られているだけなので、入出場は自由です。大丈夫な方は、鳴き声だけを聞いて当てられるかどうか、ゲーム感覚で体験してみてはいかがでしょうか?

頼成の森へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

・JR「富山駅」からJR「高岡駅」にて城端線へ乗り換え。「砺波駅」で下車し、車で17分。
・北陸新幹線の場合は「新高岡駅」で城端線に乗り換えを。同じく「砺波駅」で下車し、車で17分。
・「砺波駅」駅前バス停から加越能バス栴檀野線に乗車し、「頼成山」バス停まで。ただし、本数が少ないため、タクシーの方がオススメです。
・花しょうぶ祭りの時期には土日限定で無料シャトルバスが砺波駅南口から運行します。

自家用車でのアクセス

・北陸自動車道「砺波IC」または「小杉IC」で下り、車で20分。
・北陸自動車道「砺波スマートIC」ならば、車で15分。
・無料駐車場が北口側に点在する形で6カ所あります。南口側は砺波市営駐車場があり、駐車場から254メートルの遊歩道を歩くと敷地内へ到着です。見たい場所に合わせて北口側の駐車場を使い分けると良いでしょう。

住所|〒939-1431 富山県砺波市頼成156
営業時間|9:00~17:00
定休日|年中無休(森林科学館は毎週火曜日・祝日の翌日・12月29日~1月3日)
電話|0763-37-1540
公式サイトはこちら