法善寺横丁のレトロは風情ある町並みが素敵!不動明王で良い運気も呼び込める

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

実はドラマのロケ地にもなった横丁やねんで~

なんばと道頓堀の間にある法善寺横丁は、願いを叶えてくれる不動明王を祀る知る人ぞ知るパワースポットとしても知られています。絶品グルメもあり老舗の割烹やご利益のあるぜんざいなど、狭い通りにある見どころを隅々までご紹介。

法善寺横丁ってどんなところ?

情緒のある町並みが楽しめる通り

千日前通りと道頓堀の間にありる法善寺横丁。ドラマのロケ地になったこともある通りで一味違ったナニワの観光スポットとして注目集めています。苔むした不動明王を祀る法善寺をはじめ、参道でもある通りには趣のある石畳が敷かれ繁華街のど真ん中とは思えない静かな空間。また、しっぽりと楽しめるような落ち着きのある飲食店が立ち並びます。繁華街の中心アーケード街から一本中に入った横丁は、なんばに遊びに来たついでにふらっと立ち寄れる気軽さも魅力。落ち着いた店で食事を楽しみたい人や、なんばでパワースポットを探している人にもおすすめです。

法善寺に参拝しよう

訪れたらまずはこちらへ

法善寺横丁に訪れたらぜひ参拝してほしいのがこの法善寺。法善寺横丁の中心部にあるため分かりやすく、横丁の中でも一番人が集まっています。法善寺では水かけ不動さんと呼ばれ親しまれている不動明王を祀っています。不動明王に水をかけて願いを唱えれば、商売繁盛や恋愛成就などさまざまなご利益が得られると言われています。まずは左手にある手水舎で心身を清めましょう。手水舎の奥には不動明王にかけるための井戸も。さらに、こちらには手水舎のほかにおみくじや絵馬をかけることもできます。

水かけ不動さんに参拝しよう

不動明王を祀っているのは右手にある建物。訪れた際もたくさんの人が参拝のために並んでいました。一人ずつ参拝するため待ち時間がかかるのは仕方ないのですが、早朝などは比較的空いています。たくさんの人が願いを込め、長年の間水をかけられてきたことで自然と全身が緑の苔に覆われた不動明王の姿は参拝してからのお楽しみ。また、法善寺横丁はその名の通り法善寺の参道になるため駐車はもちろん駐輪なども禁止されています。

法善寺横丁を散策しよう

レトロな看板が出迎えてくれる

法善寺横丁には西と東に看板が掲げられています。どちらもレトロな雰囲気たっぷりで、法善寺横丁への期待を高めてくれる高めてくれるシンボル的な存在。この看板の下で記念撮影をいている人も多く風情もあるのでおすすめなのですが、通りの入口にあたるため人通りも多くなかなか撮れないことも。タイミングを見計らってチャレンジしましょう。

歌碑もチェック

もともと横丁ではなく境内であったことから、法善寺横丁には歌碑や石碑がいくつかあります。この歌碑は、法善寺横丁の名を有名にした「月の法善寺横丁」という歌の歌詞が魏ざまれています。他にも店の軒先や通り沿いなどにもあるのでよく探してみてください。

法善寺横丁で美味しい食事を楽しもう

名物ぜんざいで運気UP!

法善寺の境内にある老舗の甘味処が不動明王を祀っている建物のすぐ隣にあり、参拝の後に訪れる人も多いです。2椀で1人前の夫婦ぜんざいはお店の名物メニューになっていて、カップルや夫婦で1椀ずつ食べると円満になれると言われています。粒あんと白玉が入った甘くてほっこり美味しいぜんざいは一度味わってみて。不動明王のご利益と合わせてさらにご利益が期待できますね。

夫婦善哉の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 夫婦善哉
住所 〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波1-2-10
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

高級割烹でしっぽり

法善寺横丁らしい情緒のある雰囲気にぴったりな明治26年創業老舗の割烹。ひっそりと佇む店内では、法善寺横丁の雰囲気をそのまま楽しむことができます。関西の重鎮も足しげく通う大阪の中でも名店中の名店。名物のみそおでんをはじめ、さまざまな日本料理を堪能することができます。営業時間は夜のみ。私が訪れたときは昼間でしたのでまだ開店前でしたが、せっかく法善寺横丁に来たなら本物の味を楽しみたいという人におすすめ。

法善寺横丁 正弁丹吾亭の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 法善寺横丁 正弁丹吾亭
住所 〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-12
食事の予算 6000円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

法善寺横丁へのアクセス

車でのアクセス

・阪神高速1号線「道頓堀ランプ」より車で約5分

・周辺に駐車場はないので公共交通機関でのアクセスがおすすめ

公共交通機関でのアクセス

・地下鉄各線なんば駅16番出口または日本橋駅18番出口より徒歩すぐ

・地上からアクセスする場合、なんばのアーケード街を歩いていると左上に看板が出てくるので目印にしよう

住所|〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波1丁目2-16
営業時間|店舗によって異なる
定休日|店舗によって異なる
電話|店舗によって異なる
公式サイト|なし