江別のおすすめ観光スポット20選!移住歴7年目の新米地元民が紹介

通り過ぎずに立ち寄って!札幌に隣接する江別の観光やグルメのおすすめスポットを、市内在住の新米地元民が20件にまとめてご紹介!札幌からすぐなのに原生林を堪能できる野幌森林公園や、レンガの街ならではの体験ができるセラミックアートセンターをはじめ、美味しいパンやスイーツのお店など江別の魅力をたっぷり解説します。

この記事の執筆者

トラベルパートナー: ponz

東京都出身、北海道在住の一児の母。主に札幌やその近郊を車でドライブしながらお出かけします。子どもや愛犬と一緒でも行きやすい場所、パンやスイーツのお店の紹介が多めです。

江別のいちおし観光スポットTOP5

まずは数多くある江別の観光スポットの中から、最もいちおしなスポットTOP5をご紹介します。

1. 【森林公園】北海道立自然公園野幌森林公園

引用元: instagram
北海道の自然を堪能できる道立自然公園のうち、最も札幌に近いのがこの野幌森林公園です。都市部からアクセス良好で、広い森林面積を誇り、貴重な動植物を観察できるのが特徴です。

引用元: instagram
様々なルートがあるので入り口でマップをもらって行くのがおすすめです。秋には紅葉がとても綺麗です。各箇所に、植物について説明書きが書いてある看板があるので散策しながら見てみるのも新しい発見があって面白いですよ。

引用元: instagram
森林公園の散策コースを歩くと運が良ければエゾリス、クマゲラ、ユキウサギなど北海道ならではの動物にも遭遇できるかもしれません。北海道ならではなので、冬でも人気のスポットです。

北海道立自然公園野幌森林公園の住所・アクセスや営業時間など

北海道立自然公園野幌森林公園
北海道江別市西野幌
大麻駅:徒歩50分以上
011-386-5832
【営業日】
月曜日~日曜日
【定休日】
なし
【営業時間】
なし
※各施設に関しては要確認
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/environ/parks/nopporo.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. 【野幌】江別市ガラス工芸館

引用元: instagram
江別らしいレンガ造りにガラス面の多いレトロな雰囲気の建物が「江別市ガラス工芸館」です。建物内では江別在住のガラス工芸職人柿崎均さんの工房を見学したり、活動の様子を知ることができます。

引用元: instagram
また観覧無料のギャラリーがあり、柿崎さんの作品が展示されており、ガラス製品を購入することもできます。ここでしか購入できない作品も多数なのでじっくり見てみてください。


柿崎さんが講師をつとめるガラス製品づくりを体験することができます。有料ですが、貴重な経験なので訪れた際にはぜひ作成してみてください。開催している時間や時期が決まっているのでHPで確認していくことをおすすめします。

江別市ガラス工芸館の住所・アクセスや営業時間など

江別市ガラス工芸館
江別市野幌代々木町53番地
野幌駅:徒歩9分以上
高砂駅:徒歩24分以上
011-384-7620
【開館日時】
5月~10月:土曜日・日曜日・国民の祝日
10時~17時
※上記開館日以外の日に見学をご希望の方はご相談ください【休館日】
5月~10月:月曜日~金曜日(国民の祝日を除く)
11月~翌年4月は全日休館

【入館料】
無料

https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/kyouiku/3020.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. 【森林公園】サンタクリーム

引用元: instagram
「サンタクリーム」は赤い建物が目印の、クリスマステイストがコンセプトな可愛いお店です。一年中クリスマス気分を楽しむことができます。テレビ番組で紹介されたことから、地元の人のみならず県外からも多くの人が訪れます。

引用元: instagram
1階のショップでは北海道の生乳をつかった種類豊富なプリンを販売しています。カスタードが濃厚でとろ〜りとした食感が一度食べたらやみつきになってしまいます。味も何種類かあるのでぜひお土産に。

引用元: instagram
2階のカフェでは高さ38cmにもなるボリューム満点の「百年記念塔パフェ」がおすすめです。ソフトクリーム、ゼリー、プリン、生クリーム、フルーツと盛りだくさんのパフェでなので甘いものが好きな人にはたまりません。カフェではスイーツだけでなくお食事も楽しめ、「江別ラーメンナポリタン」というユニークなメニューにも注目です。

サンタクリームの住所・アクセスや営業時間など

サンタクリーム
北海道江別市文京台東町1-25
大麻駅:徒歩9分以上
森林公園駅:徒歩23分以上
011-386-8778
【営業日】
水曜日~月曜日【定休日】
火曜日

【営業時間】
1F ショップ:10:00~19:00
2F カフェ:11:00~18:30(Lo.18:00)
ランチタイム:11:00~14:00(土日祝除く)

http://www.santaxream.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
ぐるなびで詳細を見る・予約する ※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4. 【角山】アースドリーム 角山農場

引用元: instagram
家族で動物達との触れ合いや餌やりを楽しめる体験型牧場です。小型動物が多いので小さなお子様でも安心して遊ぶことができますよ。乗馬、冬にはバナナボート体験もあり、大人もしっかり楽しめます。

引用元: instagram
動物達はほとんどが放牧されているので、自由に触れることができます。有料エリアと無料エリアがあり、こちらは有料エリアの動物となります。有料といってもとてもお手頃なので、約15種類の動物達と触れ合えるエリアをおすすめします。

引用元: instagram
「ドリームランドこどもの国」では室内大型アスレチックで雨の日も子どもはめいっぱい遊ぶことがきます。クラフト教室などもあるので体を動かすのは苦手という方でも安心です。レストランではトンデンファームのハムやソーセージを使用したメニューを堪能できます。

アースドリーム 角山農場の住所・アクセスや営業時間など

アースドリーム 角山農場
北海道江別市角山584-1
あいの里公園駅:徒歩72分以上
011-391-2500
【営業日】
4月末頃~11月初旬
(ドリームランド子供の国は土・日・祝日のみ営業)
2月末頃~4月末
土曜日・日曜日・祝日営業
(平日は休園)【定休日】
火曜日
水曜日

【営業時間】
10:00~17:00
レストラン 11:00~17:00(L.O. 16:00)

http://www.tondenfarm.co.jp/earth-dream-kakuyama
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5. 【野幌】江別市セラミックアートセンター

引用元: instagram
レンガの街である江別市ならではの施設で、北海道のやきもの文化について学べます。3階の望楼からは野幌森林公園をはじめとする緑豊かな景色を楽しむことができます。

引用元: instagram
レンガや陶芸などの展示室や、関係する図書も貯蔵しています。北海道遺産に登録されている「江別のれんが」のれんが産業史など、歴史について学ぶこともできるのでとても面白いですよ。

引用元: instagram
毎月初心者向けの陶芸や絵付けの体験教室が開催されるので、ちょうどタイミングが合う場合は予約して参加するのもおすすめです。

江別市セラミックアートセンターの住所・アクセスや営業時間など

江別市セラミックアートセンター
北海道江別市西野幌114-5
野幌駅:徒歩36分以上
011-385-1004
【営業日】
火曜日~日曜日【定休日】
月曜日(祝日を除く)
祝日の翌日(その日が土日の時は火曜日)
12月29日~1月3日

【営業時間】
9:30~17:00
最終入場は16:30

http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/ceramic/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

森林公園エリアのおすすめスポット

原生林が生い茂る広大な道立野幌森林公園をメインとしたエリア。遠くからも見える100年記念塔が目印で、北海道の動植物を観察しながら自然を満喫したり、歴史を学べる北海道博物館や開拓の村などを楽しむことができます。市内でも札幌寄りのエリアであるため、アクセスも良好です。

6. 北海道博物館

  • 見る

PIXTA

北海道の歴史・文化・自然にスポットを当てて資料などを展示しています。総合展示では北海道に関して5つのテーマを掲げ、企画展では期間毎にアイヌ民族や北海道の動物に関連したイベントを開催しています。

引用元: instagram
はっけん広場では実際の「もの」を観察したり触れてみたりして学習を深めるユニークな展示法で、大人だけでなく子どもも楽しめる場所です。イベント、セミナー、ワークショップなども充実しています。

このスポットについての記事を読む

北海道博物館の住所・アクセスや営業時間など

北海道博物館
北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
森林公園駅:徒歩20分以上
大麻駅:徒歩30分以上
011-898-0466
【営業日】
火曜日~日曜日【定休日】
毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
このほか臨時休館の可能性あり
※2019(令和元)年度の臨時休館は12/19(木)・20(金)

【営業時間】
5月〜9月 9:30〜17:00
10月〜4月 9:30〜16:30

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7. パン屋 sora

  • 食べる

引用元: instagram
2008年にオープンした市内では比較的新しいパン屋さんですが、サクサクのクロワッサンが絶品だと徐々に人気を集め現在では地元だけではなく市外からもお客さんが訪れるような人気店です。

引用元: instagram
どのパンもとても美味しいですが、特にバケットやクロワッサンがお気に入りでリピートしています。早く売り切れてしまうパンもあるため、来店は午前中がおすすめです。「Sora」という大きな看板が目印です。

パン屋 soraの住所・アクセスや営業時間など

パン屋 sora
北海道江別市大麻ひかり町45-8
大麻駅:徒歩19分以上
森林公園駅:徒歩22分以上
011-299-7290
【営業日】
木曜日~月曜日
第1・3水曜日【定休日】
火曜日
第2・4水曜日

【営業時間】
月曜日~金曜日:8:00~17:00
土曜日・日曜日・祝日:8:00~16:00
※売り切れ次第終了

ぐるなびで詳細を見る・予約する ※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

野幌エリアのおすすめスポット

野幌駅周辺は綺麗に再整備され、市内でも新しいお店も多い活気のあるエリア。駅から徒歩圏内には赤レンガの建物が美しい商業施設EBRIがあり、観光案内を利用したり地元の食材を使った料理を楽しむことができるため、電車移動の方でも楽しめるエリアです。

8. 江別市郷土資料館

  • 見る

引用元: instagram
テーマ別にはるか昔から現在に至るまでの江別市の歴史を詳しく紹介しています。かなりローカルな内容かと思いますが、重要文化財となっていて展示の目玉でもある江別太遺跡の土器を観覧できる機会は貴重です。

引用元: instagram
約500もの世界の蝶が展示されているコーナーは江別市の郷土とは異質に感じるかもしれないですが、この蝶は江別市にゆかりのある町村家の忠良氏が集めたコレクションです。

江別市郷土資料館の住所・アクセスや営業時間など

江別市郷土資料館
北海道江別市緑町西1丁目38番地
江別駅:徒歩13分以上
高砂駅:徒歩23分以上
011-385-6466
【開館日】
火曜日~日曜日【休館日】
月曜日(祝日・振替休日の場合を除く)
祝日・振替休日の翌日(土・日の時は火曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

【開館時間】
9:30~17:00(入館は16:30頃まで)

https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/kyouiku/3022.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9. 北海道立埋蔵文化財センター

  • 見る
  • 体験する

引用元: instagram
北海道で発掘された貴重な文化財を保護、研究、活用などの目的で展示や保存を行っています。一見、堅苦しく大人向けの施設だという印象が強いかもしれませんが、大人から子どもまで理解し楽しめるような工夫がこらされていて、長期休暇で家族連れで訪れるのもおすすめの場所です。

引用元: instagram
展示室体験では、縄文スタンプやミニチュア土器づくり体験など各種体験を無料実施しているので、観覧も含め子ども達にとって良い体験学習の場となるでしょう。

北海道立埋蔵文化財センターの住所・アクセスや営業時間など

北海道立埋蔵文化財センター
北海道江別市西野幌685番地1
大麻駅:徒歩27分以上
森林公園駅:徒歩34分以上
011-386-3231
【開館日】
火曜日~日曜日
以下の祝日は開館日(2019年4月29日・4月30日・5月1日・5月2日・5月3日・5月4日・5月5日・7月15日・8月11日・9月16日・9月23日・10月14日・10月22日・11月3日 ・2月23日)【休館日】
・毎週月曜日
・年末年始(2019年12月29日~2020年1月3日)
・臨時休館日(2019年5月7日、7月16日、8月27日、9月3日、9月17日、9月24日、10月15日、11月5日、12月28日、2020年1月4日、1月5日、1月14日、・3月17・18・19日)

【営業時間】
9:30~16:30

【入館料】
無料

http://www.domaibun.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10. EBRI

  • 遊ぶ
  • 食べる

引用元: instagram
EBRIは2016年にオープンした商業施設です。江別らしい美しいレンガ造りが印象的な建物で、道産の食材を取り入れたイタリアン、日本食、ラーメンなどの飲食店をはじめ、道の駅の直売所のような野菜や食材の販売スペースが集まっています。

引用元: instagram
野幌駅からも近く、観光案内所や江別のお土産だけでなく姉妹都市であるオレゴン州グレシャム市の特産品も並んでいてユニークな場所です。

EBRIの住所・アクセスや営業時間など

EBRI
北海道江別市東野幌町3-3
野幌駅:徒歩9分以上
高砂駅:徒歩10分以上
011-398-9570
【営業日】
月曜日~日曜日【定休日】
年末年始

【営業時間】
10:00~22:00
※テナントにより異なります

http://www.ebri-nopporo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11. 江別河川防災ステーション

  • 見る

引用元: instagram引用元: instagram

河川防災ステーションは河川の歴史や防災に関するジオラマや資料が展示された施設です。タイミングがよければ1階で農産物や特産品の販売イベントが行われ、こどもの日の時期には目の前の石狩川にたくさんの鯉のぼりが並び圧巻です。天気の良い日には、屋上の展望デッキから美しい景色が楽しめます。江別から旭川方面へ向かう際に立ち寄るのがおすすめです。

江別河川防災ステーションの住所・アクセスや営業時間など

江別河川防災ステーション
北海道江別市大川通6
江別駅:徒歩8分以上
高砂駅:徒歩36分以上
011-381-9177
【営業日】
火曜日~日曜日【定休日】
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始

【営業時間】
9:00~18:30

https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/soshiki/chisui/337.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12. 江別 蔦屋書店

  • 見る
  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

2018年、道内2店舗目となる蔦屋書店が江別にオープンしました。「暮らし」「食」「知」の3つの棟に分かれていて、江別には初めてとなるスターバックスコーヒーや札幌周辺の人気店を集めたオシャレなフードコートでは子連れでも過ごしやすい場となっています。書籍のほかにも雑貨やインテリアなども豊富で飽きません。使いやすい赤ちゃん休憩室もあり、子連れには強い味方です。

江別 蔦屋書店の住所・アクセスや営業時間など

江別 蔦屋書店
北海道江別市牧場町14-1
高砂駅:徒歩21分以上
江別駅:徒歩24分以上
011-375-6688
【営業日】
月曜日~日曜日【定休日】
なし
※店舗により定休日が異なるので、詳細は各店舗情報をご覧ください。

【営業時間】
8:00~23:00
※店舗により営業時間が異なるので、詳細は各店舗情報をご覧ください。

https://ebetsu-t.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13. ゆめちからテラス

  • 見る
  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

2018年にオープンしたゆめちからテラス内では野幌野菜直売所、Pasco夢パン工房、プチキッチンOgiOgiが営業しています。Pasco夢パン工房ではイートインスペースもありモーニングやランチのメニューもあります。夏の土日は家族連れで賑わい、野幌周辺から新千歳空港方面へ行く際に立ち寄りやすい場所です。出入口からは確認しづらいですが、広めの授乳スペースもあり赤ちゃん連れにも優しい施設です。

ゆめちからテラスの住所・アクセスや営業時間など

ゆめちからテラス
北海道江別市西野幌107-1
野幌駅:徒歩37分以上
高砂駅:徒歩44分以上
各施設
【営業日】
野幌野菜直売所 4月中旬〜11月上旬
Pasco夢パン工房 火曜日~日曜日
プチキッチンOgiOgi 平成31年4月12日~令和1年11月上旬予定(変更の場合あり)【定休日】
野幌野菜直売所 冬季閉所
Pasco夢パン工房 毎週月曜日(祝日の場合は営業し、翌日休業)、年末年始
プチキッチンOgiOgi 冬期間は一旦閉店

【営業時間】
野幌野菜直売所 9:00~17:00
Pasco夢パン工房 9:00〜18:00
プチキッチンOgiOgi 9:00〜17:00(変動あり)

https://www.yumechikara-terrace.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
ぐるなびで詳細を見る・予約する ※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14. 陶芸工房 アトリエ陶

  • 見る
  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

「農業法人 風の村」内の「アトリエ陶」では、レンガの街江別ならではの野幌粘土を使用した陶芸体験ができます。初心者コースから経験者向けのロクロ体験コースもあり、のどかな畑を眺めながらオリジナルの作品を製作することができます。作るだけでなく手作りの作品を購入することもできます。オーガニック食材の販売も行っており、陶芸教室以上の充実さが「農業法人 風の村」にはあります。

陶芸工房 アトリエ陶の住所・アクセスや営業時間など

陶芸工房 アトリエ陶
北海道江別市元野幌919
野幌駅:徒歩41分以上
011-384-1259
【営業日】
木曜日~火曜日【定休日】
水曜日

【営業時間】
陶芸教室 10:00~17:00
レストラン 11:00~16:00(14:00~カフェタイム)
直売所 10:00~16:00

http://ebetsuart.net/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E9%99%B6/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15. ガトー・ド・ノポロ

  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

ショーケースには大きなデコレーションケーキから、可愛らしい小さなケーキまでズラッと並んでいます。どれも本当に美味しいですが、特に毎年11月頃から販売される「ゆりねのモンブラン」はおすすめです。また、焼き菓子もとても美味しく、お土産にも喜ばれるでしょう。お休みや季節限定のケーキなどの情報は公式HPからアクセスできるFacebookページをチェックすると分かりやすいです。

ガトー・ド・ノポロの住所・アクセスや営業時間など

ガトー・ド・ノポロ
北海道江別市東野幌本町44-19
野幌駅:徒歩11分以上
高砂駅:徒歩21分以上
011-381-4609
【営業日】
金曜日~火曜日
第2・3・4水曜日【定休日】
第1水曜日
木曜日

【営業時間】
10:00~19:00

http://noporo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16. ほっぺぱん

  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

「ほっぺぱん」は2017年にオープンした野幌駅前のパン屋さんです。道産小麦を使用したもちもちふわふわのコッペパンに好きなお惣菜やスイーツをはさんでくれるスタイルがここのお店の特徴です。私が必ず注文するのはハチミツと生クリームをはさんだコッペパンです。コッペパンにはさめる食材は日によって変わるかもしれませんので事前に要チェックです。

ほっぺぱんの住所・アクセスや営業時間など

ほっぺぱん
北海道江別市野幌町53-2
野幌駅:徒歩1分以上
高砂駅:徒歩20分以上
011-389-8883
【営業日】
月曜日~土曜日【定休日】
日曜日
※不定期休などもあるためFacebookページ要確認

【営業時間】
7:30〜18:30

https://www.facebook.com/hoppepan/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

17. 江別市屯田資料館

  • 見る

引用元: instagram引用元: instagram

江別市の発展や屯田兵の歴史を学習することができる施設です。北海道有形文化財に指定され、現存する最古の屯田兵の建物「野幌屯田兵第二中隊本部」が観覧できるというのは貴重です。本部建物はバルーンフレーム方式というユニークな方法で建設されていて、特に建築学に見識をもつ方にとっては興味深い場所だと思います。

江別市屯田資料館の住所・アクセスや営業時間など

江別市屯田資料館
北海道江別市野幌代々木町38-11
野幌駅:徒歩13分以上
高砂駅:徒歩26分以上
011-385-6466
【開館日】
4月29日~11月3日の土曜日・日曜日・祝日・振替休日【休館日】
4月29日~11月3日の月曜日~金曜日(祝日・振替休日を除く)
11月4日~4月28日

【営業時間】
9:30~17:00(入館は16:30ころまで)

https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/kyouiku/3027.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

18. ちよじ屋

  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

ちよじ屋は防腐剤や添加剤を使用せずにこだわりの食材でお餅を手作りしています。地元で非常に人気があり連日完売してしまうため、早めの来店がおすすめです。定番商品の美味しさもさることながら、春限定商品の「クリームチーズ大福」一度お試しあれ。ふたりのマルシェや他の直売所などでも出品していることがあるので運が良ければ発見できるでしょう。

ちよじ屋の住所・アクセスや営業時間など

ちよじ屋
北海道江別市見晴台20-15
高砂駅:徒歩25分以上
野幌駅:徒歩30分以上
011-384-5081
【営業日】
火曜日~日曜日【定休日】
月曜日

【営業時間】
9:30~16:30
(商品なくなり次第閉店)

http://www.chiyojiya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

角山エリアのおすすめスポット

のどかな牧場風景が楽しめるエリア。北海道ならではの景色を満喫しながら、地元の食や動物との触れ合い、アクティビティを家族で楽しむことができます。高速道路のインターから市街地を通らずにアクセスできるため、気軽に立ち寄ることができます。

19. 江別市旧町村農場

  • 見る
  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

地元では知らない人はいない町村農場の住宅や牛舎、製酪室などの跡地が修繕され、「旧町村農場」として酪農に関係する資料や道具を保存、展示する場となりました。開館は春夏の季節に限られますが、様々なイベントも開催され夏休みに家族で楽しむこともできます。事前の予約があれば研修室を無料で貸し出しています。石狩川を挟んだ反対岸には「町村ミルクガーデン」があり、ソフトクリームやスイーツの販売もしているので、立ち寄ってみるのもおすすめです。

江別市旧町村農場の住所・アクセスや営業時間など

江別市旧町村農場
北海道江別市いずみ野25番地
高砂駅:徒歩25分以上
江別駅:徒歩30分以上
011-383-7734
【営業日時】
4月29日~11月23日
10:00~17:00【休館日】
11月24日~4月28日
(休館中の連絡先はTEL 011-391-0990)

【観覧料】
無料

https://old-machimura.jimdo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

20. 野菜の駅 ふれあいファームしのつ

  • 遊ぶ
  • 食べる

引用元: instagram引用元: instagram

「野菜の駅ふれあいファームしのつ」は、周囲の農場から届いた新鮮なお野菜を集めた直売所です。お野菜だけでなく、地元の加工品やスイーツのお店も出店しています。「葉らっぱ」では町村農場のソフトクリームやパフェを提供しています。市内のお店が出品していることもあったり生産者とも距離が近い場所なので、立ち寄れば偶然の発見があるかもしれません。

野菜の駅 ふれあいファームしのつの住所・アクセスや営業時間など

野菜の駅 ふれあいファームしのつ
北海道江別市篠津262
江別駅:徒歩75分以上
011-389-6626
【営業日】
5月12日~11月中旬
月曜日~日曜日【定休日】
なし

【営業時間】
8:30~17:00

http://yasainoekifs.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。