北陸の東照宮・尾崎神社では壮麗な重要文化財がお出迎え!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: YUU

出身地は石川県。縁あって、奈良・京都・大阪・石川・静岡と住んでいたため、関西と北陸と静岡東部を中心に紹介できます。主に、史跡・城郭・神社仏閣ときどきグルメと温泉と・・・いうバランスで旅行プランを組むのが好き。動物と触れ合えるスポットにも出没します。旅行者目線で、実際に体験したことを伝えていけたら嬉しいです。

尾崎さんは穴場スポットやし、ゆっくり見て回れるさけオススメやぞ~

 

近江町と尾山神社の中間にある上堤町の交差点。その交差点から金沢城へ向かって伸びる道の先に、朱塗りの社殿が見えてきます。有名観光スポットに囲まれた小さな神社は、朱色に彩られた重要文化財の宝庫。新緑や紅葉、雪景色に映える姿は神々しさを感じられます。「北陸の東照宮」と呼ばれた壮麗な社殿を鑑賞し、この場所だからこその体験をお楽しみください。

金沢東照宮だからこその豪華さが魅力

通りの先に鎮座する朱塗りの神門

尾崎神社はかつて金沢城の北の丸に建立されていましたが、明治7年(1874年)に今の場所へ移築されました。近江町市場や尾山神社などの有名観光スポットから徒歩圏内という立地は魅力的。「北陸の東照宮」として建立されたため、御祭神は天照大御神と東照大権現(徳川家康)、そして三代藩主前田利常。ちなみに、徳川家康と前田利常は舅と娘婿の関係性になります。神社仏閣巡りが趣味の方はもちろん、歴史好きな方にもオススメ。

鮮やかな色彩が残る本殿は必見!

小さいけれど巧みな技が光る

日光東照宮をイメージした社殿は、小さいながらも見応えバッチリ!社殿や門などは江戸時代初期の建築物で、すべてが重要文化財に指定されています。間近で精巧な彫刻を鑑賞できる拝殿、そして華やかな彩色が施された当時の豪華さが残る本殿、朱色が新緑や雪景色に映える門や透塀など見所がいっぱいあるので、じっくりと拝観してみてください。

透塀越しに見える重要文化財の本殿

徳川家の家紋である葵の御紋が境内にはたくさん散りばめられています。瓦や扉などあらゆる場所に刻まれているので、葵の御紋を探すのがだんだん楽しくなってきますよ!透塀の中にある本殿には近寄ることができませんが、お稲荷さんの側から覗くことができます。望遠鏡やカメラの望遠機能があれば、なお良しです。拝殿に比べて風雨に晒されにくいのか、本殿には当時の色彩が残っていて一段と美しいので必見!

御利益に期待大!あの祭事にも関係がある神社

御利益は、健康・立身出世・大願成就・恋愛成就など。江戸幕府を開き、健康マニアだった徳川家康が御祭神だけに、さまざまな御利益がありそうです。また、前田利常は正室の珠姫と夫婦円満であったため、恋愛成就の御利益も期待できそう。加賀百万石祭りの行列は「前田利家の金沢入城」と「珠姫の金沢輿入れ」がメイン。実は尾崎神社にも縁が深い祭事なのです。行列のルートからも徒歩圏内なので、是非お立ち寄りを。

小さいけれど見所の多い境内を散策!

お参りだけではもったいない!

狛犬は口角が上がっていて可愛らしい表情なのが印象的。稲荷社も明るく穏やかな雰囲気なので、透塀越しに本殿を鑑賞する際に参拝してみてください。また、門の脇には辰巳用水分流再興の石碑もあります。小さな境内ですが、見所がいっぱいありますよ!その際に色が薄れている箇所や経年劣化が見られる場所が多く感じられるかもしれませんが、それだけ長い年月を掛けて受け継がれてきた証拠だと思ってご覧になってみてください。

参拝の後はオリジナルおみくじ

おみくじは社務所ではなく、拝殿の御賽銭箱付近に併設されています。こちらのおみくじは、尾崎神社オリジナル。ここでしかいただけない御言葉が詰まっていて、時には厳しさも感じられます。大吉なのに、「失せ物が出ない」なんてことも。勇気を出して、今回の旅についての運試しをしてみては如何でしょう。きっと旅の思い出になりますよ!

確実に御朱印をゲットしたい時は問い合わせを

拝殿横にある社務所ではオリジナルのお守りや御朱印をいただけます。神職の姿が見当たらない際には、呼び鈴があるので押してみましょう。外祭などで不在の場合もあるため、事前に電話で問い合わせておくと安心です。御朱印にはしっかりと葵の御紋と「加賀國東照宮」の文字入り。自動車用の交通安全シールにも葵の御紋がでかでかとデザインされ、東照宮らしさを感じられます。

尾崎神社へのアクセス

公共交通機関でのアクセス

・北陸鉄道バスもしくはJRバスであれば「武蔵が辻・近江町市場」バス停で下車。徒歩10分。
・兼六園シャトル・城下まち金沢周遊バスでも「武蔵が辻・近江町市場」バス停で下車。徒歩10分。
・レンタサイクリング「まちのり」であれば「十間町」のポートで停め、徒歩5分。「武蔵」のポートであれば、近江町市場を抜ける形で徒歩13分。

自家用車でのアクセス

・北陸自動車道「金沢西IC」で下り、金沢市街へ向けて20分。「上堤町」交差点で金沢城方面へ。
・北陸自動車道「金沢東IC」で下り、金沢市街へ向けて15分。「上堤町」交差点で金沢城方面へ。
・専用駐車場は無いので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

住所|〒920-0937 石川県金沢市丸の内5-5
営業時間|なし
定休日|なし
電話|076-231-0127
公式サイトはこちら