汐吹公園は磯遊びと絶景が有名な自然豊かなスポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

エメラルドグリーンに輝く伊東の海と磯遊びが楽しめる海を満喫できるスポットさ~

汐吹公園の楽しみどころや、扇山展望台と汐吹展望台。扇山展望台は絶景が楽しめ、汐吹展望台では有名な汐吹現象を見ることができます。途中にある磯場では磯遊びが楽しめ、伊東の海を満喫することができます。そんな汐吹公園をご紹介します。

伊東の海を満喫できるスポット

エメラルドグリーンに輝く海を楽しむ

展望台ではエメラルドグリーンに輝く伊東の海が眺められ、磯場では魚や貝、カニといった生物を捕ることができる、汐吹公園。自然の雄大さを感じることができ、潮の満ち引きの際、断崖絶壁にある洞窟から潮が吹き上がる現象を楽しむことができます。その手前には、磯場があり磯遊びに最適。

さらに、山頂の展望台からは、相模湾や富士を眺めることができ、気象条件によっては初島や伊豆大島まで眺めることができます。ドライブ休憩やトイレ休憩などにも利用できるスポット。

汐吹公園の詳細について

絶景の展望台までの道のり

駐車場から徒歩5分で伊東の海の絶景を楽しめる、扇山展望台までの道のり。5分と言えど、急な登り階段はスニーカーなど履いていないと太刀打ちできません。階段周辺は自然に囲まれ、四季折々の花々や野草を楽しむことができます。夏場になると朝の早い時間にはカブトムシやクワガタを観察することでき、子供と一緒に歩くと盛り上がりますよ。

蚊などの虫も多いため、長袖長ズボンで行くことをおすすめします。

大絶景が楽しめる見晴らしのいい扇山展望台

急こう配な階段を登ること5分。目の前には大きな展望台が姿を見せます。この展望台は扇山展望台といい、伊東の大絶景を楽しむことができますよ。この記事の1枚目の写真がその風景写真になります。海風に吹かれとても涼しく疲れを忘れるほど。相模湾や富士、初島や伊豆大島の絶景が見られるのはここだけ。

360度のパノラマビューが楽しめ、山の風景、海の風景が同時に楽しめます。

海を見ながら休憩を取る

扇山展望台の下には、テーブルと椅子が設置されており休憩を取ることができます。撮影当日、海を見ながら年配の夫婦がおにぎりを食べていましたよ。海風を感じながら食べる食事は普段の何倍も美味しいでしょうね。

午前中に登ることで、日陰となっているため涼しくゆっくり休憩を取ることができます。夕方になるにつれ、徐々に日が当たりだします。

山の後は海で磯遊び

山頂までの階段向かって左手には、草木に覆われた小路があります。その道を下ると目の前には海が広がります。石が多く磯遊びには最適。撮影当日は、子供連れの家族が磯遊びをして何やら生物を獲っていました。

透明ケースを見せてもらうと、ケースの中には小さな魚や貝、カニがいました。岩をどかしたり、海に浸かる岩沿いをタモで撫でるとたくさんの魚が取れるそうです。とても楽しそうに遊んでいてうらやましかったです。

磯場沿いにある遊歩道

磯場をなぞるように設置された、遊歩道。朝の散歩には最適な雰囲気で、開放感があり、日の出など楽しむことができます。潮の香りが気持ちをリラックスさせてくれ波音が癒しを与えてくれます。撮影当日は、急に雲が出てしまいうす暗くなってしまい残念です。

朝の早い時間帯には、遊歩道に日の光が差し明るく、海はキラキラと光り輝きます。

汐吹公園の名物スポット 潮吹展望台

汐吹公園で一番注目されるスポット、汐吹展望台。写真右側に映る穴に海水が勢いよく入ることで汐吹現象が起こります。タイミングは干潮と満潮のタイミング。ただし、毎回起こる現象ではないので、見られたらラッキーかも。

展望台に立つことで、汐吹現象を間近で楽しむことができ、風向きによっては汐が少し掛かるほど。太陽が当たると虹がでるため、その光景を見に多くの観光客やカップルが待ち望んでいます。

汐吹公園へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道を通行し、R136を通りR19へ乗り換えます。宇佐美の海岸へ出たら右折ししばらくすると左手側が現地です。

約10台停められる無料の駐車場があり、トイレも完備されています。周囲にはそこ以外トイレはないので、先に済ませておくとよいでしょう。

住所|〒414-0043 静岡県伊東市新井487−1
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0557-37-6108
公式サイトはこちら