なぎさ公園はみんなでアートと釣りが楽しめるスポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

なぎさ公園はアート作品が立ち並ぶスポット。釣り場もあり通年釣りを楽しめるら~

伊豆半島の公園では珍しくアート作品が立ち並ぶ、なぎさ公園。独特の作品で芸術的センスを養うことができます。さらに、海に囲まれているため釣りを楽しむことができますよ。そんな伊東を満喫できるなぎさ公園をご紹介いたします。

アートと釣りが楽しめる楽しい公園

海沿いに広がるなぎさ公園

伊豆半島の公園でも珍しく、公園内にたくさんのアート作品が立ち並ぶ、なぎさ公園。1977年に設置され、地元彫刻家の重岡建治氏が作品を手掛けました。園内には、市民の平和と幸せを希求する姿をシンボル化した彫刻が数点展示。公園内にいて芸術に触れることができるスポットとして、若いカップルから年配の方まで作品を見ながら公園を周遊しています。

公園からは海の絶景が楽しめ、房総半島や三浦半島、真鶴岬、初島など一望でき、地元民や観光客の憩いの場として利用されています。

なぎさ公園の楽しみ方

公園内を自転車で巡る

公園内の周囲は、遊歩道が完備されており、そこを自転車で巡ることが可能。アート作品がたくさんあるため、自転車があると全ての作品が見られていいですよね。アート作品の横に自転車を並べて撮影するのも思い出になりますね。

もちろん、徒歩でも十分回ることができます。じっくりゆったりアートを楽しむなら徒歩がおすすめ。

小高い場所から絶景を楽しむ

駐車場から公園内に入り正面中央には、小高い場所があり伊東の海を楽しむことができます。見晴しもよく晴れた日は伊豆半島の島々の形までくっきり。海を背景にアート作品の横に立ち撮影すると写真映えするので、遊びに訪れた方々はここで撮影を行っています。

アート作品に触れることもできるので、自分のアート作品の1つになった気分で撮影を行うことができますよ。

海沿いを散歩する

なぎさ公園に向かって左側には、海沿いへ出られる階段が設置されているので、港沿いをのんびり散歩するのもおすすめ。伊東の海は透明度が高いため、カラフルな魚や大きな魚の魚影が見えることも。周囲では釣り人が魚を釣り盛り上がりを見せています。

海にいると港を散歩したくなりますね。多くの観光客が海を覗きながら散歩を楽しんでいましたよ。

防波堤からのんびり楽しむ釣り

伊東の海は釣りで有名で、通年楽しめると関東圏から釣りしに来るほど。シーズンによってはイカ、アジ、太刀魚などが釣れます。サビキ釣りも楽しめるので、釣り初心者の方にも最適。

防波堤は足場が綺麗に舗装され幅もあるため、子供と一緒に安心して釣りを楽しめます。小魚もたくさん泳いでいるので見ているだけでも十分、楽しむことができますよ。

河口付近で大物を狙うルアー釣り

なぎさ公園向かって右側には河口があり、シーバスやヒラメ、マゴチをルアーで楽しむことができます。おすすめの時間帯は朝と夕方。魚の食い気があるのでルアー初心者でも釣れる可能性が高まります。ベテランの方は夜釣りがおすすめ。サイズアップが期待できます。

河口のため流れが穏やかで根掛かりは少なく安心して釣りに集中できます。

アートを見ながら食事を楽しむ

2019年、4月27日にOPENした手作りイタリアンダイニング、CALYPSO(カリプソ)。ランチやディナーが楽しめるため、なぎさ公園で散歩をした後にフラッと立ち寄れ、美味しい食事が楽しめますよ。

おすすめは、パスタ、グリル、ピザの3種類。中でも、ハートの形をしているピザは、写真映えする一品です。他にも、デザートやコーヒー、紅茶といった飲み物も充実しているので、フラッと立ち寄るスポットとしてピッタリ。コーヒーや紅茶などで充実した時間をお過ごしください。

住所|〒414-0022 静岡県伊東市東松原1-16
営業時間|AM11:00-PM3:00、PM6:00-PM9:00
定休日|水、木曜日
電話|0557-55-7698
公式サイト|なし

なぎさ公園へのアクセス

車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道を通行し、R136、R19へと乗り換え。宇佐美海岸へ出たらT字路を右折して海岸沿いをすすむと左手に現地となります。

公園目の前には、市営の駐車場が完備されています。

住所|〒414-0022 静岡県伊東市東松原町178-36
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0557-32-1717
公式サイトはこちら