江差のおすすめ観光スポット20選!北海道に何度も足を運ぶリピーターが紹介

江差追分発祥の地で伝統ある江差の観光スポットを、北海道に何度も足を運ぶリピーターが20件にまとめてご紹介します。「厳島神社」や「瓶子岩」など美しい観光スポットが点在するかもめ島や、江差の独特の繁栄の跡を残す市街などをエリア別に解説します。

この記事の執筆者

トラベルパートナー: Hide

新宿生まれで、その後埼玉県に引っ越しましたが、仕事の関係でまた新宿に。車で日本全国を旅することが好きで、全都道府県に行きました。得意なエリアは、東京&埼玉>関東圏&中部圏>東北&北海道>その他国内です。海外は25か国に行きました。

かもめ島周辺エリアのおすすめスポット

美しい観光スポットが点在するエリアで、徳川幕府の主力艦だった開陽丸やかもめ島灯台など観光ポイントがこの島に集中しています。港にある駐車場から歩いて2時間もあれば、一通りポイントは観て周れます。見渡せる海や千畳敷と呼ばれる岩場も驚くほど美しいです。

1. 厳島神社

Hide

Hide

江戸時代初頭に弁財天社として建立され、1868年に厳島神社と改称されました。回船問屋仲間が海上安全の願いをこめ建立したもので、弁天様が祀られています。かもめ島の入口付近に鳥居がありますが、2015年厳島神社400年を記念して建立されたものです。神社周辺は静けさに包まれ、不思議な空気が漂っています。かもめ島を訪れた際にはお参りしていきましょう。

このスポットについての記事を読む

厳島神社の住所・アクセスや営業時間など

厳島神社
北海道檜山郡江差町字鴎島
江差駅:徒歩26分以上
https://esashi.town/tourism/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2. えびす浜海水浴場

Hide

Hide

かもめ島による天然の入り江で波の穏やかな美しい砂浜で、夏は海水浴客でいっぱいです。開陽丸のすぐ隣にありすぐに分かります。トイレ、シャワー、更衣室も完備しており快適に海水浴が楽しめます。すぐ奥がかもめ島になっており、散策も楽しめます。お子様連れ家族に最適で、砂浜海岸はもちろん、かもめ島探検や、磯遊びなど、丸一日童心に帰って遊んでみませんか。

えびす浜海水浴場の住所・アクセスや営業時間など

えびす浜海水浴場
北海道檜山郡江差町字姥神町1−10
江差駅:徒歩19分以上
http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/tabi/07esashi/parts/4702ebs.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. 瓶子岩

Hide

Hide

昔、ニシンが不漁続きで飢餓に至った時、折居婆(おりいばあさん)が神水の入った瓶を海に投げ入れると、たちまちニシンが群来したという言い伝えがあります。瓶子岩はこの瓶が岩になったものと伝えられ、海の守り神として大切にされています。厳島神社の鳥居も近くにあり、インスタ映えする写真が撮れるポイントです。さあ、この瓶子岩からかもめ島ツアーを開始しましょう。

瓶子岩の住所・アクセスや営業時間など

瓶子岩
北海道檜山郡江差町
江差駅:徒歩19分以上
http://www.hiyama.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/tabi/07esashi/parts/2703his.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4. かもめ島灯台

Hide

江差のかもめ島の高台にある灯台です。かもめ島は散策路が整備されているため、歩きやすく灯台へも難なく到達できます。灯台は崖の上に建っていますが、崖の下は千畳敷という岩海岸で絶景です。遠くを見ると紺碧の海が広がり、近くでは海岸の岩に波が砕け白いしぶきをあげています。灯台のすぐ近くに幸福の鐘もあり、夕暮れ時にカップルで訪れてはいかがでしょうか。

かもめ島灯台の住所・アクセスや営業時間など

かもめ島灯台
北海道檜山郡江差町字鴎島10
江差駅:徒歩25分以上
https://esashi.town/tourism/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5. 開陽丸

Hide

Hide

徳川幕府軍の開陽丸は、1868年(明治元年)に江差沖で座礁沈没しました。その開陽丸を実物大で復元したものが江差の港にあります。中は博物館になっており、開陽丸の歴史を解説する展示がある他、海から引き上げられた遺物が展示されています。幕末に興味のある人はもちろん、あまり興味がなくても軍艦の雄姿を見るだけでも行ってみる価値があります。

開陽丸の住所・アクセスや営業時間など

開陽丸
北海道檜山郡江差町字姥神町1−10
江差駅:徒歩19分以上
0139-52-5522
【営業日】
通常は、火曜日~日曜日
【定休日】
月・祝翌日(11~3月)、12月31日~1月5日
【営業時間】
9:00~17:00(発券は16:30まで)
http://www.kaiyou-maru.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6. 千畳敷

Hide

Hide

かもめ島の東側にたくさんの畳を敷きつめたような岩場があり、千畳敷と呼ばれています。波の力でこのような形状になったと言われていますが、波のパワーってすごいですね。崖の上の灯台近くから見下ろすと分かりますが、かなり広い岩場です。海岸近くで見る海は波が岩で砕け、その音も加わり大迫力です。かもめ島では千畳敷まで下りて、景色を楽しむことをお勧めします。

このスポットについての記事を読む

千畳敷の住所・アクセスや営業時間など

千畳敷
北海道檜山郡江差町字鴎島
江差駅:徒歩26分以上
https://esashi.town/tourism/page.php?id=8
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

7. 弁慶の足跡

PIXTA

PIXTA

かもめ島の南側で日本海の荒海に面した方に、ちょうど「わらじ」で踏んだような跡があります。弁慶がつけたという足跡だという伝説があり、確かに足跡らしい巨大な2つの穴が開いています。日本各地に伝わる義経・弁慶伝説の一つですが、満潮時には見えなくなります。上から眺めるだけで、足跡の近くには行けません。散策の距離を少し延ばして弁慶の足跡も観光コースに入れましょう。

弁慶の足跡の住所・アクセスや営業時間など

弁慶の足跡
北海道檜山郡江差町字鴎島
江差駅:徒歩26分以上

8. かもめ島キャンプ場

Hide

江差かもめ島の階段を上がった部分一帯がキャンプ場です。なんと料金は無料で、トイレ、水道があります。駐車場は、かもめ島入口の大きな駐車場を使い、そこから歩く必要があります。従って、ここではコンパクトな装備のキャンプとなります。島全体が絶景ポイントになっている上、夕日と朝日が非常に美しいです。自然いっぱいのキャンプを楽しんでください。

かもめ島キャンプ場の住所・アクセスや営業時間など

かもめ島キャンプ場
北海道檜山郡江差町字鴎島
江差駅:徒歩26分以上
0139-52-6715
https://esashi.town/hotel/page.php?id=127
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

江差市街エリアのおすすめスポット

北海道の中でも古くから和人が訪れ最も早く開港した港町のひとつ江差。ニシンで栄えた江差。そんな江差の歴史や文化遺産がたくさん残されているエリアです。このエリアを観光して、伝統ある江差の顔に触れてみましょう。

9. 江差追分会館・江差山車会館

引用元: instagram引用元: instagram

追分節は信州中仙道で唄われた馬子唄がルーツで、それが船歌となり北前船によって江差に運ばれ、江差で独特の江差追分となりました。江差追分会館では、江差に伝わる数多くの郷土芸能を堪能できます。百畳敷ホールでは、4月末から10月まで、江差追分と地元北海道民謡の実演を行っています。豪華な山車の展示も見事です。味わいのある北海道の民謡に触れてみることをお勧めします。

江差追分会館・江差山車会館の住所・アクセスや営業時間など

江差追分会館・江差山車会館
北海道檜山郡江差町字中歌町193−3
江差駅:徒歩19分以上
0139-52-0920
【営業日】
月曜日~日曜日

【定休日】
4月1日~10月末までは無休。
11月1日~3月末までは、毎週月曜日・祝日の翌日・年末年始(12月31日~1月5日)

【営業時間】
9:00~17:00

http://esashi-oiwake.com/esashioiwake-kaikan
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10. 姥神大神宮

PIXTA

引用元: instagram

北海道最古の神社で、ニシン漁の始祖として漁業家の信仰をあつめ、姥神大神宮縁起として伝えられる折居姥をまつっています。毎年7月のかもめ島まつりでは瓶子岩に全長30mのしめ縄がかけられ、8月の渡御祭では13台の豪華な山車(1台の船形、12台の御所車ふうの台車に人形)や御輿が町を練り歩きます。祭りの時期に訪れてみることをお勧めします。

姥神大神宮の住所・アクセスや営業時間など

姥神大神宮
北海道檜山郡江差町字姥神町99-1
江差駅:徒歩16分以上
0139-52-1900
http://www.hokkaido-esashi.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11. いにしえ街道

PIXTA

江差は江戸時代以降日本海航路北前船によって栄え、独特の古い歴史を持っています。今でも、ニシンと檜材に関連した商家、社寺などの歴史的建造物や史跡が数多く残されています。いにしえ街道は歴史的建物を再現したレトロ感たっぷりな道です。北海道では珍しい、この独特の雰囲気のある街道を歩いてみることをお勧めします。

いにしえ街道の住所・アクセスや営業時間など

いにしえ街道
北海道檜山郡江差町字中歌町・姥神町一帯
江差駅:徒歩19分以上
0139-52-6716
https://esashi.town/tourism/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12. 法華寺

引用元: instagram引用元: instagram

法華寺は室町時代の荘厳な建築美を残している寺です。本堂の天井に描かれた、日本文人画の第一人者、池大雅(いけのたいが)が描いたと言われる「八方にらみの龍」、文化的価値の高い仏画や屏風など多くの古美術品が保存されています。門前から眺める江差の町と海岸もすばらしい景色です。八方にらみの龍を見上げて、昔の北前船とニシン漁で栄華を誇った江差を感じてみませんか。

法華寺の住所・アクセスや営業時間など

法華寺
北海道檜山郡江差町字本町71
江差駅:徒歩15分以上
0139-52-0355
営業:9:00~17:00 休館:不定期
https://esashi.town/tourism/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

13. 江差町会所会館

引用元: instagram引用元: instagram

江戸時代の終わり頃に町会所(町役所)として建設された建物が、平成5年まで江差町役場本庁舎として使われ、平成13年に江差町会所会館として立て替えられました。町会所建物は大きな歴史的意味を有し、また江差町民による自治行政の長い歩みを象徴する記念建造物として貴重なものです。現在は休憩スポットとして使われていますが、この歴史的な建物を見てみませんか。

江差町会所会館の住所・アクセスや営業時間など

江差町会所会館
北海道檜山郡江差町字中歌町76−1
江差駅:徒歩18分以上
0139-52-6716
【営業日】
4月~10月 毎日

【定休日】
11月~3月まで

【営業時間】
9:00 – 16:00

https://esashi.town/tourism/page.php?id=77
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14. 旧檜山爾志郡役所

PIXTA

引用元: instagram

旧檜山爾志郡役所は「いにしえ街道」に沿った高台に建てられた西洋建築で、現在は江差町郷土資料館として使われています。北海道では唯一の現存郡役所(北海道庁の出先機関)で、復元された留置所も併設されています。明治・大正・昭和・平成の江差を見続けてきた建物自体はもちろん、復元された古い壁紙も含めて、昔の雰囲気を味わってみることをお勧めします。

旧檜山爾志郡役所の住所・アクセスや営業時間など

旧檜山爾志郡役所
北海道檜山郡江差町字中歌町112
江差駅:徒歩18分以上
0139-54-2188
開館:4月~3月 9:00~17:00 4月~10月は無休 定休日:月 11月~3月 祝日の翌日 休館:12月31日~1月5日 年末年始
http://www.hokkaido-esashi.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15. ハートランドフェリー 江差支店

引用元: instagram引用元: instagram

ここは奥尻島への玄関口です。奥尻島は、透明度抜群の海や奇岩、樹齢100年以上のブナの森など、手つかずの自然が残る島で、江差から1時間40分程度の乗船で到着します。フェリーは新しく快適で、船からの景色も最高です。乗務員の対応もよく、気持ちよく旅ができます。奥尻島観光も旅の計画に入れてみてはいかがですか。

ハートランドフェリー 江差支店の住所・アクセスや営業時間など

ハートランドフェリー 江差支店
北海道檜山郡江差町字字姥神町 江差港北埠頭
江差駅:徒歩19分以上
0139-52-1066
季節により異なりますが、1日に数便運航されています。天候により欠航があったり、臨時便が出たりするので、詳細はお問い合わせください。
http://www.heartlandferry.jp/okushiri/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16. 旧中村家住宅

PIXTA

PIXTA

旧中村家住宅は、いにしえ街道沿いに主屋、文庫倉、下ノ倉、ハネダシという4棟が一列に連なって建っています。もともと近江商人の大橋家が所有していましたが、大橋家が江差を離れる際に同じ近江出身の支配人である中村家が譲り受けました。主屋と文庫倉は明治20年頃に建てられました。歴史的価値が高く昔の江差の繁栄ぶりが分かる、いわゆるニシン御殿を見てみることをお勧めします。

旧中村家住宅の住所・アクセスや営業時間など

旧中村家住宅
北海道檜山郡江差町字中歌町22
江差駅:徒歩19分以上
0139-52-1617
公開:4月~3月 9:00~17:00 4月~10月は無休 定休日:月 11月~3月 祝日の翌日 休館:12月31日~1月5日 年末年始
http://www.hokkaido-esashi.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

17. 土方歳三嘆きの松

PIXTA

徳川幕府がオランダから購入した開陽丸は函館戦争で旧幕府軍により投入される予定でしたが、暴風雪のため江差沖で沈没してしまいます。土方歳三はその様子を榎本武揚とともに見ていて嘆き、松の木を叩いたと言われています。嘆きがあまりにも大きかったせいか松の木はどんどん曲がっていき今の形になったそうです。立派な曲がり具合を見てみましょう。

土方歳三嘆きの松の住所・アクセスや営業時間など

土方歳三嘆きの松
北海道檜山郡江差町字中歌町112
江差駅:徒歩18分以上

最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

18. 道の駅 江差

引用元: instagram引用元: instagram

日本一小さい道の駅だそうです。夏の観光シーズンには満車状態になりますが、とにかく海がきれいなので何とか車を停めて休憩したくなります。御勝手屋羊羹程度しか売っていない小さな売店と、和風のトイレがあります。江差に実在したといわれる「とんち」の名人・江差の繁次郎の銅像があり、シンボルのようになっています。美しい海と繁次郎のコラボ写真を撮ってみてください。

道の駅 江差の住所・アクセスや営業時間など

道の駅 江差
北海道檜山郡江差町字尾山町1番地
江差駅:徒歩61分以上
0139-52-1177
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/321/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

19. 五勝手屋本舗

引用元: instagram引用元: instagram

江差町で昔から変わらぬ製法、味の伝統を守って羊羹を作っている店です。食べやすいように工夫された赤い丸筒に入った羊羹は大きな特徴で、材料は珍しく金時豆を使用しています。北海道が誇る銘菓として多くの人に支持されています。包装紙の模様はレトロ感に満ちており、これは明治時代の品評会で授与された賞状を模したものです。江差土産としたら、喜ばれること間違いなしです。

五勝手屋本舗の住所・アクセスや営業時間など

五勝手屋本舗
北海道檜山郡江差町字本町38
江差駅:徒歩12分以上
0139-52-0022
【営業日】月曜日~日曜日
【定休日】なし
【営業時間】8:00~19:30(日曜日19:00まで営業)
http://www.gokatteya.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

20. アネロイド気圧計塔

引用元: instagram

昭和3年に、かもめ島入口付近に建てられた気圧計を組み込んだ塔です。長針が、シケ、雨、ぐずつく、晴れ、カラカラ等を表す英語を指針するようになっています。当時、漁師たちは出漁前に針をのぞいて天気予報に役立てていました。仕組みは、金属製の容器を真空にし、ふたをバネで引っ張り、外気圧と釣り合わせるものです。さすが北前船やニシン漁で栄えた江差の遺産を観に行きましょう。

アネロイド気圧計塔の住所・アクセスや営業時間など

アネロイド気圧計塔
北海道檜山郡江差町字姥神町6
江差駅:徒歩16分以上
https://www.hokkaido-esashi.jp/sekihi/monument/39/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。