西宮神社は福男選びで知られる有名な神社!

えべっさんに会いに来てや~

毎年メディア等で話題になる福男選びが有名な西宮神社は全国的に有名な神社のひとつ。境内の見どころや、十日えびすをはじめとするおすすめのイベントなどをご紹介します!

西宮神社は全国のえびす様を祀る神社の総本山

全国から参拝者が集まる

えべっさんの愛称で親しまれている兵庫県の西宮神社は全国に約3500もあるえびす神社の総本社。開門神事である福男選びが有名な神社です。

また、毎年行われる十日えびすは関西エリアきっての大きな行事。この期間中には全国から多くの人が参拝に訪れます。

もちろん地元の人々からの信仰も厚く、新車の交通安全祈願や初参り、七五三の時期なども賑わいます。表大門や大練堀など国の重要文化財も数多く、歴史的存在価値のある建物もあり一見の価値ありなのです!

西宮神社の見どころはこんなところ!

赤門と呼ばれる表大門

西宮駅から歩いて行くと見えてくる白い鳥居が参道の入口。鳥居の向こうに見える表大門はその見た目から赤門と呼ばれています。

また、大河ドラマにも出てきそうな立派な築地塀が左右に伸びています。重要文化財に指定されているこの塀はとても頑丈で、ここから先が神聖な場所であることを実感します。

神聖な拝殿で参拝しよう

境内には松林がたくさん植えられています。古くここは海岸であったことから、海を感じるようなどこか涼し気な雰囲気が今でも残っています。

さらに、参道を歩いていくと右手に拝殿が見えてきます。美しい佇まいが魅力的な拝殿で、拝殿の手前には神馬像も。絶えず参拝者が訪れています。この辺りは、七五三の時期になると参拝に訪れた家族連れの写真撮影で賑わいます。

また、三角形の屋根が特徴的な美しい本殿は拝殿の奥にあります。参拝の後にぜひ立ち寄ってみましょう。

授与所で御朱印をいただこう

View this post on Instagram

#西宮神社 #御朱印 #ご朱印帳 #えべっさん

A post shared by Naomi (@naomi.1218) on

福の神を祀る西宮神社には御朱印を求めて訪れる人も多い。拝殿手前にある社務所では御朱印を受け付けています。

同じ場所に授与所もあり、絵馬や御守りなどもこちらで合わせて購入できます。「笑う門には福来たる」えびす様が描かれたものも多く、記帳をお願いしている間にじっくり選んでみてはいかがでしょうか。

境内には福の神がいっぱい

福の神として知られるえびす様を祀ることから、境内には神様のお面など色んな場所で福の神に会えます。こちらまで嬉しくなるそうな満面の笑顔でほほ笑む、ふくよかなえびす顔をしたえびす様はご利益もピカイチ。

また、境内の社務所の中には、そんなえびす様のアイテムを収集した展示室もあります。さまざまな表情をしたえびす様はまさに福の神そのもの。有難い福をいただきにぜひ見に行きましょう。

特別な日に訪れるのもおすすめ

十日えびすに行こう!

初詣も人気ですが、中でも毎年1月9日から11日にかけて行われる十日えびすには、全国各地から参拝客が集まります。本宮の10日には、あの有名な福男選びも開催されます!

期間中は、境内や神社の周辺には縁起物や気軽にテイクアウトができる屋台など約800軒もの店が出店。周辺道路も歩行者専用道路へと変わり、期間中には例年約100万人もの人が訪れ大盛況です。

特に混雑するのは夕方からで、仕事を終えてから訪れるサラリーマンの姿も多いです。熱気に包まれ、入場規制がかかることも。ゆっくり参拝したい人は午前中に訪れるのがおすすめです。

夏えびすも賑わう

えびす様は海からやってきたとされることから、海上安全から漁業の神に。全国的に有名になった今では主に商売繁盛のご利益が有名です。

十日えびすから半年の7月10日に開催される「夏えびす」という行事もおすすめです。参道を歩くと聞こえる風鈴の音に耳を傾けながら参拝しましょう。浴衣姿の女性の姿も多く、お祭り気分で参加できます。

子供相撲大会や屋台にご当地グルメも集結し、夕方には神池がライトアップされ天の川が現れる幻想的なイベントも。十日えびすに引けを取らない盛況ぶりです。

西宮神社へのアクセス

車でのアクセス

・阪神高速3号神戸線「西宮」または「武庫川」出口より車で約4分

・駐車場は境内の南西にあり

・十日えびすの期間中は駐車場利用不可、周辺道路も規制あり

・他行事の際など駐車場が利用不可の日もあるので注意

公共交通機関でのアクセス

・阪神電車「西宮駅」南口より徒歩5分

住所|〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-17 
営業時間|AM9:00-PM16:30
定休日|無休
電話|0798-33-0321
公式サイトはこちら