吉井百年公園は果樹園越しから眺める景色は癒しのスポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: elly

出身は福岡。福岡を中心に、九州の記事も書いています。 自然が好きで、山や海に行っては風景を楽しんだり、地元の美味しいお店を探した後は、温泉に入ってリフレッシュ。美術館や博物館めぐりも趣味のひとつで、出会いや発見には毎回ワクワクしています。 近場なら一人旅、県外なら主人とのドライブを楽しんでます。

ローラースライダーは大人気やけん家族揃って来てみてん!!

福岡県の吉井町にある吉井百年公園は町制100年を記念してつくられました。町内を見渡せる眺めのよいロケーションに位置する自然豊かな総合公園、春になると桜の名所としても知られています。園内には遊具広場やイベント広場、プールやキャンプ場などがあり、なかでも遊具広場にある全長22メートルのローラースライダーは、子供さんには大人気です。自然豊かな吉井百年公園の魅力をたっぷりご紹介いたします

吉井百年公園とはどんなところ

吉井百年公園は耳納連山の中腹にあり標高は90メートル、目の前には絶景が広がり自然豊かな公園です。3月には柿大将百年公園桜まつりがイベント広場で開催され多くの来場者でにぎわいます。公園の近くを散策すると古墳もあり身近に歴史を感じることが出来る場所となっています。

吉井百年公園内をご紹介

ベンチに座るとゆっくりとした時間が流れる

広場からは素晴らしいロケーションが広がり町内を見渡せます。イベントが開催される時には、地域の方による出店だけでなく広い野外ステージの上では様々なイベントが開催されます。イベントがない時は、広場でバドミントンやボール投げをしたり、かくれんぼやかけっこなど全身を使って楽しく過ごすことも出来ます。またステージの奥に進むと、ベンチもあり果樹園越しに筑後平野が見渡せるので、新緑の季節や紅葉の季節、雪が降る季節などいつ来ても四季を感じることが出来る場所です。

大人気のローラースライダー

吉井百年公園の中でも大人気なのは大きな木々の間を駆け抜ける全長22メートルのローラースライダー、訪れた子供さんたちはローラースライダーを見ると元気な声を上げ駆け出します。雨の日の翌日や朝露でローラーが濡れている事もあり、特に早朝時間に滑るとズボンやパンツまでもが濡れてしまうので、100円ショップなどのカラフルなそりや着替えを持参すると安心です。また近くには小さい子供さんでも遊べるジャングルジムや滑り台もあるのでご家族で楽しい時間を過ごすことが出来ます。

夏になると流水プールも開放

夏になると無料で遊べるプールが開放され、流水プールやウォータースライダー、水遊び等楽しめます。ウォータースライダーの階段をのぼり頂上からの眺めはさらに素晴らしく、景色とともに心地よい風を感じながら滑ると格別です。決して広くはないプールですが目が行き届くので安心して楽しめます。

自然に囲まれた東屋

自然豊かな広場には大きな木があり日中でも日差しを遮ってくれます。レジャーシートやお弁当を持参するとピクニック気分を楽しんだり、家族揃って木陰でお昼寝も出来ます。静かな場所にある為、日常を忘れリフレッシュできるスポットです。東屋にはベンチやテーブルもあるので、お弁当を広げたり休憩場所としてもゆっくりと過ごすせます。

木陰もある広いスペース

桜の名所としても有名な吉井百年公園、春になると満開の桜を楽しむ為に、レジャーシートを持参した多くの花見客やバーベキューを楽しむ方々で賑わいます。また4月〜5月になると藤やツツジ、6月は紫陽花、秋になると実をつけた柿の木が一面に広がり、また一帯を散策するとキンモクセイの香りが漂う公園は、いつ来ても自然を感じることが出来ます。

無料で楽しめるキャンプ場

公園内の一番奥にはキャンプ場もあり、テントを持参すると自然を満喫できます。利用料はかかりませんが予約が必要です。キャンプ場は2段に分かれており上の段にはトイレや流し台、キャンプファイヤーが出来るサークルがあります。また季節によっては草が生えるので、シートをひくとフカフカの絨毯になり、知る人ぞ知る穴場のキャンプ場です。

吉井百年公園へのアクセス

車での行き方

・大分道、朝倉インターから約15分

・無料駐車場有

JRを利用

・JR久大本線の筑後吉井駅を下車し2.4キロメートル、徒歩にて約30分

住所|〒839-1333 福岡県うきは市吉井町富永423-1
営業時間|24時間  (流水プール営業期間7月下旬〜8月下旬 時間:10時~16時 休み:月曜日)
定休日|なし
電話|0943-77-5611(うきは市観光協会)
公式サイトはこちら