九大の森はジブリの世界に行ける場所

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

行くときは長靴がおすすめはばい

インスタグラムで有名になった九大の森は、福岡県の篠栗にある九大農学部附属の演習林です。その中でも蒲田池を中心とした一角が一般解放されており、地域の人たちを中心とした皆の癒しのスポットになっています。

幻想的な風景が楽しめる

まるでジブリの世界

九大の森は元は九州大学農学部の施設であり、それを近隣住民の健康増進目的で解放されたものでした。ウッドチップが巻かれた遊歩道が設けられ、そこを歩けば30分ほどで一周できるようになっています。そんなローカルスポットだった場所が話題になったのがSNSでのある写真です。水の中にそびえる木々、この光景は湿地における樹木研究の為に、1977年に植えられたラクウショウの姿。これが人気となり九州でも人気の観光スポットとして、バスツアーが組まれたりと話題に。

四季折々の美しさ

春は桜が美しい

さくら広場では、その名前通り桜を見ることができます。この森全体はほとんど整備されていませんが、数ヵ所広場となっている場所がありその1つがさくら広場。お花見スポットとしてはおすすめできませんが、桜の季節は新緑が芽吹き自然が活発なので見ごたえ抜群の時期なので楽しめます。

まるで千と千尋の神隠し

インスタグラムで話題になっているのは、水場にラクウショウが生えている光景ですが、森林の中を歩くだけでもジブリのような自然を見ることが出来ます。この土地は自然林ではなく、過去に伐採され再生した二次林と呼ばれるものらしいのですが、今は長い時間をかけて自然が戻り原生林のような姿を取り戻しています。

紅葉の季節も絶景

さくら広場だけでなく、もみじ広場もありここでもゆっくり鑑賞する事が出来ます。もちろん紅葉だけでなく、いろいろな種類の木が秋に染まる姿が見れますよ。また植物もさることながら落ちたドングリが芽を出していたり、虫や動物がそれを食べたりと生き物の営みが見えるのも面白いポイント。

自然の親しみ方いろいろ

時にはのんびりと休んで

施設内にはベンチや東屋も設けられています。観光地化はされていない場所ですが、遊歩道同様に散策できる設備は作られているようです。森林セラピースポットとしても評価されている九大の森。1度都会の喧騒を離れ、森の中でゆっくりと過ごしてみるのも良いかもしれませんね。

こんな蝶も見れる

植物だけでなく昆虫もたくさんいます。蝶やトンボ・セミなどその種類は多種多様で、自然が少なくなった今子供たちにとって貴重なことが学べる場所。しかし森にはスズメバチや、マムシなど危険な生き物も生息しています。虫刺され対策をした上で禁止区域に入らず、見つけた時は冷静に対応するなどして怪我をしないように楽しみましょう。

バードウォッチングにもおすすめ

生き物がたくさんの九大の森、野鳥も見れるのでバードウォッチングにもおすすめです。木の上にはメジロやエナガ・シジュウカラなどが、水辺にはマガモやアオサギやヒドリガモといった鳥たちが暮らしています。もちろん虫や鳥以外のノウサギやニホンジガなどの哺乳類もいます。動物園とは違う野生の姿を見れる場所はとっても貴重ですね。他にもイノシシなど危険な動物も生息しているので注意してください。

九大の森へのアクセス

公共交通機関の場合

福岡の都心部から行く場合は天神バスセンターから高速バスに乗り、糟屋警察署前で降りましょう。そこから徒歩15分ほどで九大の森に着きます。

車の場合

本来は観光地ではない為、近隣の渋滞がかなり問題になっています。なるべく公共交通機関で行くようにしましょう。駐車場は2ヶ所ありますが、おすすめはラクウショウが近い北駐車場です。南駐車場の場合は1キロほど歩くことになります。どちらもバスを停めることは出来ません。

住所|〒811-2414 福岡県糟屋郡篠栗町和田1009
営業時間|4月〜9月 午前6時から午後5時まで10月〜3月 午前7時から午後5時まで
定休日|不明
電話|092-947-1111
公式サイト|なし
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ