九十九島動植物園森きららで空飛ぶペンギンに会おう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: tabby

長崎県在住。海外旅行が大好きで、現在までに25か国旅しました。何の計画もなくぶらりと行く一人旅が殆ど。行きたい国はまだまだあります! 訪れた国の文化を肌で感じることができる、路線バスの旅が得意です。 国内では九州北部を中心に、素敵なおすすめスポットを紹介します。 趣味は御朱印集め・インド映画鑑賞・動物とふれあうこと。

日本最大級の天井水槽でペンギンが空を飛ぶとよ!動物も植物ものんびり暮らしとるよ~

四季折々の花と、青空をスイスイ飛び交うペンギンが話題の九十九島動植物園森きらら。西海国立公園九十九島を見下ろす石岳の中腹にあり、佐世保市民の憩いの場所として親しまれています。独特の展示方法でのんびり暮らす動物たちを眺めながら、ゆっくり歩いてみましょう。

日本最大級の天井水槽があるペンギン館

空飛ぶペンギンに会える場所

1961年に開園した九十九島動植物園森きららに、ペンギン館がオープンしたのは2014年のこと。芝生広場の前に建つペンギン館に一歩入ると、水を通した太陽の光がゆらゆら揺れていて、まるで海の中にいるような錯覚が。日本最大級の広さを誇る天井水槽が頭上にあり、そこをペンギンたちがスイスイと飛び交っているのです。天井水槽には屋根が無いので、水を通して青い空と白い雲が見え、泳いでいるペンギンが本当に空を飛んでるように見えるのです。

下から横から上からペンギンを堪能

ペンギン館は3階建て。1階はペンギンを下から眺めて、不思議な感覚を味わいましょう。2階は矢のように泳ぐ姿を真横から観察できます。すぐ目の前を猛スピードで泳ぐ姿は圧巻。3階には上からペンギンたちを見下ろす空間があり、ほっこりできるスポット。全方向からペンギンをたっぷり堪能できるこの展示方法は、ペンギン好きにはたまりません。

森きららは動物も植物ものんびり過ごしている

2019年2月生まれの子キリン

森きららには正式な順路はありません。私はいつも、なぜか右回りで歩いてしまいます。季節の花でいっぱいの入場口を過ぎて花壇を右手に進むと、真っ先に出会う動物がキリンです。2019年2月に、キリンの赤ちゃんが産まれました。森きららでは23年ぶりだそう。名前は公募で、応募総数2325通の中から選ばれたのが「ミナト」。お母さんキリンは「いと」、お父さんキリンは「ハヤト」です。ミナト君は長い舌で葉っぱをむしゃむしゃ食べていました。

自然の状態に近い展示が魅力

大きな耳が特徴のフェネックは砂漠の生き物。森きららでも砂の上に展示されています。檻ではなく、すぐ手が届きそうな展示方法が魅力的。森きららの動物たちは、なるべく自然に近い形で展示されています。園内を歩いていると、空中トンネルを歩いているジェフロイクモザルや、はるか頭上のウンテイを優雅に渡るテナガザルの姿も見られます。土鍋で丸くなるミーアキャットや、じっとこちらを見ているプレーリードッグも人気者。ライオンやチーターのような猛獣も、鳥たちも爬虫類たちも、みんなのんびり暮らしているように見えました。

絶滅危惧種のツシマヤマネコを下から堪能

長崎県対馬にしか生息していない絶滅危惧種のツシマヤマネコに会いに、ヤマネコ舎へ。天井が網になっていて、気がつくとツシマヤマネコが静かに歩いていました。モフモフのお腹と肉球が丸見えで、かなり萌える構図。ツシマヤマネコは天井を散歩中にそのまま寝てしまいました。網の間からフワフワした体毛が飛び出して、つい触りたくなりますが、もちろん高い場所なので触れません。ヤマネコを下から見上げることができるなんて感激でした。

入園して最初に目にする花の噴水は撮影スポット

森きららに入園したら、すぐに目に飛び込んでくるのが季節の花に彩られた噴水。ここは森きらら撮影スポットとして人気の場所。動物の顔出しパネルがあったり、団体客が並んで撮影できるように段差があったりと工夫されています。噴水の右手はお土産物屋さんとトイレ。バギーや車いすの無料貸し出し所もあります。左手には季節の花壇があり、私が行ったときはネモフィラで真っ青でした。

植物目当ての来園者も多数

園内いたるところに花壇が整備されていて、季節の花を楽しむことができます。9系統200品種900株を誇るバラ園も人気で、春と秋にはバラ園目的のお客さんが大勢来園します。また、高さ13mの巨大なドーム型観賞温室もあります。鬱蒼とした熱帯のジャングルに迷い込んだかのような展示で、熱帯果実や様々な種類の蘭の花はもちろん、オニバスや食虫植物も見る事が可能。南の国に旅行した気分になれました。

九十九島動植物園森きららへのアクセス

車での行き方

福岡方面または長崎方面から西九州自動車道に乗り、佐世保中央ICで降ります。出口の信号を右折してください。

平瀬町交差点(米軍基地入口)を右折してSSKバイパスを直進。県道149号の坂道を上って行きます。途中で看板があるので、それに従って進みましょう。

駐車場は無料。入り口前の駐車場には177台、臨時駐車場には200台停めることができます。

バスでの行き方

佐世保駅前バス停から動植物園経由 下船越 又は 展海峰 行きに乗りましょう。約25分ほどで『動植物園前』バス停に到着します。

住所|〒857-1231 長崎県佐世保市船越町2172番地
営業時間|9:00~17:00(最終入園は16:30)
定休日|無休
電話|0956-28-0011
公式サイトはこちら