ろう人形美術館の見どころは製作に13年掛かった最後の晩餐!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

芸能人や映画俳優の他、映画の名シーンやキャラクターが忠実に再現されており、本物なのかろう人形なのか判断不明さ~

B級スポットが集まる土肥。その中でも有名なB級美術館といえば、このろう人形美術館。海外や国内の映画俳優や有名人を忠実に再現しており、その中に1人ぐらい本物の人間がいてもわからないほど。一番の見どころとなる最後の晩餐は迫力満点です。そんな珍しいろう人形美術館をご紹介します。

伊豆でも有名なB級スポット

細かく作りこまれたろう人形の館

B級スポットマニアにはたまらない美術館、伊豆ろう人形美術館。建物外には忠実に再現されたブルースリーがお出迎え。建物向かって右手にはテーブルと椅子が設置されているので、まずはここで休憩を。館内は広いため結構歩きます。入口入って左手には、綺麗な店員さんがお出迎えをしてくれ、受付を済ますと館内の説明をしてくれますが、美魔女すぎて説明が耳に入ってきません。美術館は2つに分かれており、1つはメインとなるろう人形、もう1つは貴重な人形が見られる部屋と分かれています。美術館内での撮影は有料となります。監視カメラが設置されているので、こっそり撮影も許されないのでご注意を。

ろう人形美術館の見どころ

ギネスに登録されている人たち

最高体重635kgでギネスに認定されたジョンミノックさんや身長56cmで世界一背が低い人として認定されたカゲンドラ・タパマガルさんなどの等身大が展示されており、靴や衣装などに触れることができます。実際にいたのか疑問に思うほどのサイズで、まじまじ見てしまいますよ。

映画を忠実に再現したろう人形

注目を集めるのがこの映画を忠実に再現したろう人形。洋服、小物、肌質や毛まで本物そっくり。ずっと眺めていると、本物なんじゃないのと思うほど。写真は猿の惑星ですが、他にもターミネーターなど間近で楽しむことができます。

ホラーが苦手な方はご注意を「エクソシスト」

これは本当にリアルすぎて怖い、エクソシストのろう人形。しかも、首がクルクル回転します。部屋の雰囲気も映画そのまま。目や口がとても印象的で夢に出てきそうです。ろう人形美術館に行く前に映画エクソシストを見てから来るとより楽しめますよ。

有名な日本人が集結したパロディエリア

日本人の大御所有名人がマリリンモンローを囲み、悪さをたくらんでいるエリアです。マリリンモンローのスカートを釣針でひっかけてめくり上げています。そのスカートの中を写真撮影する。さらに、顔を近づけ何やら悪巧みを働こうとしています。どの有名人も面白おかしく作りこまれており、見ごたえは十分。

これが一番の見どころ「最後の晩餐」

人が近づくとパッとライトアップされ、みんな「お~っ!」と声を上げる場所がここ、最後の晩餐。手前には写真が置かれており、見比べながら楽しむことができます。製作年数は、なんと13年。まさに大作です。絵でしか見たことがなかったため、立体的に再現されると新鮮で長時間みてしまいます。人形の目の前には、名前と説明が書かれているので、絵画などに興味がない方でも楽しむことができますよ。

童話の世界が楽しめる「童話の森」

まるで童話の世界に飛び込んだように思うほど、童話でよく見る人形が飾られており、その数約600点。ギリシャやドイツ、アメリカなど特徴的なカラクリ人形を忠実に再現しています。1室の中には各世界観があり、サンタクロース、俳優、童話と分かれており人形たちが楽しそうに動きを見せて楽しませてくれます。この独特の世界観、ぜひ、ゆっくり楽しんでください。

ろう人形美術館へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道を通行し、R136、R414、R12と乗り換えます。そのまま伊東方面へ向かいR112、R111を通行すると右手に現地となります。美術館目の前に無料駐車場を完備しております。お好みの場所へ自由に停めてください。

住所|〒413-0234 静岡県伊東市池674-1
営業時間|AM9:00-PM5:00
定休日|なし
電話|0557-54-5555
公式サイトはこちら