毒沢鉱泉は市街地から気軽に行ける日本三大酸性泉の山間の秘湯

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

ずく出して全国から湯治に訪れるリピーターも!

戦国時代に名を馳せた武田信玄の隠し湯といわれる毒沢鉱泉は、長野県諏訪郡下諏訪町に位置しています。日本三大酸性泉の一つとされる名湯の魅力とは一体なんなのか。約450年前の永禄年間に開湯した毒沢鉱泉の効能から、人里離れた山間の秘湯の詳細、基本情報を含むアクセス方法まで、毒沢鉱泉についての全てを詳しくご紹介。

ミネラル鉱泉を満喫できる毒沢鉱泉!

源泉温度の低い冷鉱泉

毒沢温泉は古くから湯治の温泉として知られていますが、源泉温度の低い鉱泉である事から毒沢鉱泉と呼ばれている名湯です。現在2軒の湯宿が存在していて、宿泊以外の日帰り入浴も可能。お年寄りから小さいお子さんまで、幅広い年齢の方々に親しまれています。今回ご紹介する毒沢鉱泉では、その名前の通り、薬湯の様な効能の良さを肌で実感できます。

日本秘湯を守る会の会員宿である神乃湯!

気軽に行ける山の秘湯

杉の木に囲まれた森の中に位置する「日本秘湯を守る会会員宿」の神乃湯です。信玄の隠し湯とも云われる秘湯宿ですが、武田信玄が金発掘の時に怪我人の治療に利用したという言い伝えがあるとの事。入口には神棚があり、館内の至る場所にに神さまが祀られていて、厳かな雰囲気があります。受付は14時までとなりますが、日帰り温泉も可能。下諏訪の市街地からそれほど遠くなく、気軽に訪れる事ができる距離にあります。山奥でないけど秘湯感はバッチリ。そんな素敵な湯宿です。

隠れ家的な雰囲気

脱衣所は竹を敷き詰めた床となっていて、足の刺激にもなっています。杉の木が生い茂る中、通りを渡った先は湯小屋。鉄分とミョウバンを多く含む源泉は、館内で飲用できる様になっています。薄っすら褐色で、酸味と甘みがあるのが特徴。まるでレモン水のようですが、飲泉は胃腸に良いそうです。ロビーや休憩スペースもあるので、湯上がりに飲んでみるのもおすすめです。

杉や檜を眺めながら楽しめる交互浴

浴場にはph2.5の酸性泉の冷泉槽があり、冷鉱泉の源泉の浴槽と、冷鉱泉を加温している橙色の浴槽を交互に入るスタイルとなっています。毒沢鉱泉は加温されると濁るという珍しい湯質。底が見えない程の濁り湯に気分も上がります。源泉は12℃なのでとてもヒンヤリなのですが、我慢して浸かるのが冷鉱泉の醍醐味。我慢できなくなったら加温した濁り湯へと向かいます。慣れると交互に入ると気持ちの良い冷温浴が楽しめます。

住所|〒393-0091 長野県諏訪郡下諏訪町社7083
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認  
定休日|なし 
電話|0266-27-5526
公式サイトはこちら

良質なお湯をバリアフリーの施設で満喫できる宮乃湯!

下社春宮からのアクセスも良し

View this post on Instagram

#毒沢鉱泉宮乃湯 #酸性・含鉄(Ⅱ)ーアルミニウムー硫酸塩冷鉱泉 #赤さび色 #循環ろ過 暑かったので、冷たい湯に浸かろうと毒沢鉱泉の宮乃湯を訪れました。しか~し、浴室に入って思い出しました。宮乃湯には源泉浴槽が無いことを(>_<) 毒沢鉱泉と言えば、神の湯を思い浮かべてしまうのです。神の湯には源泉浴槽があるからね。 宮乃湯の湯舟には加熱循環した赤さび色の湯が満たされています。湯を舐めても、毒沢鉱泉特有の爽やかな酸味を感じることができないのが残念です。 浸かることはできないのですが、飲泉できる湯口があります。こちらの湯を口に含むと、毒沢鉱泉らしい爽やかな酸味を感じることができました。

A post shared by yumeguri hiro (@yumeguri_hiro) on

諏訪大社下社春宮から1.4km、車で約2分の場所に位置する宮乃湯です。大正12年創業の老舗宿で、毒沢鉱泉の中では最も古くからやっているとの事。館内はレトロな雰囲気がありますが、バリアフリーとなっているのでお年寄りの方や湯治客も安心して入れます。こちらも日帰り入浴が可能。宮乃湯の内湯にも温泉療養の飲泉用の飲み口があり、コップも用意されているので飲む事ができます。シュワシュワとした炭酸の様な感じに酸味を感じる複雑な味。温泉マニアからは日本一不味い温泉と呼ばれているそうです。

泉質の良いミネラル鉱泉

浴場は男性が樽風呂、女性は洋風なテラスの湯となっていて、サウナも完備されています。お湯はオレンジ色の鉱泉。湧出した後に酸化すると、濁ったお湯となります。入浴後は身体がポカポカ温かくなり、体にしみる良質な温泉というのが分かり、広めの浴槽には手すりも完備。段差にも配慮されていて、体の不自由な方にやさしい施設というのを感じます。

住所|〒393-0091 長野県諏訪郡下諏訪町星が丘1877
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|なし
電話|0266-28-3888
公式サイトはこちら

毒沢温泉を訪れた際のお土産にも!

ペットボトルの神乃湯源泉

毒沢鉱泉では、ペットボトルの源泉が販売されています。画像は神乃湯源泉ですが、胃もたれや車の酔い止めにも効くと評判でお土産にされる方も多いとの事。湯の花はかつて医薬品としても利用されていたといわれていたそうで、毒沢温泉の効能がすごいという事が分かります。宮乃湯でも、ペットボトル9本入りを始めとした販売や宅配サービスがあるので、訪れた際にぜひチェックしてみてください。

毒沢鉱泉へのアクセス

自動車での移動

東京方面から中央道と長野道で約2時間50分ほど、名古屋方面からも中央道と長野道を利用して約2時間ほどで長野道岡谷インターに到着します。岡谷インターからは約8~11分ほど。駐車場は神乃湯が14台、宮乃湯は10台駐車可能です。

電車での移動

JR新宿駅から特急を利用して下諏訪駅まで最短2時間26分ほど、JR名古屋駅からは特急を利用して最短2時間24分ほどで下諏訪駅に到着します。下諏訪駅からはコミュニティバスあざみ号で約15分です。