慈雲寺は下諏訪の信玄ゆかりのお寺として知られる臨済宗の古刹

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

杉の大木と苔むした参道がめた素敵な場所なんだに~

諏訪大社下社春宮の鎮護を目的に建てられた鬼門寺の慈雲寺は、長野県諏訪郡下諏訪町に位置しています。武田信玄ゆかりの寺として知られている、臨済宗妙心寺派の寺院の魅力とは、一体なんなのか。慈雲寺での過ごし方や見どころを始め、慈雲寺の基本情報を含むアクセス方法まで、慈雲寺についてのすべてを一挙にご紹介します。

慈雲寺は枯山水と池泉庭園が楽しめる寺院!

一山一寧禅師によって開山された

慈雲寺は鎌倉後期の正安2年(1300年)に、鎌倉五山の一つで北鎌倉にある建長寺住職一山一寧禅師によって開山された寺院です。家族や友達、カップルなど。特に歴史好きや庭園が好きな方におすすめです。そして今回ご紹介する慈雲寺ではお寺の参拝に加え、立派な庭園や参道の傍らに建つ石碑などもじっくりと眺める事ができます。

かつて中山道を往来した旅人たちが喉を潤した竜の口!

竜の頭の彫像はインパクト大

慈雲寺へ向かう参道の石段の上り口は大門口と呼ばれていますが、この大門口にあるのが画像の竜の口。この竜の口は、江戸時代中期の文政年間に旧横川村の石工、山田金右エ門が造ったものと伝えられています。竜の口は参拝者の方の為に造られましたが、かつて中山道を往来した旅人たちが喉を潤していった場所との事。慈雲寺を訪れる際はまず最初に立ち寄ってみるのもおすすめです。

武田信玄が信仰したという言い伝えがある矢除石!

矢除けの霊力がある石

参道の階段を上っていくと、途中右手に大きな岩の矢除石があります。この大きな岩は武田信玄が信仰した、矢除けの霊力があるという伝説の石。武田信玄が慈雲寺中興の祖といわれる天桂上人を訪れた際、上人はこの大きな石の上に立ち「私を矢で射てみよ」と矢を射らせたが、跳ね返されて全く当たらなかったそうです。矢除けの石の念力がこもった矢除札を受け、勇躍戦場に向かったのだそう。見ごたえがあります。

歴史を感じる樹齢400年の天桂の松!

鳥の囀りを聞きながら過ごせる

階段を上って山門をくぐると、参道の両側には杉の大木がそびえ立っています。大木はインパクトがありますが、苔に包まれていてフォトジェニックな場所となっています。楼門前には高島城を築いた日根野高吉の供養塔、武田菱の付いた提灯がある楼門。更に奥へと足を進めると、樹齢400年を超える天桂松(てんけいまつ)がお目見えします。この松は赤松の一種で、当時の住職である天桂玄長禅師が植えたものとされているとの事。這う様に広がった立派な松は、見ごたえがあります。

美しくて見どころ満載の枯山水と池泉庭園!

禅寺らしい枯山水庭園

本堂と宝蔵、庫裏等は、文化3年(1806年)に大火で焼失しましたが、文化5年に再建されました。本尊は十一面観音。入母屋造りの本堂の屋根の中央には、諏訪氏の両端に武田氏の家紋が刻まれていて歴史を感じます。枯山水庭園の先には八角堂造りの清浄光殿や禅様の鐘楼。その奥の本堂の南側には、堂宇や楼閣が建っています。本堂と開山堂を繋ぐ渡り廊下を挟んで両側には枯山水があり、本堂裏の池泉庭園には小規模の布落ちの滝があります。

巨石と白砂の調和が美しい

10個の巨石がある帰錫庭はインパクト大。特に背が高い巨石の阿難陀尊者は見ごたえがあります。波紋のような湾曲を描く飛び石に緑鮮やかな苔。枯山水を取り囲む様にして散策路があり、丁寧に手入れされた庭園に趣を感じながら過ごせます。茶室へと続く飛び石の先には、行き止まりを示す球体の止め石が置いてあり、細やかに整備されているのが分かります。一山一寧は諏訪八景を撰択。水墨画の慈雲晩鐘(慈雲寺の夕暮の鐘声)も有名です。

慈雲寺で拝受できる御朱印

参拝の記念に

慈雲寺の御朱印は、本堂の右手にある寺務所で拝受する事ができます。書置きのみとなっていて、引き戸を開けて中に入るとセンサーが反応し、対応していただけます。左側には山号である白華山、真ん中には圓通閣の文字。慈雲寺は信州にある禅宗寺院の触頭という格式で、鎌倉十刹に並ぶという寺格なのだそう。御朱印は参拝の記念になります。

慈雲寺へのアクセス

自動車での移動

東京方面から中央道と長野道で約2時間50分ほど、名古屋方面からも中央道と長野道を利用して約2時間ほどで長野道岡谷インターに到着します。岡谷インターからは約11分ほど。駐車場は無料で50台停められます。

電車での移動

JR新宿駅から特急を利用して下諏訪駅まで最短2時間26分ほど、JR名古屋駅からは特急を利用して最短2時間24分ほどで下諏訪駅に到着します。下諏訪駅からは徒歩で約23分の距離となります。

住所|〒393-0005 長野県諏訪郡下諏訪町東町中606
営業時間|営業時間は公式サイトを要確認 
定休日|なし
電話|0266-27-8171
公式サイトはこちら