諏訪大社下社春宮は歴史的建造物とともにパワーチャージできる!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Momo

出身地は長野県。得意なエリアは長野県の中南信です。趣味はショッピングをしたり、美味しいグルメを堪能したり、絶景を観に行く事。愛車に乗り、カメラを片手によくお出かけしています。旅行も好きなので、たまに県外に出没する事も。

2社の彫刻を見比べてみるのも面白いずら

全国にある諏訪神社の総本社である諏訪大社は、諏訪湖の北側にある長野県下諏訪町に位置しています。彫刻が素晴らしいと評判の諏訪大社下社春宮の幣拝殿の楼門建築や諏訪造の社殿の魅力とは一体なにか。下社春宮やその周辺の見どころから基本情報を含むアクセス方法まで、諏訪大社下社春宮の全てを徹底的に解説します。

彫刻が素晴らしくて見ごたえある神社!

歴史を感じながら参拝できる

諏訪大社は全部で四宮で構成されていて、諏訪湖の南側に上社、北側に下社が鎮座しています。更に下社は春宮と秋宮に分かれていて、春宮は秋宮から西へ約1kmの場所にあります。下社は3つの神様のパワーが集約されている事もあり、家族やカップル、友達など。老若男女問わず、多くの方が訪れる神社です。今回ご紹介する諏訪大社下社春宮では、国の重要文化財に指定された幣拝殿と左右片拝殿や万治の石仏など歴史を感じながら参拝する事ができます。

下社秋宮と同じ構造の神楽殿!

安永9年に竣工

諏訪大社下社春宮の手水舎は、駐車場近くの鳥居の外側に位置します。鳥居をくぐって参道を進むと神楽殿、神楽殿の後に幣拝殿と左右片拝殿があります。春宮と秋宮は同じ設計図のもと彫刻の技を競って造ったものだそう。春宮の社殿は宮大工柴宮長左衛門が請け負っています。構造が全く同じですがそれぞれ優れた宮大工が造っているので、個性が表れます。賽銭箱や屋根下の彫刻等。両宮でちょっとした違いを見比べてみるのも興味深いです。

縁結びの杉である結びの杉も必見!

見所満載の境内

下社春宮の見どころの一つは、神楽殿の右側にある「結びの杉」。先で二股、根元で一つになっているので縁結びの杉と呼ばれて親しまれています。春宮は杉の木を御神木としていて、結びの杉もその一つとなっています。神楽殿の西側には筒粥殿があり、こちらは筒粥神事で有名な場所。毎年1月に今年の世相や農作物の作況を占う行事が行われ、神職が炊き上げる筒粥を見守ります。

左右片拝殿の左側にある二之御柱

画像は、左右片拝殿の左側にある二之御柱。御柱祭は7年ごとに行われ、20万人以上もの方が訪れる大祭ですが、御柱はその際に各お宮の四隅に建てられます。幣拝殿は、獅子や龍、鶏や竹などの彫刻が素晴らしくて圧巻!二重楼門造の建築様式で造られていて、見ごたえがあります。下社の御祭神は建御名方神、八坂刀売神、八重事代主神で、毎年春宮は2月~7月に祭神が祀られている事から、春宮と呼ばれています。

下社春宮の授与所にて拝受できる御朱印

最も社格が高い事が分かる

御朱印は、授与所にて受け付けています。右上には信濃国一之宮、真ん中には諏訪大社の朱印。その場で丁寧に書いていただけます。一之宮とは、その地域で最も位の高い社の事。神位は正一位です。諏訪大社には「薙鎌守」というお守りがありますが、黒と白の2種類があり、白は下社のみで受けられるお守りとなっています。上社のみで受けられるお守りは黒となっているので、ぜひチェックしてみてください。

岡本太郎も絶賛したスポット

春宮から続く細道から赤い橋を渡ると、浮島社があり、更に進んだ先に万治の石仏があります。こちらは、岡本太郎も絶賛したという有名なスポット。かつて諏訪の高島藩主が春宮に大鳥居を奉納するために工事を依頼しましたが、石工が巨石にノミを入れた時に血が流れたのだそうです。その際に阿弥陀如来を祀ったとの事。春宮入口にある御影石の大鳥居と同じ作者だと云われています。

春宮大門通りにある下馬橋も見る価値あり!

室町時代に建立された最も古い建物

下社春宮から100mほど国道方面に向かった、春宮大門通りに「下馬橋」があります。この下馬橋は、室町時代に建立され、遷座祭の折に神様が乗っている御輿だけが橋を渡る事を許されています。建築様式は鎌倉時代のもので、下社では最も古い建物。春宮大門通りは橋を避ける様に車道が狭くなっていて、クランクになっています。太鼓橋に屋根のかかった下馬橋も見る価値があるので、おすすめです。

諏訪大社下社春宮へのアクセス

自動車での移動

東京方面から中央道と長野道で約2時間50分ほど、名古屋方面からも中央道と長野道を利用して約2時間ほどで長野道岡谷インターに到着します。岡谷インターから約8分ほど。神社の手前に参拝者専用駐車場が設けられています。

電車での移動

JR新宿駅から特急を利用して下諏訪駅まで最短2時間26分ほど、JR名古屋駅からは特急を利用して最短2時間24分ほどで下諏訪駅に到着します。下諏訪駅からは徒歩で20分ほどの距離になります。

住所|〒393-0092 長野県諏訪郡下諏訪町大門
営業時間|AM9:00~PM4:00(授与所)
定休日|なし
電話|0266-27-8316
公式サイトはこちら