小谷城跡の石垣を見に行こう!撮影ポイントや歴史を紹介

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

滋賀県は歴史観光スポットがようさんあるんよ

100名城に選ばれた城がいくつかあり、ここではそのなかの一つである小谷城跡を紹介します。戦国時代の激しい戦いでなくなってしまった城ですが、その歴史には感動の涙で感慨深いです。石垣のみ残っている城跡が魅力的。

小谷城跡のストーリー

城マニアに人気のスポット!小谷城の歴史

小谷城は1520年代初期に浅井亮政が築いた城とされています。織田信長の攻撃によって浅井氏が滅亡した悲劇な歴史が残る有名な城。攻められた後、小谷城は豊臣秀吉に与えられましたが、のちに長浜城を築いたため小谷城はそのまま廃城になりました。昭和12年(1937年)には国の史跡に指定され、現在は城好きは絶対に行きたい人気のスポット。

小谷城跡へ続くスタート地点にある見どころポイント

記念撮影!ずっしりと構える立派で大きな兜

小谷城跡の駐車場に着くと浅井長政の大きな兜、たまに猿がお出迎え。大河ドラマの撮影場にもなったところでもあります。城跡じゃなくても、到着して早速記念撮影ポイントの一つです。

スタートする前に小谷城跡のマップをチェック

小谷城跡へのルートの案内図があり、ある程度把握してからスタート。見てもらえると分かる通り、長い山道の途中には歴史ポイントがたくさんあります。ワクワクしてきますが本当の山道なので熊出現注意の看板があり、獣の遭遇に気を付けながら登っていきます。

独特な雰囲気が漂う浅井長政公自刃の地

View this post on Instagram

新シリーズです😊 今回は小谷城です😊 築城者:浅井亮政 所在地:滋賀県長浜市 オススメ度:⭐️⭐️⭐️⭐️ スタートは長政公自刃の地です😊朝倉氏を攻める信長に対し、これまでの関係から朝倉氏との関係を重視し信長に反旗を翻した長政公…。結果、信長に負けてしまうのですが私は長政公の男気というのでしょうか、どう言う表現がいいのか分かりませんがその気持ちに感動して今回の攻城は必ず長政公の自刃の地はお参りして行こうと決めての攻城でした😊長政公の想いに浸りながら長政公のお墓と重臣の慰霊碑にお参りをさせて頂きました☺️ そんな長政公に想いを馳せながら小谷城編スタートです☺️ #石垣ファンクラブ#日本百名城#日本100名城#日本100名城スタンプラリー#城#城巡り#城好き#お城#お城巡り#お城好き#城跡#城址#小谷城#小谷城跡#小谷城址#浅井長政#滋賀#滋賀県#滋賀県長浜市#お城好きな人と繋がりたい #山城#長浜市

A post shared by hidekinman Z 石垣ファンクラブNo.54 (@hidekinman2017) on

織田信長との戦いに敗れた浅井長政公自刃の地。そばには家臣達の供養塔もあります。城を攻められ、妻のお市は「一緒に死なせてくれ」と言いましたが、浅井長政は拒否し妻を城から脱出させて、浅井長政は切腹し亡くなりました。浅井長政の男気に感動と、浅井氏の思いをはせながら小谷城跡を観光して行きます。

小谷城跡へ出発!山道を登った先の石垣

片道30分!小谷城跡への山道

スタート地点から山道を登って小谷城跡へ向かいます。距離の長さは片道で約30分。整備されていない道なので運動しない人などはかなり大変なので、水分補給や動きやすい服装と靴でしっかり準備して行くことをおすすめします。

美しい石垣!小谷城跡本丸の石垣

桜馬場、黒金門跡など歴史好きにはたまらないポイントが続き、本丸の石垣が見えてきます。小谷城跡の一番の魅力は石垣のみの城跡であることです。当時は機械などは無かったので人が一つずつ積んでつくったのかと思うと、昔の人の体力の凄さを感じます。

小谷城跡から眺める滋賀の景色

汗流して疲れながらも到着できた小谷城跡からは、青空と町、琵琶湖八景、滋賀の自然が一望。滋賀の絶景と、小谷城と浅井氏の悲劇の歴史で感涙します。小谷城跡まで登りきる前にギブアップする人が続出ですが、感慨深い歴史の跡や撮影のためにもぜひ挑んでほしいところです。

小谷城跡へのアクセス

車でのアクセス

北陸自動車道「小谷スマートIC」から5分。あるいは「長浜IC」「木之本IC」から15分です。ふもとに中腹の番所駐車場、山麓登山口駐車場、小谷城址ガイド館駐車場、小谷城戦国歴史資料館駐車場があり、どちらも無料で停めることができます。

電車でのアクセス

最寄り駅は「河毛駅」です。河毛駅から徒歩30分、バスなら10分なのでバスの利用がおすすめです。「小谷城址口」で降ります。河毛駅とバスの本数が少ないので、帰りの時間と発射の時刻を事前に調べて計画しておくことをおすすめします。

住所|〒529-0313 滋賀県長浜市湖北町伊部
営業時間|24時間営業
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら