鶴見川で季節を楽しむ散策を!春夏秋冬の美しい景色

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: mika

兵庫県姫路市出身、神奈川県横浜市在住の2児の母です。兵庫県・神奈川県とその近郊を中心に、地元目線・郷土愛を交えて、各スポットを最大限に楽しめる情報をお伝えします。ワイワイ家族旅行も、一人でまったりする旅も大好きです。

横浜市鶴見区を流れる鶴見川沿いで見つけた、季節と自然を楽しむ優しい風景をご案内!

東京都・神奈川県を流れる鶴見川。鶴見川の川沿いは季節を感じる風景がたくさんあって、のんびりとお散歩をするのにぴったりです。今回は鶴見川沿いの素敵な風景を探しに、横浜市鶴見区を歩きます。首都圏にお住まいの方はもちろん、旅行の合間にぶらりと出かけるプチ旅にもおすすめしたい、のどかなお散歩に出かけませんか?

横浜でほっと一息・鶴見川散歩

穏やかな川べりから東京湾の河口へ流れる風景

鶴見川は東京都町田市を源流とし、横浜市鶴見区の河口から東京湾に注ぐ全長42.5kmの川です。鶴見川流域のうち、今回は、その川の名と同じ町・鶴見区に出かけてみましょう。

小高い丘へと続いていく上流部ののどかな土手から、下流になるほど川幅が広がって行き、京浜工業地帯の港湾地区を流れて、鶴見つばさ橋・横浜ベイブリッジの付近から東京湾に流れ込みます。

鶴見らしさいっぱいの鶴見川流域で、素敵な季節の風景が楽しめるお散歩スポットを紹介していきます。

四季を感じる鶴見川の風景

桜と菜の花が彩る春の鶴見川

春は鶴見川沿いのお散歩がもっとも華やかになる季節です。川沿いには様々な種類の桜が咲き誇り、早咲きの桜やソメイヨシノ等、バトンタッチしながら長い桜の季節を楽しめます。絶妙に美しい川のカーブに沿って桜が続く芦穂橋や、川沿いの桜の名所・下末吉公園等、橋の近くの川べりに桜が夢のように咲く場所がいっぱいあります。

中でも特に、ここならではの春景色としてイチオシなのが、鶴見川橋付近から河口方面に向かって見る風景です。陽の光を浴びて川面が輝き、フワフワ春風に揺れる桜と菜の花のなかを京急の電車が走り抜けていく優しい景色は、鉄道ファンならずともきっと笑顔がほころぶはず。

爽やかな初夏にはボートがお似合い

初夏の爽やかな風の中、広々とした鶴見川を悠々と進むボート。鶴見川には横浜市鶴見川漕艇場があり、森永橋や新鶴見橋付近からボートを漕ぐ姿がよく見えます。

ゴールデンウィークには鶴見川漕艇場鶴見川スポーツフェスも行われ、初夏の川面を爽やかに、たくさんのボートが駆け抜けます。

住所|〒230-00094 神奈川県横浜市鶴見区元宮2丁目6
営業時間|AM9:00-PM4:00(受付PM3:00まで)
定休日|毎週月曜日(祝日の場合翌平日)、年末年始(12/28-1/4)
電話|045-582-8680
公式サイトはこちら

夏の風物詩!鶴見製氷のかき氷

暑い暑い夏。だからこそ忘れてはならない大切な鶴見の風物詩、それは鶴見川沿いにある氷屋ツルミセイヒョウのかき氷です。

お店や業者向けに氷を販売しているプロフェッショナルの氷屋さんがつくるこだわりかき氷は、ふわふわサックリしていて最高!家でつくるかき氷とは、一味も二味も違います。

近隣で有名なのはもちろん、その素晴らしい美味しさで口コミが広がり、このかき氷のためにお出かけして来られる方も。

住所|〒230-0038 神奈川県横浜市鶴見区栄町通2-13-2
営業時間|AM8:00-PM5:00
定休日|日・祝(5-10月の夏季は日・祝も営業)
電話|045-633-1834
公式サイトはこちら

夕焼けが美しい鶴見川の秋

陽が落ちるのも早くなり、早い時間から長く夕暮れ時が楽しめる秋は、鶴見川が茜色に染まる絶景が特に美しい時季。緑豊かな山々が夕焼け色のシルエットになる上流側の景色も、広々とした穏やかな水面が夕陽に染まる下流側の景色も捨てがたいですが、

横浜・鶴見らしさを感じられるおすすめはやっぱり、夕焼け色の川面に映るリフレクションが美しい、下流側に広がる景色です。河口に近づくほど、港の灯りや、遠くにランドマークタワーも見えて、夕焼けから夜景へと時間とともに移ろいゆく景色が印象的ですよ。

鶴見の冬が熱くなる!箱根駅伝


お正月の風物詩、箱根駅伝。往路1区と2区、復路9区と10区をつなぐ鶴見中継所は、鶴見川のすぐそばにあります。

往路2区が始まってすぐ、そして復路9区の鶴見中継所に入る直前に渡っている橋が、鶴見川にかかる鶴見橋なんですね。
実際に渡ってみると橋のアーチのアップダウンを感じ、あれだけ何事もないように軽やかに走っているのはさすがだなぁと感じます。

鶴見中継所の近くには、明日へ走ると題された箱根駅伝記念像があります。
今にも走り出しそうな勢いのある美しさが印象的で、鶴見中継所で繰り広げられる壮絶な戦いが目に浮かんできます。

住所|〒230-0026/230-0025 神奈川県横浜市鶴見区市場富士見町1-21(往路)・市場大和町4-30(復路)
営業時間|-
定休日|-
電話|-
公式サイトはこちら

鶴見川流域の散策をもっと楽しむヒント!

バクの案内板で付近の見どころがわかる


鶴見川の流域は、その外形がバクの形に似ているといわれ、バクは鶴見川流域を象徴するキャラクターとなっています。鶴見川流域には、そんなバクが鶴見川周辺地域の見どころを案内してくれるバクの案内板が点在しています。

今回紹介しきれなかった楽しい情報や、地元に住んでいてもなかなか知らなかった情報もあり、お散歩がより深く充実した楽しいものになりますよ!

鶴見川へのアクセス

電車・バスでのアクセス

・JR鶴見駅または川崎駅
・京急鶴見駅または鶴見市場駅

車でのアクセス

・国道1号線(第二京浜)
・国道15号線(第一京浜)
・首都高速神奈川1号横羽線・汐入IC

住所|〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2丁目17-14
営業時間|-
定休日|-
電話|-
公式サイトはこちら