セリにも参加できて珍しい佐世保朝市

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

地元の人も観光客もたくさんよ

長崎県にある漁業が盛んな町、佐世保市。そんな佐世保市で話題の観光スポットになっているのが、港近くで行われている大規模な朝市です。観光客向けのイベントではなく、地元の料理人なども利用する本格的な朝市は、ここだからそこ買える商品がたくさん並んでいます。

早朝から行われる朝市

佐世保の有名観光スポット

佐世保朝市の最大の特徴は早朝3時という、他では見ないほど早い時間から行われることでしょう。早朝どころか、深夜と言ってもいい時間から始まります。

元々は地元の人たちが中心となって利用していましたが、今は観光客の利用も増えており、朝市初心者でも心配なく参加することができますよ。

朝市は安くて新鮮

広くて活気がある朝市

市営駐車場で行われているこの朝市のでは、約250件ほどの店が軒をつられます。プロも含む地元の人たちはもちろん、観光客もたくさん訪れるものですからかなり賑やかです。

また夏には子供を対象としたスイカ割りが冬にはぜんざいの振る舞いがあり、年中人気と活気がある楽しい市場です。

港から上がる新鮮な魚

朝市の醍醐味何と言っても新鮮な魚でしょう。ついさっきまで泳いでいた新鮮な魚を、スーパーよりも安く買うことができます。当然並んでいるのは旬の魚ばかりで、鮮度だけでなく味も極上です。市場には出回らない小さな魚や珍しい魚も販売されており、好きな人にはたまらない事でしょう。

毎月第2・4土曜日の6時半からは佐世保朝市の名物となっている、一般の人も参加できるせり市が行われます。せりに参加出来るのは全国でも珍しく、きっと貴重な体験になりますよ。

青果も充実している

朝市では鮮魚だけではなく、青果も充実しています。土がついたままの新鮮な野菜や、取れ立てを使った自家製の加工品などはスーパーとは一味ちがいますよ。

また幻の揚げ物と呼ばれている天ぷらやコロッケを販売している店も大人気です。すぐに売り切れてしまうことから幻とまで呼ばれているその商品、朝5時半ぐらいから販売されるようなので欲しい場合はその時間までに朝市に行きましょう。

朝市のグルメスポット

朝市グルメを楽しめる

安くて美味しい佐世保朝市。もちろん新鮮な食材を買って帰っても良いのですが、やっぱりその場で食べてみたいときもありますよね。そんな人におすすめなのが近隣の食堂です。

この地域の食堂は夜中に働いてて朝方食事をする人向けに早朝5時から営業しているお店もあれば、朝市フードセンター内にある11時からのランチタイム仕様の店まで様々です。

ボリュームもスタミナも満点

朝市仕様の店はどこも安くてボリュームたっぷり、市場で働いてる人たちは仕事終わりの夕食としての食事を取る為です。朝からしっかりとした食事をお得に頂くことが出来ます。

どの店も家庭的なお惣菜や定食・丼などのメニューが多く、体に良さそうな野菜たっぷりの食事を御腹一杯食べられるとあって、地元の人もたくさんいて賑わっていますよ。

安くてウマイ海鮮丼

その中でもやっぱりおすすめは魚です。漁港近くの市場だからこその鮮度と値段で、驚きの美味しさが楽しめます。

中には朝とれた魚を使ったメニューもあるほどで、普段の生活では口に出来ないほど新鮮なグルメが楽しめますよ。

佐世保朝市へのアクセス

交通機関の場合

佐世保駅か徒歩10分とアクセスしやすい場所にあります。ただ時間帯が時間帯ですから、朝市開始からだと公共交通機関でのアクセスは難しいものがあります。

車の場合

佐世保駅から車だと3分程度で着きます。駐車場は周辺のコインパーキングを使ってください。200メートル圏内に300台以上収容できるものがあり、またそれ以外にもコインパーキングがたくさんある場所なので困ることは無いでしょう。

住所|〒857-0877 長崎県佐世保市万津町73
営業時間| 午前3時~午前8時半時ごろ
定休日|毎週日曜日、年始(要問合せ)
電話|0956-22-9890
公式サイトはこちら