諸羽神社から琵琶の音色!圧倒されるシンプルな力強さとは

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: ASAHI

兵庫県出身。 関西を中心に、たまーにアジアの情報を発信します。 気ままな日帰り一人旅とノリノリ親子旅がお気に入り。 悠久の歴史と自然まとえるスポット探して日々さすらっております。 親子で遊べる場所もご紹介~

琵琶法師の演奏が江戸時代から聞こえてくるかもしれへんよ

諸羽(もろは)神社は住宅街の片隅にひっそりとたたずむ、ご利益豊富な神社です。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)や素戔嗚尊(すさのおのみこと)などのスター神様が祀られていますよ。

語り継がれる伝説や歴史ロマンあふれる遺構など、コンパクトな神社に収まりきらない物語を、リアルな景色とともにチェックしましょう!

歴史舞台に登場する諸羽神社は琵琶湖(山科)疏水の近く

平家物語に登場する諸羽山のふもとに鎮座

諸羽神社は諸羽山のふもとにある小さな神社ですが、6柱もの神様が合祀されているのでご利益満載です。創建当初の神様は2柱で、天孫降臨の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の両サイドで補佐した伝説をもちます。2柱が祀られていた時期は両羽(もろは)大明神と呼ばれていたそうです。火災で焼失・再建されるたびに神様が増えて、現在の諸羽神社と改名。

諸刃山と神社周辺は、平家物語に登場する歴史深いエリアでもあります。すぐ近くには琵琶湖(山科)疏水があり、自然豊かで閑静なエリアに位置するので、一人やカップルでのんびりと散策を楽しむのがおすすめです。

神社から一直線上の一の鳥居は、東海道に面した三差路の住宅街にあります。二の鳥居までくれば、諸羽山を携えた神社らしい神秘的な空間へと変化しますよ。

琵琶法師ゆかりの諸羽神社は簡素な美しさが魅力的

緑と光があふれる境内

境内には華美な建造物はないですが、太陽の光と山の緑に溢れています。境内へと足を踏み入れると、本殿の場所が見当たらないほど景色はスッキリ。鳥居からは拝殿が見えるので、奥には本殿が隠れているはずですが、遠目からは「あれ?」と感じるかもしれません。

拝殿は割拝殿という珍しい造りになっています。左右に床間があり、中央を通り向けられる構造です。目にする機会が少ない建築なので、現地でぜひ確認してくださいね。

人康(さねやす)親王の琵琶演奏舞台

本殿の奥には御親水の井戸があり、その前に大きな岩がいくつかならんでいます。そのうちの一つである琵琶石は、人康親王が琵琶を弾く際に腰を掛けていたとの伝説をもつ石です。

人康親王は仁明天皇の第四皇子で、病気により失明し、出家して諸羽神社付近に住んでいたそうです。一説には神社周辺の地名である「四ノ宮」は、第四皇子の人康親王が由来なんだとか。琵琶法師のお師匠さんとしても名高い人物です。

太古の歴史ロマン感じる磐座(いわくら)

琵琶石の横には大きな磐座が祀られています。磐座とは社殿がなかった時代の神様の祀り方で、巨石や巨木に神が宿っていると考えられていた太古の信仰です。現在でも、磐座が祀られている神社は数多く存在します。

自然崇拝は神社の原点ともいわれる原始宗教です。意識しなくても多くの日本人の心に宿っている神様のあり方といえるでしょう。諸羽神社の磐座から、神秘的なパワーをいただいてくださいね。

鬼瓦の大きさにびっくり!

本殿の裏手には、改修前の本殿や手水舎の鬼瓦などが展示されいます。通常、近くで見る機会がないので、その大きさにびっくりするサイズ感です。簡素ながらも凝ったデザインを間近で鑑賞できるので、ぜひ本殿の裏手にも足を運びましょう!

隅々まで手入れが行き届いているので、思わずぐるりと回りたくなる境内になっていますよ。

諸羽山への登り口なのか

神社裏手には山へと向かう階段が敷かれています。登ろうかと思案しましたが、雨が降り出してきたので私は断念!奥宮でもあるのかな、と想像を膨らませています。

階段の正面、山の反対側には住宅街へ通じる出入口があり、琵琶湖(山科)疏水へ向かうなら抜け道になりますよ。車が行き交えない路地の入り組んだ住宅地なので、迷子にならないように気をつけてくださいね。

美しい造形美を間近で鑑賞できる本殿

諸羽神社の本殿は朱色ながらも簡素な美しさを発しています。軒下の彫刻も鮮やかに彩られているのに、華美な雰囲気を感じません。本殿のアクセントになっている吊り灯篭も、シンプルな上品さがあります。

コンパクトな社殿なので、ごくごく近くで彫刻や彩色を鑑賞できるのが魅力です。神社の吊り灯篭のサイズ感を私は知らないのですが、諸羽神社の灯篭はかなり大きくみえて驚きました。ぜひ現地で飾らない美しさを感じてくださいね!

諸羽神社へのアクセス

電車でのアクセス

JR・京阪・市営地下鉄の山科駅より徒歩約10分です。

車でのアクセス

名神高速の京都東ICより約40分です。無料駐車場が約5台分あります。

住所|〒607-8043 京都府京都市山科区四ノ宮在寺町17
営業時間|なし
定休日|なし
電話|075-581-0269
公式サイトはこちら