馬籠は江戸時代のレトロな雰囲気たっぷり!山深い木曽路の宿場町

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: bee

私の出身地は大阪です。在職中は国内各地を仕事でまわりましたが、今は気のむくままに向かう小さな旅先で出会う風景写真を撮り楽しんでいます。新緑映える山尾根歩きや古人訪ねる歴史探訪の旅が気に入り面白いです。

ノスタルジックな宿場町ん石畳道や峠茶屋を歩き古人ん旅を慕ぶ

江戸時代に中山道六十九宿と木曽十一宿に定めらて以来、京・江戸を旅で行き交った中山道木曽路の馬籠は山深い峠を越える厳しい街道にあります。当時多くの旅人で賑わった宿場町が今も姿変わらずに残されています。田園風景広がる山麓の自然に触れると、古人々の素朴な生活と息遣いも感じられる非日常的でタイムスリップしたような旅行が味わえる馬籠宿です。

馬籠宿とは

車屋坂沿い水車は馬籠宿のシンボル

馬籠は江戸時代の五街道の一つ中山道43番目の宿場で、山深い峠越える木曽路にある11宿の一番南に位置する宿場町です。京と江戸を結ぶ中山道は多くの旅人が行き交った約540kmの街道に69ヶ所の宿場が置かれ、その一つ馬籠宿は江戸時代の宿場雰囲気が今も残って田園風景にふれながら郷愁を味わえます。

木曽路入口の馬籠は石畳敷かれた坂に沿う600mほどの宿場町で、大きな水車がある車屋坂辺りに阿弥陀堂と常夜灯があり、観光者に人気の高い城下町や宿場で見られる石段道の枡形です。

馬籠の玄関について

馬籠宿の道標は旅の起点

風光明媚な山間の風景から「中山道馬籠宿」道標まで来ると、辺りは急に観光客で賑わい観光地風景に変わります。馬籠宿入口にある馬籠館は広い店内に木曽の地酒やお漬物などお土産の種類も多く豊富なお土産品の揃う店です。

江戸時代の侍や町人商人が歩いて江戸・京都方面にゆっくり旅の時間を過ごした馬籠は、江戸レトロ情緒残る山深い木曽路の宿場町です。外国人も多く人気のノスタルジックな水車小屋沿い石畳辺りは、宿場ムード高まる古の旅人が昔のまま往来で賑わってる幻想的な感じがします。

街道歩きで楽しめる町並みと恵那山の展望

明治の大火で大部分は消失した宿場町です。後に修復され木曽石と御影石を敷き詰めた全長600mの坂道の石畳沿い散策は、宿場町の雰囲気を残す軒の低い格子造りの民家が連なり情緒が味わえます。

恵那山は中央アルプス南部の百名山で真正面に一望できるビュースポット、そして歩きながら石畳坂道 から遠くの山々が見渡せる風景。馬籠街道沿いの店では焼きたての煎餅や五平餅と、おやきなどがあり食べ歩きグルメも楽しめます。

馬籠宿の見どころ歴史館

木曽馬籠の清水屋資料館

旧家で代々馬籠宿の組頭を務めていた原家の清水屋は、当時本陣の島崎藤村家と親交の間柄です。築100年を超える歴史ある資料館内には、島崎藤村の写真や小説執筆資料が展示され、他に清水屋に伝わる古文書や生活道具が展示されています。

島崎藤村の作品「嵐」に登場する森さんは清水屋8代当主の原さんです。島崎藤村フアンには資料館探訪は必見で、当時の執筆背景や生活風景など思い描けて想像膨らませ楽しめます。

島崎藤村の記念館

江戸時代に本陣と庄屋を兼ねた馬籠の名家に生まれた藤村は、地元が輩出した文豪・島崎藤村です。生家跡に作られた馬籠の歴史資料と伝島崎藤村記念館で、藤村亡き後に馬籠有志で設立された記念館は宿場の中間地点で観光案内所の前に有ります。

藤村記念館の入館は有料で島崎藤村の作品展示と6000点ものコレクションが所蔵されて、記念館辺りに代表作品の「夜明け前」に登場する永唱寺や大黒屋が有って作品情景もうかがえます。

木曽路情緒の見どころ

山の中の馬籠峠

「白雲や青葉若葉の三十里」という正岡子規の句碑が建っている標高801mの馬籠峠は、外国人観光客にも人気の木曽路で賑わう馬籠宿と妻籠宿間の山峠を越える街道ポイントです。

藤村代表作の夜明け前の冒頭「木曽路はすべて山の中である」雰囲気の味わえる峠は二つの宿場町を繋ぐよく整備された約9kmの街道で、馬籠宿から馬籠峠を超えて次の標高約400m妻籠宿まで美しい農村風景と素朴な自然の中でハイキングを楽しめます。

峠下り妻籠宿手前の一石栃 立場茶屋

宿場と次の宿場に有って旅の疲れを癒す茶店を立場茶屋と呼び、休憩場で往時栄えましたが、今は幕末の姿残す一石栃立場茶屋は1軒だけが残ります。馬籠峠から山道を下った馬籠宿と妻籠宿の真ん中にある立場茶屋は、休憩が無料で中に入ると昔風の囲炉裏もあって時代劇の雰囲気を楽しめるでしょう。

この先の妻籠宿まで足を延ばし、寺下地区には幕府の許可する旅籠より格安な庶民向け木賃宿と呼ばれる上嵯峨屋・下嵯峨屋や、当時の庶民生活慕べる質素な長屋がありモノクロ的な姿で一層江戸時代ムードに浸れます。

馬籠へのアクセス

車での行き方

中央高速道路伊那ICより、権兵衛トンネル(無料)を利用して国道19号線を走行し、馬籠まで約30分、最短は中津川ICより国道19号線走行し約20分です。馬籠の駐車は、馬籠館とまごめやの無料駐車場が利用できます。

電車での行き方

最寄りのJR中津川駅を下車し駅前より濃飛バスの利用で馬籠行きに乗車し馬籠で降車、バスの所要時間は約30分。バスは1日の運行本数が限られており事前にタイムスケジュールの確認が必要です。

住所|〒508-0502 岐阜県中津川市馬籠4300-1
営業時間|AM8:30-PM17:00
定休日|なし
電話|0573-69-2336
公式サイトはこちら