多景島の魅力を紹介!琵琶湖に浮かぶ無人島へ船旅

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Sora

滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。

仏教系の歴史がようさんあるさかい歴史好きはおすすめ!

滋賀県にはさまざまな歴史と神秘的な観光スポットがあります。日本一大きな湖の琵琶湖も不思議な言い伝えやスポットが集まり、数々の島が浮かんでいます。その中の1つにあるのが多景島。多景島までは船旅になりますが、何時間もかからない気軽に観光できるので彦根観光におすすめのスポットの一つです。

多景島とは

琵琶湖に浮かぶ4つの島の一つ多景島

日本最大級の湖として有名な琵琶湖には、竹生島、沖島、多景島、沖の白石という3つの島と1つの岩が浮かんでおり、どちらも人気の観光スポットです。多景島は無人島で、竹に覆われていたことで昔は竹島と呼ばれていました。多景島の観光は島の周りを巡回するツアーと島に上陸して島内を観光するツアーで2種類あります。

多景島を巡ろう

オーミマリン彦根港から出発

多景島に訪れる際はオーミマリンという彦根の港から観光船に乗って行きます。観光船の名前は、武将の井伊直弼をイメージした「赤備え船」、琵琶湖の魚を由来した「わかあゆ」など滋賀らしい名前の船たちです。琵琶湖の波は大きく揺れないため、船酔いの心配が少なく快適な船旅ができます。島に行く途中では船内で解説をしてくれるので観光にぜひおすすめの旅です。

島を1周して多景島の姿を観光

さっきも書きましたが、多景島は見る角度によって全く違う島に見えることから多景島と名前が変わったと言われています。そのため、多景島の前まできたら島の周りぐるっと1周して、多景島の彩りな景色を実際に見せてくれます。幅が広い島に見えたり、狭くてちっちゃい島に見えたり不思議で面白いです。上陸前なのに楽しませてくれます。

念仏が彫ってある岩

島を巡回してると、南無妙法蓮華経と念仏が彫られた岩が見えます。これは題目岩と言い、高さ約10.8m、幅約7.2mほどある大きな岩です。元禄5年(1692年1692)、日靖上人が命綱にぶら下がりながら3年の年月をかけて刻まれたらしく驚きました。桜田門外の変で井伊直弼が暗殺された際に鮮血をにじませたという言い伝えもあり、歴史の重みを感じさせられます。

多景島内を観光しよう

多景島に上陸

いよいよ多景島に上陸です。実は多景島全体が日蓮宗見塔寺の境内であるため、島自体が寺領です。そのため神の島とも呼ばれています。無人島で生き物の気配は全くなく寂しい感じもありながら、神秘的な雰囲気があります。暫くこの島内で琵琶湖を眺めていたくなるほど。

霊夢山見塔寺とご朱印について

島を暫く歩いていると霊夢山見塔寺という立派に建つお寺があります。明暦元年(1655年)、日靖上人が琵琶湖に沈んだ人と魚達の供養のために開いた日蓮宗のお寺です。ちなみに、霊夢山見塔寺のご朱印を頂くことができますが住職さんはこの寺にいないため、公式サイトに記載してある見塔寺別院の連絡先で伝える必要があるので注意してください。無人島のお寺のご朱印はかなりレアなので集めている方は必見の島です。

ほかにも歴史スポットがたくさん

彦根藩主の井伊家や長日靖上人の歴史が豊富。長日靖上人は越前の国大野の出身の人で、浜の妙法寺で修行中の時に夢のお告げで多景島に行き、石の宝塔と庵室を建立されたとされています。霊夢山見塔寺のほかには、島の一番高いところにある誓いの御柱、若かりし頃の日蓮上人の像、井伊直澄が父の直孝の供養のために建てた石造七重層塔など、仏教関係のスポットがたくさんあります。

多景島へのアクセス

車でのアクセス

最寄りの名神高速道路は彦根ICです。彦根ICからオーミマリン彦根港まで11分です。彦根駅からなら8分で着きます。駐車場無料です。オーミマリン彦根港から船に乗って多景島まで20分です。船が出発する時間を調べてから計画を立てていただくことをおすすめします。

電車でのアクセス

最寄り駅は彦根駅になります。彦根駅から無料シャトルバスを利用してオーミマリン彦根港に行くことができます。ただ、無料シャトルバスが運行していない日があるので詳しくは公式サイトを確認してください。運行しない日の場合は、有料になりますが

住所|〒522-0057 滋賀県彦根市八坂町
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら