滋賀県彦根の歴史散歩!天寧寺の五百羅漢を見に行こう

公開日:2019/10/28 更新日:2019/10/28

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Sora
滋賀県出身。滋賀県の楽しいところや魅力の記事を書いています。1人でマイペースに旅したり美味しいものを食べ歩くのが好きです。
意外な出会いがあるかもしれへんよ

滋賀県には古い歴史が数多く残っていて、歴史好きな方や観光客が毎日たくさん訪れています。滋賀県の彦根市にも歴史スポットがたくさんあり、一番有名なのはやはり彦根城でしょうか。今回は彦根城の正反対の方向に位置する天寧寺というお寺をご紹介します。天寧寺も彦根藩主井伊家が深く関わっている歴史スポットで、彦根城や滋賀の観光に行くならば天寧寺も行ってみて絶対に損はないと思います。

天寧寺とはどんなお寺なのか説明

天寧寺とは

天寧寺は滋賀県彦根市にあり、町はずれの丘の上に位置しているお寺です。彦根藩主井伊直弼の父である直中は相手が分からない子を宿した腰元を不義によって手打ちにしました。ですが、その子の父親が自分の子であったと後で知り、自分の過失を認めました。そして文政11(1828)年、腰元と初孫の菩提を弔うためにこの天寧寺を建立したとされています。その後、京都の仏師に五百羅漢像を彫らせ、現在も綺麗に安置されています。

天寧寺に行こう!天寧寺の見どころを紹介

天寧寺の立派な本堂

まず、天寧寺庫裡という拝観受付で済ませて境内へ。天寧寺のお堂は本堂と羅漢堂があり、その間には石庭があります。写真は本堂で、桁裄七間、寄せ棟造、桟瓦葺などで建てられたそうで、屋根も戸も非常に立派な佇まいです。掃除されているからなのか補修裡でもされていたからなのでしょうか。本堂も羅漢堂も古さを感じません。ちなみに本堂へは入堂できません。羅漢堂に本尊などの像が安置されています。

須弥壇に安置されているたくさんの像

正面四本柱には須弥壇があり、中央には本尊の釈迦如来坐像、その左右には釈迦十大弟子が安置され祀られています。さらにその左右には羅漢堂の一番の見どころである五百羅漢像が安置されています。五百羅漢像のお寺は他にもいくつかありますが、全て残されているところは非常に少ないそうです。ですが、天寧寺の五百羅漢像は当時から欠けることなく残されいて、釈迦如来坐像、釈迦十大弟子、十六羅漢と合わせて五百羅漢は527体が今も安置されています。

当時から欠けず残されている527体の五百体羅漢

五百羅漢像を見るとみんなそれぞれ違う姿をされています。五百羅漢像は「亡き親、子供、愛しい人に会いたくば、五百羅漢にこもれ」と言われ、つまり自分が探し求めている人の顔がこの中に必ずあると言われています。527体をよく探してみてはどうでしょうか。自分の運命の相手の顔がこの中にいるかもしれません。それにしても527体も彫ったというのも凄いですね。

日本一大きいキンピカの布袋尊さま

View this post on Instagram

5月の旅の写真を整理。 彦根市の天寧寺にある、 日本一大きい木造の布袋尊さま。 こちらのお寺は、 たまたまの立ち寄り。 五百羅漢さまたちが とても氣になって。 そして、広島の宮島でも、 大聖院の五百羅漢さまと出会い。 たまたま観たテレビ。 鶴瓶さんの番組の中でも、 五百羅漢さま。 さらにー。ここ数日で、 集中的に耳に入る情報が、 金毘羅さん! お客様から、連続3日間。 「2泊3日で行ってきたのー♫ 1,368段登りきったー♫」 というお話を伺いました。 こう、何回も耳にするときって、 近いうちに行く流れに なったりするんだよなー。 滋賀&広島みたいに…。 今度は、 香川県を含む四国あたりが、 次なる旅先候補に なるのかなー(^^) #布袋尊 #天寧寺 #五百羅漢

A post shared by Chiemi ★ Amrita Sarala (@sarala_chiemi.shimizu) on

羅漢堂の背面には金色の木造の布袋尊さまが座っております。像高1.2m、重量300kgで日本一大きい布袋さまと言われています。ピカピカに輝いている体に独特の笑顔が愛郷があり、ご利益もとてもありそうです。像を見て思うのは、本尊の釈迦如来坐像、釈迦十大弟子、五百羅漢も全て傷や汚れなどもなく綺麗な状態を保っています。古くから大切に安置されているのが分かります。

天寧寺の観光ならばこちらも忘れずに

天寧寺のご朱印

View this post on Instagram

滋賀御朱印巡り🚗 ³₃   彦根市 ◇天寧寺(てんねいじ)◇    井伊直弼公の父、直中公が自分の過失で 手打ちにした腰元と初孫を弔うため、 建立した五百羅漢天寧寺。   羅漢堂には、本尊釈迦如来・十大弟子・ 十六羅漢・五百羅漢の併せて五二七体が 安置されています。   羅漢堂は… すごい迫力でした😆💦    井伊直弼公の好みで作られた羅漢石庭、 石州流庭園。 井伊直弼公供養塔、長野義言歌碑、仏足石なとが、城下町を一望できる明るい丘の上に立っています✨   巨大な布袋尊は、背が1.2mで重さが300kg‼️木造日本一の大きさで、ご利益も超大型❤らしいです( *´艸`)♥ . . . .  #御朱印 #曹洞宗 #曹洞宗の寺院 #天寧寺 #天寧寺五百羅漢 #五百羅漢 #井伊直弼 #井伊直中 #羅漢堂 #木造日本一布袋尊 #布袋尊 #御朱印巡り #御朱印ガール #滋賀御朱印巡り #お寺巡り

A post shared by ノエノエ♡ (@noel.825) on

天寧寺ではご朱印を頂くことができるので、歴史好きな方や集めている方は必見のお寺です。ご朱印とは何かと言いますと、お寺や神社に参拝した際に証として頂けるもので、住職さんが手書きでお寺や神社の名前や日付などを書かれたものです。お守り、魔除けの効果があると言われています。参拝した記念にもなりますので訪れた際はご朱印を頂いてはどうでしょうか。実はご朱印をコレクションしていることが人気でもあり、集めている女性のことをご朱印ガールとも呼ばれています。



天寧寺からは彦根の城下町が一望できる

天寧寺の境内からは彦根の町が一望でき、遠くの山の上には彦根城も見えます。天気が曇っている日は見えづらいかもしれませんが、晴れている日には山の上に立派に建つ彦根城がハッキリと見ることができます。緑もある穏やかな滋賀の町がとても平和です。今回は羅漢堂をメインに紹介しましたが、行者堂、井伊直弼供養塔などがあり、歴史好きやお寺巡りが好きな方には見応えたっぷりなところがまだまだあるので実際に足を運んで見てください。

天寧寺へのアクセス

車でのアクセス

最寄りの名神高速道路は彦根ICです。彦根ICから3分で到着できます。彦根駅からでは車で10分前後です。彦根城とセットで観光するならば、彦根城と天寧寺は車で16分の距離です。

電車でのアクセス

最寄り駅は彦根駅です。彦根駅から徒歩で18分です。彦根駅からバスで利用する方法もあり、南彦根駅西口行きバスに乗って天寧寺口で降り、そこから徒歩4分で着くことができます。

Address 〒522-0022 滋賀県彦根市里根町232
Hours 9:00 am - 17:00 pm
Closed なし
Tel 0749-22-5313
Web https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/561