八坂神社はハートのご縁に恵まれると女性に人気の古社

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

祇園さんは良いご縁を引き寄せることができるんどす

祇園さんと呼ばれ人々に愛されている八坂神社は、今や日本きっての有名な神社。厄除けや縁結びのご利益をはじめ美容水が湧き出るなど、女性なら誰もが行きたくなるそんな神社の見どころを徹底的にご案内します!

八坂神社が人々を魅了するのは何でだろう

祇園の景色になじむ歴史ある存在

京都随一の四条通りの突き当りにある八坂神社は、祇園さんの愛称で古くから親しまれる祇園エリアきってのシンボル的存在に。

ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトを主祭神とし、厄除けや縁結びなどのご利益があると言われています。他にも、美しくなりたい女性がこぞって訪れる社など見どころもいっぱい。

境内には立派な建物が立ち並び、あたりは季節の移り変わりが楽しめるので四季を通して訪れてほしい神社。境内はいつでも華やかな世界に包まれています。

八坂神社の境内をご紹介

まずは本殿で参拝しよう

八坂神社に訪れたらまずは本殿の左手前にある手水舎で心身を清めてから参拝しましょう。本殿は、拝殿とつながった朱塗りの見事な建物が目を惹かれます。

歴史上でも有名な徳川家や藤原家も参拝に訪れた由緒正しい場所とあって、国内外から多くの人が参拝に集まる場所に。ゆっくり参拝したい人は朝一番に訪れるのがベスト。朝の空気が清々しい気分の中で参拝できます。

撮影スポットがいっぱい

本殿で参拝を終えたら散策しましょう。定番の撮影スポットの南楼門前には八坂神社に訪れた多くの人が記念撮影を行っているのですが、美しい建物に囲まれた境内こそおすすめ。どこで撮っても雰囲気抜群の写真が撮れます。

女性同士やカップル、夫婦にツアー客など訪れる人はさまざま。普段写真を撮らない人もカメラを構えてぜひ写真を撮ってみましょう。

また、着物や浴衣を着て訪れるのもおすすめ。八坂神社がある祇園エリアには着物のレンタルショップもたくさんあり、気軽に体験できるのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

キュートな絵馬でご縁を呼び込もう

境内にはたくさんの社がありますが、ひときわ人気があるのは大国主社と美御全社。まずは、本殿の西側にあり福の神、縁結びの神が祀られている大国主社へ。大国主社は縁結びのご利益があると評判の社です。

ここでは縁と書かれたハートの絵馬に、心を込めて願いを書いて奉納することができます。社の隣にある絵馬掛け所でハートの絵馬がたくさん並んだ様子はとても可愛らしいです。

美御前社は美人になりたい人必見!

本殿の東側には美御前社があります。絶世の美女と呼ばれる3人の女神を祀ることから、美容にご利益があると口コミで広がり女性を中心に注目を集めている社です。

祇園という土地柄、舞妓さんの姿も。若い女性はもちろん美容師など、性別関係なく美に関するあらゆる人におすすめです。また、右手には美容水が湧き出ていて、肌に2~3滴つけると良いそう。ぜひご利益を実感してみましょう!

とっておきの八坂神社を見に行こう

円山公園と合わせて京都きっての桜の名所

八坂神社内には桜の木があり、見頃になるとお花見を兼ねて訪れる参拝客で賑わいます。桜の木があるのは南楼門の右手あたりで、写真を撮る人で辺りは渋滞することも。南楼門に照らされた夜桜もとてもきれいです。

また、八坂神社を抜けた場所にある円山公園は京都有数の桜の名所として有名なので、お花見と神社を一緒に楽しみたい人は合わせて訪れるのがおすすめです!

ライトアップも楽しめる

毎年、桜が咲く3月には東山エリア全体がライトアップで包まれる花灯路が開催されます。八坂神社もライトアップされ、期間中は南楼門だけでなく境内の灯籠なども点灯しとても華やかな空間に。

祇園から近いこともあり、夜でもたくさんの人で賑わいます。新しい京都の風物詩として定番になりつつあるこのイベントは、3月とはいえ結構肌寒いので暖かい服装がマスト。

八坂神社へのアクセス

車でのアクセス

名神高速京都東ICより車で約20分。40台ほど収容可能な駐車場があります。周辺にもコインパーキングがあり、満車の場合はコインパーキングを利用することも可能。

電車でのアクセス

京阪本線祇園四条駅より徒歩5分です。

バスでのアクセス

JR京都駅より市バスで祇園下車すぐのところです。

住所|〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625
営業時間|24時間
定休日|無休
電話|075-561-6155
公式サイトはこちら