湯西川温泉は平家の落人を癒した隠れ里

公開日:2019/11/21 更新日:2019/11/21

トラベルパートナー:トラベルパートナー: Lily
出身地は東京都。得意なエリアは東京・神奈川、スノーボードが好きで東北方面もよく行きます。海外ならベトナム、トルコが好きで何回でも行きたい!美味しいものも大好きで、行く先々で美味しいお店を探すのが得意です。海外旅行は女友達、家族と、国内なら一人旅も。
人里離れた隠れ里で温泉三昧

湯西川温泉は栃木県にある山深い温泉地です。豊富な湯量でゆったりと癒されるこの地は、かつて平家の隠し湯とされていました。源氏に敗れて落ち伸びてきた平家の落人たちを優しく癒してくれた湯西川温泉、その魅力を御紹介します。

湯西川温泉は平家の落人を癒した温泉

湯西川温泉は平家の隠し湯だった

湯西川温泉はかつて壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家の落人が、体を癒したと言われる温泉です。湯西川渓谷沿いには風情のある旅館や民家が立ち並び、日本古来からの温泉街といった雰囲気を楽しめます。温泉につかるだけではなく、人里離れた渓谷では山の幸を堪能できます。なかでも囲炉裏でじっくり温まりながら食べる落人料理も訪れる人に人気です。

路線バスでの旅もおすすめな湯西川温泉

平家の落人たちの隠れ里と言われるだけあり、山奥にひっそりとあるのが湯西川温泉の温泉街です。もちろんマイカーで訪れるのも便利ですが、あえて路線バスを使って旅するのもおすすめです。同じ栃木県の温泉地、鬼怒川温泉駅から約1時間ほど、バスに揺られて山奥に向かっていくのは旅情たっぷりに楽しめること請け合いです。野岩鉄道の湯西川温泉駅も通るので、鉄道好きの人は両方楽しむのも良いですね。

のんびりと過ごせる温泉街

民宿やこじんまりとした宿が多い湯西川温泉

山深い地にある湯西川温泉には湯治で訪れるお客さんも多く、いろいろなタイプの宿が多くあります。民宿ではアットホームな雰囲気で、囲炉裏料理を楽しんだり、山の幸を味わうこともできます。なかには、シカやクマなどのジビエ料理や新鮮な山菜でもてなしてくれる宿もありますよ。湯西川の清流を眺めながらくつろげるお宿もあり、宿探しの楽しみが尽きませんね。時間が許すなら連泊してゆっくりと自然を楽しむのも贅沢な過ごし方です。

家族風呂も充実している宿が多い

湯西川温泉の民宿では家族風呂を設けているところも多いのが特徴です。内風呂と外風呂を使い分けたり、露天風呂でのんびりしたり、さまざまな楽しみ方があります。泉質はアルカリ性単純温泉で、無色透明、無味無臭です。
刺激が少なく、美肌の湯としても人気があります。たっぷりとした湯量で、宿に泊まらずとも共同浴場を利用することもできますよ。

名物料理も忘れずに楽しもう

湯西川温泉では宿泊施設でいただく料理だけではなく、温泉街の飲食店でも地元料理を堪能できます。中でも湯波料理は人気で、刺身でもよし、煮物でもよしのヘルシー食材です。中でも巻き湯葉はそのまま煮ることができるのでお土産としても人気がありますよ。京都名物の湯葉が「葉」の字を使うのに対し、栃木の湯波は「波」の字を使います。こんなところにも郷土の特色が出ていますね。

冬の名物は雪景色と温泉

雪景色の中の温泉は格別

毎年12月の下旬ともなると雪景色に包まれる湯西川温泉。雪景色を見ながらの温泉は格別です。また、湯西川沿いに古民家が並ぶ平家集落に積もる雪は何とも言えない風情があります。同じ栃木県の温泉地鬼怒川温泉や那須温泉よりも気温が低くなることが多く、旅の準備には防寒対策をしっかりとしてくださいね。

雪灯篭が美しいかまくら祭り

毎年2月に開催される湯西川温泉のかまくら祭りは冬のメインイベントともいえます。温泉街や、河川敷にずらっと並べられたミニかまくらに灯された灯りは幻想的で、死ぬまでに一度は見たい絶景と言われることもしばしばです。メイン会場の平家の里では大きなかまくらが並び、中を見学したり、バーベキューをすることもできます。

湯西川温泉へのアクセス

電車での行き方

東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から日光交通バスで湯西川温泉行きを利用します。およそ1時間程度かかります。

または、鬼怒川温泉駅から野岩鉄道で湯西川温泉駅まで行き、そこからバスを利用します。およそ30分程度かかります。最終バスが早いので、あらかじめ時刻表を確認してくださいね。

車での行き方

東北自動車道宇都宮ICより約1時間です。日光宇都宮道路を約15分、今市ICより国道121号線を鬼怒川・会津方面へ向かい、五十里湖の交差点で湯西川温泉方面へすすみます。

途中に川治ダム、湯西川ダムなどいくつかダムを通ります。間近に迫力満点のダムを見ることができるので、休憩がてら寄ってみるのもおすすめです。

Address 〒321-2601 栃木県日光市湯西川
Hours
Closed
Tel 0288-97-1126 (日光市観光協会湯西川・川俣・奥鬼怒支部)
Web