能登島ガラス美術館でモダンアートに触れる

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: momoume

旅行と温泉大好きな元新聞記者です。石川県の日帰り温泉はほとんど制覇しました。個性豊かな温泉を求めて今は北陸3県を中心に駆け巡っています。車の中には温泉セットが常備されています。北陸の穴場スポット、美味しいもの、道の駅ならおまかせあれ。東南アジア、沖縄にもよく出かけます。

七尾湾の島にある、まんで格好いい建物ねんよ

七尾湾に浮かぶ能登島は、素朴な日本の原風景が残っている小さな島。小さな島のほぼ真ん中、海の見える小高い丘に宇宙船みたいな建物がそびえています。能登島はガラスアートの情報発信基地で、その拠点となるのが石川県能登島ガラス美術館です。ガラスと海がコラボする個性的な輝きは訪れる人を魅了します。

衝撃!ガラス芸術の情報発信基地は宇宙船だった?

曲線美が美しい能登島大橋を渡って島へ

連続日本一に輝く「加賀屋」がある和倉温泉から車で能登島へ。島の濃い緑と青い海のコントラストが鮮やかです。能登島大橋は白くて、カモメの羽を広げて飛んでいるよう。開放感あふれるドライブが楽しめますよ。能登島には、のとじま水族館をはじめ、ガラス美術館、ゴルフ場、キャンプ場などの観光施設があり、一大リゾート地でもあります。

インスタ映えする美術館の外観はUFO伝説がベース?

森を抜けると、丘の上にある丸い物体が目に飛び込んできました。宇宙船が降り立ったような感じです。田んぼと海しかない田舎の風景と、超モダンな建物のコラボ。違和感を感じざるを得ません。石川県の能登にはUFO伝説が多数あるので、それも意識したのでしょうか?超近代的で奇抜な外観に圧倒されます。

ピカソやシャガールなどの世界の巨匠が原案したガラス彫刻も

美術館は、平成3年にガラスアートの情報発信基地として開館しました。建物の中も至る所にガラスが使われています。国内外で活躍しているガラス作家の造形作品、中国・清朝時代のガラス作品やピカソやシャガールといった世界的な巨匠の原案により、イタリアで制作されたガラス彫刻を常設展示しています。定期的に企画展も行われ、情報を発信し続けています。

宇宙的で斬新な建物自体が鑑賞対象になっている?

美術館は、日本を代表する建築家・毛綱毅廣(もづな きこう)氏が設計しました。ガラスとヒト、宇宙、自然が共生した建物には色んな仕掛けが施されています。奇抜な建物自体を見に来る建築家や建築を勉強している大学生も訪れるそうですよ。屋外には、14名の作家によるガラス彫刻も展示されており、無料で見ることができます。

宇宙船に乗ってのんびりお茶した気分になろう

階段一つにしても凝った造りです。展示コーナーごとが別の世界へ迷い込んだような錯覚がします。ガラスの使い方でこんなに雰囲気が変わるなんて、驚きです。ガラス作家によるオリジナルの作品の販売コーナーやカフェもあるので、のんびり田舎の風景を見ながら宇宙船に乗った気分を楽しんで下さい。

ガラス美術館の野外オブジェは触って楽しんで

能登島ガラス美術館の醍醐味は、野外オブジェです。青い空と太陽の下、キラキラ光るガラスのオブジェは近未来的でもあります。「どうしてこんな田舎でポップなオブジェがあるの?」と正直頭をひねりたくなります。野外オブジェは触ることもできますよ。インスタ映え写真も狙えますよ。潮風に吹かれながらガラスと触れ合う。開放感あふれる能登島でしか体験できない感動です。

帰りは遠回りしてツインブリッジを渡りましょう

能登島ガラス美術館は小高い丘の上にポツンとあります。美術館の喫茶室では、軽食は可能ですが、本格的に美味しいものが食べたくなったら、駐車場を共有する道の駅がおすすめです。野外の階段は滑りやすいのでご注意ください。能登島はぐるっと一周しても30分もかかりません。青い海と田舎の原風景がほっこりさせてくれます。島にはコンビニが一軒しかないので、ご注意ください。能登島の一番奥に、野生のイルカが家族で定住しています。見える確率が高いので、時間があれば足を運んでください。

能登島ガラス美術館へのアクセス

車でのアクセス

のと里山海道徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換えて和倉ICで降りる。和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進約10分。

駐車場は、美術館入口前 (普通車 14台/障害者専用 2台)と
道の駅のとじま共同駐車場(300台)があります。いずれも駐車無料。

電車とバスでのアクセス

JR金沢駅から七尾線に乗り換えて和倉温泉駅へ。
能登島交通 路線バス 曲(まがり)線「のとじま臨海公園ゆき」に乗車し、「美術館前」で下車。バスの本数は少ないです。

住所|〒926-0211 石川県七尾市能登島向田町125−10
営業時間|9時~17時
定休日|毎月第3火曜日(祝日の場合その翌日) 年末年始(12月29日~1月1日) 
電話|0767-84-1175
公式サイトはこちら