日本の聖地・戸隠中社でみなぎるパワーをいただく

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: momoume

旅行と温泉大好きな元新聞記者です。石川県の日帰り温泉はほとんど制覇しました。個性豊かな温泉を求めて今は北陸3県を中心に駆け巡っています。車の中には温泉セットが常備されています。北陸の穴場スポット、美味しいもの、道の駅ならおまかせあれ。東南アジア、沖縄にもよく出かけます。

お参りして、食べて、歩きて、木に触れてパワーを頂く

神話や日本の歴史を紐解くと、ますます奥深く引き付けられるのが長野県の戸隠神社です。日本有数の聖地で、戸隠エリア全体がパワースポットとなっているのですが、中社(ちゅうしゃ)はその中心です。中社の周りには人気のお蕎麦屋さん、土産物店が多く立ち並び、華やいだ雰囲気も。パワーをもらいに戸隠神社中社を訪れました。

日本の聖地戸隠中社でみなぎるパワーをいただく

お参りして食べて歩いて木に触れて戸隠をまるごと体感

「天岩戸(あまのいわと)」が飛んできて誕生した戸隠山を中心に開山された戸隠神社は、中社のほかに、奥社(おくしゃ)、宝光社(ほうこうしゃ)、火之御子社(ひのみこしゃ)、九頭龍社(くずりゅうしゃ)の5社からなり、創建2000年以上の歴史を誇っています。太古の昔から日本有数の聖地として知られ、全国から参拝客が訪れています。訪れた日は平日だったのですが、駐車場に観光バスが何台も停まっていました。人気のほどが伺えます。

大鳥居近くには人気のそば屋さんも!

大鳥居の右側には、戸隠そばの店や宿坊が並んでいます。戸隠中社は戸隠5社の中心部に当たるため、お土産物屋さんなどがあり、にぎやかな雰囲気。大鳥居脇にある人気のお蕎麦屋さんは長い行列ができていたので入るのを断念し、お土産物屋さんで紹介してもらったお店に入りました。地の物を食べると土地のパワーが頂けます。

知恵の神様は天岩戸を開くために知恵を授けた?

境内には、志望校合格、開運と書かれた絵馬が掲げられています。それもそのはず、中社のご祭神は「天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)」。天照大神が天岩戸にお隠れになった時に、八百万の神様に天岩戸を開くための知恵を授けたことから、「知恵の神様」「学問・受験の神様」として知られています。

樹齢800年の三本杉に触れてパワーをもらおう!

石段の前にとてつもなく大きい杉を発見しました。独立した杉の木が、3本並んでいるのではなく、なんと1本の杉が三又に分かれていました。太さも3本分のため、とてつもない太さです。ちなみに三本杉には触れることができます。外国人のチビッ子2人が両手を広げて、木に抱き付いていました。樹齢800年の「生命力」を手で感じ取りましょう。

御神木、滝やさざれ石からもパワーをもらおう!

拝殿の正面に、樹齢700年の杉の巨木があります。「御神木」の表札があるので、見過ごす心配はありません。太さ約7mだそうで、残念ながらこちらは触れることはできません。700年前から中社を見守り続ける大木です。畏敬の念を感じます。拝殿の脇には、滝が流れ落ち、さざれ石もあります。滝もさざれ石もパワースポットなので、ぜひお立ち寄りください。

本殿隣の授与所で御朱印は必ずもらおう!

本殿に向かって左側にある建物が、お守りや御朱印を頂く社務所となっています。社務所と本殿との間に、絵馬を掲げるスペースがあります。玉を持った龍の手の形をしたキーホルダーを購入しました。

時間のない方は戸隠中社だけでも大丈夫!

戸隠全体がパワースポットで5社巡りで、戸隠のパワーを頂くのがおすすめですが、時間がとれない方は、戸隠中社だけでも十分にパワーを頂けますよ。日本有数の聖地は訪れて初めてその場のすごさに気づきます。ぜひ足をお運びください。

戸隠中社へのアクセス

車でのアクセス

長野インターチェンジを降りて、県道506号線(戸隠バードライン)を経由して約1時間。途中、道幅が狭い道や、急な坂道があるので、お気を付けください。神社ごとに無料駐車場があります。

バスでのアクセス

JR長野駅前7番ターミナル(アルピコ交通 長野駅前総合案内所の前)からバスで1時間。「戸隠高原フリーきっぷ」2,600円がおすすめ。戸隠一体は、何度も乗り降り自由で、蕎麦屋や博物館などが割引になります。JR長野駅の戸隠行き7番バスターミナル前「アルピコ交通 長野駅前案内所」の窓口でお求めください。

住所|〒381-4101 長野県長野市戸隠中社
営業時間|なし
定休日|なし
電話|026-254-2001
公式サイトはこちら