修禅寺は伊豆八十八ヶ所霊場巡りの結願の札所スポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

修善寺温泉街に佇む修禅寺は弘法大師が開創したと言われる由緒あるお寺だら~

何度も足を運びたくなるほど興味深いお寺、修禅寺。修善寺の温泉街にあるため温泉旅行ついでに立ち寄りが可能。ペットと一緒に参拝が可能のためぜひ、思い出作りに楽しんでください。そんな修禅寺をご紹介します。

弘法大師が開創した由緒ある寺

温泉街に佇む修禅寺

平安初期の807年、弘法大師が開創したと言われる、修禅寺。伊豆修善寺の温泉街に位置し観光客のみならず地元民からも愛されるお寺。その理由は季節の催しに秘密あり。内容については後程、ご紹介いたします。

修禅寺の歴史は長く、1200年以上と言われ奥深くそして興味深い見どころがいくつもあります。そんな魅力に興味ひかれる人が多く何度も足を運ぶほど。観光ついでに立ち寄っても楽しめるスポットです。

修禅寺の見どころをご案内

花の香り漂う「山門」

こちらが修禅寺の山門となります。階段には1年通して左右に花が置かれ華やかな印象です。そのため、花の香りを楽しみながら階段を登り境内へと入っていきます。

階段は23段と多くはないため、年配の方や体力に自信がない方でも登ることができますよ。周囲にある木々や花々を見ながら登れば、アッというまに山門へ到達するので頑張ってください。

まず出迎えてくれるの「金剛力士像」

修禅寺にある金剛力士像は全国でもまれな藤原時代の作。一木彫りで像高は183cm、作者は不明。夜にはライトアップされるため、より迫力ある金剛力士像が見られます。

昔の修禅寺は広大で総門まで約2km。金剛力士像はそこで寺を守護していたが、明治初め頃に総門が無くなり指月殿に安置されることになりました。その後、2014年に山門を改修した際、仁王堂が新設され、また山門で守護できるようになったという歴史があります。

人気の秘密は催しにあり

観光客のみならず地元民から愛される修禅寺。その愛される秘密は催しにあり。年間行事が盛りだくさんで多くの方が楽しめる内容となっています。

2月は節分、4月は春季弘法忌、7月は頼家まつり、8月は盆踊りと秋季弘法忌、11月は御本尊特別拝観と桂谷八十八ヶ所、冬至は星まつり、12月は除夜の鐘と催しが盛りだくさん。撮影の当日も地元食材や骨とう品が買える催しが開催されていましたよ。

まずは参拝前のお浄め「手水舎」

修禅寺は温泉街にあるお寺。そのため、ここの手水舎の清める水は他のお寺とは違います。なにが違うのかと言いますと、温泉なんです。温度は熱すぎずぬるすぎずの適温。冬でも楽しく手、口を清めることができておすすめ。

さらに、ここの手水舎の温泉水は飲料として飲むことができます。体の中まで清める場所はなかなかありませんよね。観光客からも人気がありペットボトルに入れて持ち帰る方もいました。

真っ直ぐ延びた石畳の先にある「本堂」

山門をくぐり真っ直ぐ延びた石畳の先には、立派な本堂あり。四季折々の木々に囲まれており、季節によりその表情は様々。春には枝垂れ桜や山桜、夏には豊かな青葉の清々しさで満たされます。

お寺と言うと暗い、怖い印象を持たれる方が多いと思いますが修禅寺はそんなことありません。桜、紅葉など楽しめるためデートにも最適ですよ。撮影当日も若いカップルが多く修禅寺を楽しんでいました。

御朱印がいただける「寺務所」

本堂向かって右手には寺務所があります。そこには御守りはもちろん、御札などいただくことができます。そして一番のメインとなるのが御朱印。修善寺の中でも有名なお寺であるのため人気があり、平日でも列を作っているほど。

まずは、参拝等済ます前に寺務所へ寄り御朱印帳をお渡ししておくと待ち時間なくいただくことができるのでおすすめ。字も達筆で好評のようです。

修禅寺へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車を通行しR136、R414へ乗り換えます。その後、修禅寺ICでR18に乗り直進すると右手に現地となります。約40分。

無料駐車場は完備されておらず、近くに有料駐車場を複数あるためそちらをご利用ください。平日や週末、特にイベントなど開催されている日は混雑が予想されるため、早めの到着をおすすめします。

住所|〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺964
営業時間|なし
定休日|なし
電話|0558-72-0053
公式サイトはこちら