軍艦島は長崎の言わずと知れた有名スポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

進撃の巨人の撮影にも使われたんよね

長崎県にある端島、通称軍艦島は明治から昭和にかけて海底炭鉱で栄えた島です。全盛期は東京を越える人口密度の島でした。現在は廃墟好きがクルーズを利用して訪れる観光地として、長崎の経済を支えています。

忘れ去られた島「軍艦島」

島全部が廃墟となっている

日本の産業が発展し、石炭が黒いダイヤと呼ばれていた時代を支えていたのがこの軍艦島です。その後無人島となり、現在は廃墟ブームによりふたたび人気のスポットとして知られています。他にも物語の舞台となったり、映画の撮影が行われたりと何かと話題になる場所。行くのは大変ですがその分、実際の島はとても魅力的で、廃墟好きでなく、好きな作品の聖地巡礼などがしたい人も一度行ってみて欲しい場所です。

その光景はとても興味深い

軍艦島は大迫力の島

軍艦島は2015年には国際記念物遺跡会議によって「明治日本の産業遺産 鋼鉄、鉄鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産として登録されました。

全盛期は日本の産業を支えていたと言っても過言ではない軍艦島。そんなかなりの人口密度を誇り、栄えていた島が現在は廃墟となっている姿はかなり迫力があり、歴史の儚さを感じさせる面白い光景ですよ。

当時を想像させる建物

昔は島内には炭鉱関連施設やそこで働いていた人々の住居、公共施設などが所狭しと並んでいました。しかし今は閉山の頃に壊されてしまったものや、長い歳月で自然と劣化し壊れたものがほとんどです。

中にはパチンコ店などの娯楽施設だけでなく遊廓までもあったという島、当時の人たちがこの島で暮らしていたことが伝わります。

日本最古のRC建築

軍艦島には日本初の鉄筋コンクリートのアパートもあります。この歴史的な価値がある建物は、労働力が必要とされるこの島に省スペースでたくさんの人が住むために作られた縦型の長屋のようなものでした。

風呂や炊事施設が共同なのに、アパート内に郵便局や保育園があったりと現在の感覚で見れば非常に不思議で面白い建物になっています。

楽しみ方もいろいろ

夕方の時間帯も見頃

上陸するだけが軍艦島の楽しみ方ではありません。遠くから見るだけでも、その迫力や独特の雰囲気を楽しむことができます。写真撮影などにもおすすめで、特に美しいのが夕方です。

真っ赤に染まる産みと黒っぽい島のコントラストが映える時間でSNSにも素敵です。海に浮かぶその美しさと寂しさが融合した軍艦島、是非一度見てみてください。

近くではお土産も販売されている

長崎の名所となった軍艦島、だからこそ長崎を訪れた時には上陸の有無に関係なくお土産が買えたらと思う場所です。長崎には軍艦島をモチーフとしたお菓子や雑貨などのお土産がたくさん売られています。

お菓子には軍艦島で産出されていた石炭を使ったものが多く、食べ物にに色は真っ黒。この島らしさを感じれておすすめです。また雑貨も豊富で選びがいがありますよ。

上陸ツアーやクルージングツアーも

軍艦島を近くで楽しみたい時は上陸ツアーや周遊ツアーを利用しましょう。すぐ側で見る軍艦島は迫力があり、その凄さに驚くこと間違いなしです。

ツアー会社により上陸率が違うことがあり、また上陸ツアーは気候や安全が確保できない時には行われていませんので、事前にしっかり調べて予約してから行くことをおすすめします。

軍艦島へのアクセス

船を利用する場合

軍艦島には飛行場はなく、島までいく手段は船に限られます。昔は禁止されているのにタクシーを利用して侵入する人も居ましたが、現在は条例により禁止され、公式のクルーズを組んでいる会社の船を利用して上陸する形です。

島自体を本土から見ることはかなりの範囲で出来ますし、海に写る菅田も綺麗ですよ。

住所|〒851-1315 長崎県長崎市高島町端島
営業時間|24時間
定休日|無休
電話|095-829-1314
公式サイトはこちら