防災のイロハを学べる池袋防災館を徹底解説!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: ybaba

北海道出身。現在は東京都に在住しており、都内のマイナースポットの魅力を伝えるべく執筆しています。旅行では中国・四国地方、瀬戸内海沿岸に足を運ぶことが多く、澄み切った海や雄大な自然の姿を眺めるのが好きです。友達が各地に散在していることや、リゾートバイトの経験もあり、47都道府県の訪問になぜか成功しちゃってます。景色・グルメ・レジャーなどこれまで自分が体験してきたモノを、少しでも多く伝えられればなと思います。

災害が多い今だからこそ足を運びたいスポットです。

地震や台風など災害が多い日本。深い爪痕を残した台風19号の脅威は未だ記憶に新しく、今日人々の防災意識は高まりを見せつつあります。しかしいざという時に役立つ、確実な知恵を身についている人はどれほどいるのでしょうか。池袋防災館では、東京消防庁が監修するプログラムを通じて、災害時の危険に対処する方法を実践形式で学ぶことができます。当所へ足を運んだことで、災害への心構えを再認識するいい機会にもなりました。今回はそんな池袋防災館について徹底解説していきたいと思います。

池袋防災館とは?

東京消防庁が運営、入場料は無料

池袋駅から徒歩5分圏内にある池袋防災館は、東京消防庁が運営する防災センターです。町内や自治会の方はもちろん、事業所や企業の社員研修でも利用され、様々な災害・救助シチュエーションを想定した、実践的な防災教育を提供しています。体験コーナーだけでなく資料や見学コーナーも充実しており、見応えは十分。入場料は無料なので、誰でも気軽に防災の知識を学ぶことができます。

地震・人命救助など様々なシチュエーションにおける防災体験

館内には地震、火事、救急など多くの災害・防災体験コーナーを敷設しており、東京消防庁スタッフの指導のもと、シミュレーション形式で体験プログラムが行われます。プログラムには動画やアニメーションを用いた解説も多いので、初心者や子供の方でも、簡単かつ楽しく防災方法を学ぶことができます。館内ではスタンプラリーも催しており、施設を堪能できるような計らいが随所に見られます。

また防災体験ツアーや、親子・小学生を対象にしたイベントも定期的に開催されており、日頃から防災意識を高めるための取り組みがなされています。

池袋防災館の見どころ

震度7を体感できる地震体験コーナー

色々な災害体験コーナーの中でも、とりわけ衝撃を受けたのがこの地震体験コーナー。地震の揺れの強さと、そこから適切な防災方法を学ぶことができます。東日本大震災を再現したという震度7の揺れを体感し、その脅威を再認識しました。さらにモニターには地震発生時の状況が映し出されており、当時の凄惨な光景を目にすることで防災の大切さを今一度実感しました。地震体験後はスタッフの方の指導のもと、防災知識の共有や家内における護身の練習を行いました。

実践的な対処を学ぶ消火コーナー・人命救助コーナー

消火コーナーでは、東京消防庁の方が消火器の使い方についてレクチャーしてくれます。その後は指示に従って実際に消火器を使用し、スクリーンに映る火を消火する体験プログラムを行いました。海外の観光客の方も多く、日本の防災意識の高さは世界でも評価されているのだなと感銘を受けました。

人命救助コーナーでは、動画による解説のもと、人形を使った救助シチュエーションを体験。転倒したブロック塀からの救助・救出方法を実践形式で学びます。声かけから心臓マッサージまで、人命救助に直結する効果的なメソッドを会得することができました。

見学コーナーも充実

体から学べる体験コーナーも素晴らしいですが、自由見学コーナーも充実しており、様々な角度から防災のノウハウを汲取することができます。その一つである防災ゲームコーナーではコントローラーを持ちゲーム形式のプログラムをこなすことで防災の知識を深められます。

消防団や災害時支援ボランティアの資材が展示された地域防災力コーナーもあり、実際の救護活動に使われる資材、防護服について見識を深めることができました。

こちらは緊急時における119番通報の体験コーナー。実際の緊急事態を想定した119番通報の工程を学ぶことができます。モジュールはタッチパネル式で、ゲーム感覚でわかりやすくプログラムが指導してくれます。

入口にある救急車やポンプ車の記念撮影コーナーは、子供連れのお客さんや団体の外国人観光客の方に人気なようです。震災以降、日本の防災に対するセンシティブな感覚は世界中で高評価を受け続けているとのこと。そんな防災の最前線を体感できる池袋防災館は興味深い見どころが満載です!

池袋防災館へのアクセス

電車でのアクセス

池袋駅(南口・西口・メトロポリタン口)から徒歩5分

住所|〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-37-8
営業時間|AM9:00-PM5:00 (毎週金曜日はPM9:00まで)
定休日|毎月第1火曜日、第3火曜日及び第3火曜日の翌日 (国民の祝日に当たる場合は翌日になります。) 年末年始(12月29日~1月3日)
電話|033-590-6565
公式サイトはこちら