ストラスブール大聖堂はアルザスいちのゴシック式大聖堂

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Chika

神戸出身。出張で行くドイツ、フランス、イギリスなどを中心に執筆します。もっぱら一人旅ばかりで、主に美術館や教会など古い建物を巡るのが大好きです。

ストラスブール大聖堂で最高峰のゴシック建築を堪能!

ストラスブール大聖堂はフランス東部のアルザス地方の町ストラスブールのシンボル的存在。ゴシックの大聖堂の荘厳な姿をその目に焼き付けて!

ストラスブール大聖堂を知る

元世界一の高層建築

ストラスブール大聖堂は、フランス東部、ドイツの国境に近いアルザス地方のもっとも有名なキリスト教建築のひとつです。建設は1176年に始まり、途中何度も中断を挟みつつ、1439年に北塔が完成し、今の姿になりました。一時は世界一高い建物だったこともあるほど、この大聖堂はゴシック式聖堂の中でも重要な建築物です。

ストラスブールはドイツとフランスの間でたびたび領土争いの中心になり、第二次世界大戦では大聖堂の一部が破壊されました。しかし、1990年代になってようやく修復が完了し、今でもほぼ建築当時のままの姿を見ることができます。

ストラスブール大聖堂のここに注目!

町のどこからでも見えるバラ色の大聖堂

ストラスブールの旧市街に入れば、町のどこにいても大聖堂が見えることに気づくでしょう。ふとした路地や近くの建物の屋根の上に、不意に見える大聖堂の姿に、期待がきっと膨らみます。他の建物と比較してみると、そのスケール感に圧倒されてしまいます。自分だけのお気に入りのビューポイントを見つけるのも楽しいですよ。美しい旧市街の街並みを楽しみつつ、ゆっくり大聖堂に向かいましょう。

ちなみに、ストラスブール大聖堂の美しいバラ色は、この地方で採れる砂岩の色です。青空に映えて美しく光り輝く姿は最高にフォトジェニック!ぜひ晴れた日に訪れてください。

繊細な彫刻がほどこされた西正面

大聖堂の入り口は西正面。ゴシック建築の粋を集めた繊細な装飾は、石でできているのが信じられないほどです。中央扉の上にはキリストの受難の物語が表されています。首が痛いですが、よく見てみると磔刑像などが見えるはずです。

ところで、西正面の左側には塔がありますが、右側にはありません。当初は建設予定でしたが、資金難や戦争のために度々中止され、ついに完成することはありませんでした。この不均衡さが逆に美しさを高めていると思いませんか。

外から見ても中から見ても薔薇窓は美しい

ゴシックの大聖堂では聖堂の左右の張り出し部に薔薇窓があるのが一般的ですが、ストラスブール大聖堂では中央入り口の真上にあるのが特徴です。そのため、外側から見た薔薇窓と内側から見た薔薇窓をじっくり見比べることができます。

外から見た薔薇窓は、まるでレース細工のように入り組んだ網目状の石組みが放射状に並び、見つめていると迷宮に迷い込んだよう。ところが、大聖堂に一歩入って振り返ると、内側から見た薔薇窓は白から青、そして黄緑に変化する夢のような光へと変化します。内と外のギャップに驚きです。

深い森にいるような静謐な気持ちになれる

薔薇窓の美しさを堪能したら、次は身廊とよばれる大聖堂のもっとも広い空間に向かいましょう。柱が林立する大空間が人の手だけで作られたなんて、信じられませんよね。ゴシックの大聖堂はしばしば森にたとえられます。いつもたくさんの観光客がいますが、それでも静かな気持ちになれる、不思議な空間です。

聖堂内には側廊と呼ばれる身廊の左右にある空間、そして内陣とよばれる祭壇が置かれた聖なる空間など、見所がここには書ききれないぐらいたくさんです。付属の博物館もありますので、じっくり観光しましょう。もちろん、信者の方への配慮は忘れずに。

天文時計が動くのを見よう!

内陣に向かって左側、少し南に張り出した部分に、ストラスブール大聖堂の一番の見所である天文時計があります。元々1352年に制作された時計がありましたが、1547年に新しい時計の制作が開始され、1571年に完成しました。天文時計の名前のとおり、時間のほかにも月の満ち欠けや惑星の位置を表すことができ、精巧さでは世界でも比類がないものです。

毎日12:30に仕掛け時計が動くのを見ることができますが、とても混むので早めに行って待ちましょう。

12月にはクリスマスマーケットも

クリスマスシーズンのお楽しみといえば、最近は日本でもおなじみのクリスマスマーケットです。ここストラスブールは長い間ドイツ領だったこともあり、盛大なクリスマスマーケットが開かれます。もちろん大聖堂の中にはマーケットはありませんが、その周囲はホットワインやクリスマスの飾りを売る店で大盛況。

聖堂内でもクリスマスの飾りや、写真のようなイエス様誕生の様子を再現した素朴な人形が出され、ムード満点です。ハイシーズンだけにホテルも飛行機もお高いですが、ぜひお財布と相談しつつ訪れてください!

ストラスブール大聖堂へのアクセス

徒歩で

ストラスブール駅からは徒歩で約20分。旧市街の街並みを眺めつつ、ゆっくり散歩するのがおすすめ。

トラムで

ストラスブール駅からトラム(路面電車)でもアクセス可能です。トラムA・D線に乗り、ラングストロース・グラン・クリュ(Langstross/Grand Rue)駅で下車。駅からは徒歩6分。全体で約20分。

住所| Place de la Cathédrale, 67000 Strasbourg,
営業時間|7:00~19:00
定休日|なし
電話|なし
公式サイトはこちら