道の駅むなかたは海の側にある充実のサービスエリア

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: AO

福岡生まれの福岡育ち、九州周辺を旅行することが多いです。 お寺や神社が好き。子供と遊べるような公園や動物園などもよく利用します。

行列が出来るサービスエリアなんよ

世界遺産になった宗像大社で有名な宗像市。そんな宗像市にある「道の駅むなかた」は規模が大きく、様々なものが揃う人気スポットとして近年有名になっています。

大規模で充実のサービスエリア

海のすぐ側の道の駅

道の駅むなかたは、「安全」「交流」「発見」をコンセプトに作られた道の駅です。農協や漁協、商工会議所などが共同で運営しています。

地域の交流を目的としているのでイベントなども多く、直売所では地元の食材が数多く置かれており、レストランも地域独特の料理や食材が楽しめる場所になっているなど宗像らしさに溢れたスポットです。

手軽に行けるグルメスポット

玄海の美味しい恵み

「道の駅むなかた」の最大の売りは何と言っても玄海から取れる魚介類です。直売所の3分の1を占める、広い面積にその日にとれた新鮮な魚たちが並びます。

ホームページからも入荷状況の確認が出来るので、欲しいものがあるか確認して見てください。レストランでも新鮮な魚を使った丼やお刺身を使ったお茶漬けセットなどが食べられて、そちらも絶品です。

可愛い宗像のお菓子

ここにはたくさんのオリジナルのお菓子が置かれていますが、おすすめは宗像たまごボーロです。普通のたまごボーロより大きく、食べごたえがあるこのお菓子は2018年の秋に登場し半年ちょっとで1万袋も売り上げた人気商品。大人がハマるとの紹介通り、サクサクしつつも口熔けがいい食感と宗像卵のしっかりとした味わいは子供だけでなく大人でもハマる逸品です。

九州各地のご当地ソフトが楽しめる

テイクアウトメニューの軽食も充実しています、買って帰り近くの海などで食べるにはピッタリ。メニューはコロッケや唐揚げなどメジャーなものですが、ご当地食材を利用した本格的な味です。

特に九州各地のソフトクリームは美味しく、おすすめです。私は宗像と言うか福岡とは違ってしまいますが、小国ジャージーミルクが濃厚で絶品で好きでした。

たくさん遊べる道の駅

手作りアクセサリーなどもある

お土産館には宗像独自の商品がたくさん並び、お菓子から海鮮加工品までお土産におすすめの商品が売られています。それだけでなく作家さんが作った手作り雑貨やアクセサリーも販売されています。またマルシェなどのイベントも開催されており、その時期にはさらにたくさんの雑貨や衣服などおしゃれで珍しいものが見つかりますよ。

イベントも充実の道の駅

この道の駅はイベントが数多く行われており、その種類も少し変わっています。中でも面白いのが生の音楽が楽しめる「潮騒ライブ」です。ジャズやピアノなどその時々で違った種類の音楽が、道の駅むなかたに流れます。

他にも移動動物園も含む子供向けイベントやおしゃれなマルシェなど種類が豊富。こまめにチェックして興味があるものを逃がさないようにしましょう。

爽やかな潮風に包まれる

道の駅むなかたの立地は本当に海に近く、すぐ近くにはシャワーが設置された海浜公園もあります。ついでに水遊びをしようと思ったら簡単に楽しめる場所です。他にも道の駅で買い出しをしてそれらを海岸ピクニック気分で食べるのもおすすめです。美しい玄海の海は夏はもちろん、泳げないシーズンに見て楽しむのも良いですよ。

道の駅むなかたへのアクセス

車を利用する場合

古賀インターチェンジ・若宮インターチェンジどちらからも30分程度で着きます。駐車場は大型含めて164台とたくさんあるように思えますが、すぐ埋まってしまうので早めに行くことをおすすめします。

バスを利用する場合

天神からは特急バスが便利です。道の駅内に乗り入れがあるバスが出ています。JRの場合は東郷駅で降りそこから西鉄バスで牟田尻まで行くのが近いでしょう。

住所|〒811-3502 福岡県宗像市江口1172
営業時間|施設により異なる
定休日|第4月曜日・8月15日~8月17日・12月31日~1月5日 他
電話|0940-62-2715
公式サイトはこちら