毘沙門堂勝林寺は美しくなりたい人必見のお寺!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Maayu

子供とお出かけするのが好きな二児の母。動物とのふれあいや自然を感じれる場所がお気に入り。今気になるお出かけ先はパワースポット巡りや絶景巡りなど。

美と勝利のご利益がいただけるんどすえ

御朱印巡りでも人気のある毘沙門堂勝林寺は、こじんまりとした小さな神社ですが見どころはたくさん。フォトジェニックな景色が楽しめるので素敵な写真を撮りたい人にも必見の勝林寺をご紹介します。

毘沙門堂勝林寺についてご紹介

1500年続く歴史ある古社

京都有数の名寺・東福寺の隣に立つ毘沙門堂勝林寺は、東福寺の塔頭寺院のひとつで勝負運や財運、美徳などのご利益が得られる神社として知られています。

親寺である東福寺の鬼門とされる北方に位置するため、北方や仏法を守る東福寺の毘沙門天といった名称で呼ばれることも。

境内では坐禅や写経体験などの貴重な体験ができます。さまざまな体験を通して自分を見つめなおしたい人にもおすすめ。また、カラフルな御朱印や御守りをはじめ、フォトジェニックな撮影スポットも多く話題のスポットになっています。

毘沙門堂勝林寺でのおすすめの過ごし方とは

美しい花手水がお出迎え

勝林寺のフォトスポットとして注目を集めているのがこの花手水。カラフルで大輪の花が贅沢に敷き詰められた手水舎で、四季折々の花が楽しめます。私が訪れたときはアジサイが添えられていました。また、境内には花を浮かべた鉢なども置いてあり、境内は華やかで美しい雰囲気に。

この花手水は正月やイベント時に見れることが多く、一年中見れるわけではないので事前に公式HPで確認してから行かれることをおすすめします。

本堂が美しい景色の中に佇んでいる

東福寺に比べて小さな境内では本堂が存在感を発揮しています。本尊の毘沙門天を祀ることから勝運・財運などのご利益が得られると言われています。ここはかの有名な武将・上杉謙信も勝利祈願に訪れたこともある由緒正しい場所。

本堂の周りには季節を彩る木々が植えられており、春には桜、初夏には蓮、秋にはカエデなど一年を通して目を楽しませてくれます。コンパクトながらも品の良い庭園が必見です。

御朱印はいただいた時に嬉しい気持ちになれる

勝林寺では珍しい御朱印がいただける寺として知られるようになり、勝林寺という名前も御朱印巡りをしている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。

他の寺院では見かけないような特別感のある御朱印はいただいた時の嬉しさも格別。季節ごとに台紙の色が変わる御朱印や本尊の毘沙門天のシルエットが描かれたオシャレな御朱印、花手水をイメージした豪華な台紙までバリエーション豊富なのでじっくり選んでみては。

可愛い御守りを手に入れよう

フォトジェニックな景色にオシャレな御朱印、勝林寺はそれだけでなく可愛らしい御守りも人気。特に人気があるのがこの美守です。女性に美と幸福を授けると言われている吉祥天の美守で、お守りを求めて訪れる女性も多く休日は特に賑わっています。

美守は白色、桃色、黒色、朱色、藤色といったカラーの中から選べるのできっとお気に入りが見つかりますね。

坐禅体験で己と向き合う

坐禅体験に写仏体験、聞香体験などさまざまな体験ができる勝林寺では体験目的に訪れる人も多い。何か体験してみたいと思っている人にはまず坐禅体験がおすすめです。

坐禅では心と身体を整えることができ、自分自身と向き合うことができる貴重な体験が評判。丁寧に作法を教えてくれるので初心者でも安心で体験後にはお茶も振る舞われます。体験には事前予約が必須です。電話やHPでも受け付けているので気軽に問い合わせてみましょう。

秋の特別拝観に合わせて訪れるのもおすすめ

普段は見れない秘仏が見れる

本尊の毘沙門像など普段は拝観不可の秘仏が、年に一度公開される秋がイチオシ。この期間、境内には吉祥天が宿るとされる美しい紅葉に包まれます。訪れる女性に美徳や良縁を授けてくれるそう。せっかく訪れるなら美のパワーを得られるので是非。

勝林寺の隣にある親寺の東福寺ほど勝林寺の紅葉はそこまでメジャーではないので穴場の紅葉スポットでもあります。ゆっくり紅葉を楽しみたい人にも。

毘沙門堂勝林寺へのアクセス

車での行き方

第二京阪道路の鴨川西出口より車で約3分ほど。30台収容可能な無料駐車場があります。秋の特別公開時には駐車場が閉鎖されて利用できない時期がありますので注意。

公共交通機関での行き方

京阪電車またはJR奈良線の東福寺下車、徒歩で約8分ほど。

住所|〒605-0981 京都府京都市東山区本町15-795
営業時間|AM7:00-PM16:00
定休日|なし
電話|075-561-4311
公式サイトはこちら