大威徳寺は美滝と紅葉名所で知られる牛滝山麓の葛城修験霊場!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: bee

私の出身地は大阪です。在職中は国内各地を仕事でまわりましたが、今は気のむくままに向かう小さな旅先で出会う風景写真を撮り楽しんでいます。新緑映える山尾根歩きや古人訪ねる歴史探訪の旅が気に入り面白いです。

大威徳寺ん紅葉と山肌から落硫すっ一ノ滝や二ノ滝は秋ん風物詩

牛滝山の裾野に佇む紅葉名所の大威徳寺は役行者が開創された古刹で、別名に牛滝寺で親しまれています。古く葛城修験道の一霊場で側には、修験道「葛城二十八宿」の龍の宿と峰の竜王を祀る和泉葛城山の麓にあります。山深い遊歩道を歩き出合う「三の滝」は古に学僧・恵亮が修行中、牛に乗る大威徳明王が現れた滝です。明王像を彫り本尊として安置したのが寺名の由来で、後に弘法大師がこの地で修行し多宝塔など建立されています。

牛滝山大威徳寺とは

紅葉眩しい大威徳寺の山門

役行者が開創と伝えられる天台宗の大威徳寺は、泉州屈指の紅葉名所として有名で大阪府の名勝に指定される山岳寺院です。山肌が秋色に染まる境内の紅葉は綺麗な赤黄緑色グラデーションで、彩り豊かな紅葉トンネル抜ける境内の散策は緩い山道です。

境内沿いに流れる牛滝川の渓谷も紅葉スポットで、渓流歩道から眺める美滝の落硫と紅葉コラボレーションが楽しめます。11月の紅葉時期には写真撮影会や、地酒や和菓子販売などの人気イベント「牛滝山もみじ祭り」が催されます。

大威徳寺の境内

境内の歌碑と牛像

紅葉被る山門をくぐるモミジの木々に包まれた境内入口は、逆光に煌めく紅葉の写真スポットで牛滝山由来の牛像が紅葉楽しむ参拝者を出迎えます。牛に所縁を持つ大威徳寺のご本尊は神にわされた牛にまたがる大威徳明王で、五大明王の中では唯一坐っている明王の六面六臂六脚のお姿です。
大威徳とは閻魔のような死の神をも倒すパワー持つ「大きな力を持つ者」と言われ、人気物語・西遊記に登場する牛魔王が大威徳明王のモデルとも伝えられます。

しあわせ地蔵と愚痴聞き地蔵並ぶ境内

境内入口に並ぶ可愛らしいお地蔵は「しあわせ地蔵」と愚痴きき地蔵で、手を合わせる参拝者も多いです。大師堂傍の一丁地蔵のお地蔵さまは和泉葛城山コースに向かう登山口で、境内から和泉葛城山上ブナ林の三十一丁地蔵までの登山道です。

一丁毎にお地蔵さまと出会う「一丁地蔵道」は江戸時代に一丁(約109m)ごとに置かれる丁石地蔵で、二十一丁石道の21体目地蔵までは急な登りですが和泉葛城山に向かう紅葉ハイキングが楽しめます。

大威徳寺境内の建造物

第十番経塚の奥にある鐘楼

愚痴きき地蔵を過ぎて多宝塔の手前に、年末に除夜の鐘を突かせてもらえる梵鐘吊り下った鐘楼があります。中世に栄えた山寺は豊臣秀吉時代の根来攻めで多宝塔を除いて境内が全焼し、近世に再建されて現在の寺観となっています。
鐘楼手前の参道傍にある梵字彫られる苔むした岩が第10番経塚の自然石で、境内から山裾を登った和泉葛城山上には第9番経塚が有ります。役行者の法華経八巻二十八品埋納した伝承経塚の9番と10番が一日で巡礼可能で、修験道・経塚フアンには魅力のある大威徳寺です。

戦火免れ残る重要文化財多宝塔

大威徳寺多宝塔は本瓦葺き高さ約13m室町時代後期の建物で国・重要文化財です。境内本堂と鐘楼の間にあって紅葉時期には朱塗りお堂とモミジのコントラストが美しく、古いお寺には紅葉の色合い良く似合って絶妙です。

大晦日から元日にかけて大威徳寺 の「元旦法要」は多宝塔で護摩焚きがあり、年一度だけ多宝塔に入れて役行者や前鬼・後鬼の像など貴重な宝物が拝観できます。大晦日の大威徳寺参詣は、今年一年のお礼参りと新年の祈願ができるのでお薦めです。

牛滝川沿い渓谷の美滝

境内から牛滝川沿い渓谷の滝

大威徳寺は地蔵含め牛石像など石造物の多い山寺で、参拝道のお地蔵さま前に立つ標識「一の滝・二の滝」から境内に流れる牛滝川沿いに山道を進むと、紅葉の枝葉に包まれた山肌から落流する4つの美しい滝に出会えます。

滝めぐりはそれぞれに魅力的で境内離れ少し散策しますと初めに落差約10mの一の滝に出会い、この先二の滝から大威徳寺名前の由来につながる水牛に乗る大威徳明王が出現した「三の滝」に出会えます。見応えある滝壺が有って滝の落流から冷気と降り注ぐ爽やかなマイナスイオン感じられて、紅葉と相まった素晴らしい渓谷の景観スポットです。

渓谷の山肌から落硫する美滝

本堂前の参拝道奥は山裾に広がる紅葉グラデーション楽しめる牛滝川沿い渓流遊歩道に続いて、参拝者で賑わう寺境内とは違ってひと気が少なく風と沢水の音だけの静寂の山間です。
大威徳寺の滝めぐりは境内離れて約20分ほどで、渓谷に落硫する一の滝・二の滝を過ぎて吊り橋・錦流橋手前の三の滝に出合います。さらに上流に進むと落差が約 8m弱の「錦流の滝」に出会います。落差はさほどですが、広い滝壺と滝壺横の岩断層も圧巻で滝姿が魅力的です。

大威徳寺へのアクセス

電車での行き方

・大威徳寺には路線バスを乗り継ぎますので、最寄り駅の南海本線本線岸和田駅前より南海バスで南海ウイング牛滝山行きに乗車します。約50分の所要でバス停「牛滝山」で降車し徒歩3分ほどです。またはJR阪和線久米田駅より南海バスを利用し約40分の所要でバス停「牛滝山」で降車し ます。

車での行き方

・阪神高速道路4号湾岸線の岸和田北出口から約40分ほどです。阪和自動車道は岸和田和泉ICから約20分ほどで、岸和田エリア付近のR170号線から岸和田牛滝山貝塚線を牛滝温泉方面を走行します。車は牛滝温泉の有料駐車場か 、牛滝山バス停留場近くの有料駐車場を利用します。

住所|〒596-0114 大阪府岸和田市大沢町1187
営業時間| AM9:00-PM17:00
定休日|なし
電話|072-479-0035
公式サイトはこちら