国立市絶景のビュースポット、大学通りを歩いてみました!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: ybaba

北海道出身。現在は東京都に在住しており、都内のマイナースポットの魅力を伝えるべく執筆しています。旅行では中国・四国地方、瀬戸内海沿岸に足を運ぶことが多く、澄み切った海や雄大な自然の姿を眺めるのが好きです。友達が各地に散在していることや、リゾートバイトの経験もあり、47都道府県の訪問になぜか成功しちゃってます。景色・グルメ・レジャーなどこれまで自分が体験してきたモノを、少しでも多く伝えられればなと思います。

綺麗な緑と伸び伸びとした開放感が気持ちよく、散歩コースにオススメです!

国立駅から谷保駅までを結ぶ巨大な並木道。通称「大学通り」と呼ばれるその国道は、国立市を代表する歴史ある観光スポットとして名が知られています。かつては滑走路として利用されていたこともあり、長く伸びる広大な路上と、両脇に並ぶ桜並木はそれだけで威厳を感じさせるほどの圧巻なスケールを誇っています。一橋大学が隣接しているのはもちろん商店街としての活気も感じられ、学生をはじめ様々な人々が行き交う、それでいて落ち着きを損なわない、非常に興味深いスポットになっています。今回はそんな大学通りに足を運び、取材を敢行してきました!

大学通りとは?

国立市を代表する街のメインストリート

大学通りの開発は1925年ごろ、学園都市として地区の開発計画が行われたのが契機となったようです。その後一橋大学が実際に移転しきてきたことから、本格的に「大学通り」という名が知れ渡るようになりました。戦後は街の発展とともに改修が施され、1967年には国立市と谷保市が大学通りによって結ばれることとなりました。

特に景観が映えるのは春の季節で、大学通りの桜並木はビュースポットとして全国的に有名。大学通りにはソメイヨシノをはじめ、多くの種類の桜が植えられています。約200本の桜があるということですが、その中でシダレザクラなど大学通り沿いには1本しかない種類もあると言います。秋は紅葉、冬はイルミネーションが彩られ、四季折々で見せる表情は言葉に代えがたい魅力を放っています。

沿道には一橋大学のキャンパスを始め、若者向けのおしゃれなブティックや幾多のグルメスポット、豊かな自然や兼松講堂など重厚な建物も点在しています。中世のルネッサンス期を彷彿とさせる、閑静でレトロな雰囲気は、歩いているだけで心に落ち着きを与えてくれます。

大学通りの見どころを紹介!

国立駅から谷保駅まで向かうことに

今回はJR国立駅からJR谷保駅を目指して大学通りを歩いてみることにしました。その長さ約2km。歩くのが好きな人は絶好の散歩コースとしてぜひ利用したいところです。

歩く前にまず目を奪われたのは圧倒的なスケールの大きさ! 4車線の車道はどこまでも一直線に伸び、広い空もあいまって爽快な気分に浸れます。自転車道と歩道もきっちりと整備されており、通行に不便さを感じることはありませんでした。

というわけで早速歩いてみることに。沿道に立ち並ぶ大きな桜の木は、間近で見ると幹がとても太くが自然の迫力を感じさせます。これが春になると桜の花を咲かせるわけですからそれはもう感動するはずですよね! また木の下にはベンチや公衆電話などが随所随所に敷設されていました。人通りが多いのに、閑静な雰囲気を保っているのはこうしたホスピタリティーの充実があるからこそだと思います。

文化の匂いが溢れ出る一橋大学周辺

しばらく歩いていくと学生の姿がよく目につくように。気づけば一橋大学の前まで来ており、その広大なキャンパスの周辺で学生の活気が伝わってきます。

周辺の店舗も若者向けのブティックやレストランが立ち並び、これまでとは違った表情を見せてくれます。

通り沿いには、2年に1度開かれる国立市の芸術祭「くにたちアートビエンナーレ」の野外彫刻が展示されており、洗練された文化の空気が色濃く映し出されていました。

たくさん歩いた後は腹ごしらえ!

悠然な景色を堪能しながら谷保駅まで残すところ200mといったところで、お腹も空いてきました。そんな時丁雰囲気の良さそうなお蕎麦屋さんを発見! 即刻入ってみると、予想通り居心地の良さそうな店内で好印象。

たくさん歩いたせいか食欲もピークを迎えており、迷わず天丼セットを注文。出汁の効いた暖かい蕎麦とサクサクな天ぷらが疲れた体に染み渡ります。店員さん達の応対も素晴らしく、気持ちよくランチを楽しむことができました! たらふく食事を楽しんだ後は再び足を進め、なんとか谷保駅まで到着! 歩いているだけなのに、たくさんの刺激を受けられた楽しいひと時でした。

住所|〒186-0002 東京都国立市東2丁目16−15
営業時間|AM11:00~PM3:00 PM4:30~PM8:00
定休日|毎週水曜日
電話|042-576-8186
公式サイトはこちら