北一硝子三号館で温もりに溢れた手作り硝子を手に入れよう

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: yui

出身地は北海道札幌市。得意なエリアは東南アジアです。世界遺産と写真とグルメが大好き。世界の海でダイビングもしています。

歴史ある硝子館でお土産を買おう!館内のカフェも要チェック!

明治から昭和初期に北海道の経済・物流の中心として栄えた小樽。その小樽でも小樽硝子の歴史を伝える名門が北一硝子です。その北一硝子の三号館は、1891年に建てられた木骨石張倉庫として現存する貴重な建物を利用したショップとなっています。お土産を求める観光客はもちろん、その風情ある建物の雰囲気を楽しめるカフェやレストランは地元の人にも人気です。北一硝子三号館の見どころをご紹介します。

北一硝子三号館の繁栄の歴史

こだわりの硝子はお土産にも人気

北一硝子は、1901年に小樽で石油ランプの製造をスタートしたのが歴史の始まりと言われています。電気が普及していない当時、石油ランプは生活の必需品でした。さらに明治時代には漁業用の浮き玉の製造も開始。北一硝子では、生活に密着した製品を作り続けたいという思いが強く、ライフスタイルが変わる今でも、時代に合った硝子製品を作り続けています。特に北一硝子三号館は、歴史的な建物を使用してノスタルジックな雰囲気の中で硝子ショップや喫茶店を営業しています。

北一硝子三号館でお土産を買おう

和のフロアでお土産を探してみよう

北一硝子三号館の硝子ショップは、その用途によってフロアやエリアが分かれています。まずは私たちの生活に一番身近な和のフロア。ここでは、毎日の食卓で活躍しそうな硝子製品が並んでいます。食器や酒のぐい飲み、切子などの製品は、見ているだけで楽しくなってくるほど美しいです。お土産として特に人気なのは、箸置き。硝子を使った透明でありながら存在感のある箸置きは、自分へのお土産にもぴったりです。種類が豊富なので、季節や用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

洋のフロアでお土産を探してみよう

洋のフロアでは、見ていてうっとりするような綺麗な製品が並びます。1階ではカラフルな洋グラスや洋食器が並び、2階には全て手作りのステンドグラス。可愛らしいお手頃価格のステンドグラスランプから、高級感あふれる職人の技が光るステンドグラスまで、様々な種類が陳列しています。優しい灯りは見ているだけで心まで温かくなるよう。硝子を使ったアクセサリーやペンダントもあるので、大切な人へのお土産にもぴったりです。

カントリーフロアでお土産を探してみよう

カントリーフロアでは、カントリーな雰囲気にも合う硝子商品を見つけることができます。その中でも特に魅力的なのは、石油ランプや浮き玉など北一硝子が創業時から携わってきた商品を現代風にアレンジした商品。シンプルな浮き玉や自然の灯りが優しいランプは、お部屋のインテリアとしてもぴったりです。そしてお土産に人気なのはミニチュア硝子です。北海道の動物や、干支、縁起物の動物など、可愛らしい表情豊かな動物のミニチュア硝子は、お土産にぴったり。1つ1つ微妙に表情が違うので、よく選んで買うと良いですね。

北一硝子三号館で食事やカフェを楽しもう

テラスで名物ソフトクリームを食べよう

北一硝子三号館のテラスでは、美味しいソフトクリームやザンギや焼きトウモロコシなどの北海道名物、各種飲み物を楽しむことができます。特にここで観光客に有名なのは、色もカラフルな特大8段ソフトクリーム。きちんと色ごとに味も違います。インスタ映え間違いなしですが、北海道の濃厚な牛乳を使ったソフトクリームは、味も評判です。生ビールや地ビールもあるので、それぞれ好きなものを買って楽しむと良いです。

住所|〒047-0027 小樽市堺町7-26
営業時間|8:45〜18:00
定休日|なし
電話|0134-33-1993
公式サイトはこちら

北一ホールでランプの灯りの中でお茶を楽しもう

天井の高い倉庫で167個のランプが灯るカフェが、北一ホールです。ここではカフェメニューに加え、小樽名物を使った食事を楽しむことができます。平日は、午後の時間を中心にピアノの生演奏が楽しめます。時間に合わせて行くとランプの灯りが広がる幻想的な雰囲気の中で、優しいメロディが流れる優雅な時間を味わいましょう。また、毎朝開店と同時にランプの点灯作業を見ることができます。今でも手作業で1つ1つのランプに灯りをともす作業は、古き良き小樽にタイムスリップしたような気分に。お土産探しに疲れたらぜひここで一休みしてみましょう。

住所|〒047-0027 小樽市堺町7-26
営業時間|8:45〜18:00
定休日|なし
電話|0134-33-1993
公式サイトはこちら

九番倉でスタンドグラスを楽しみながらお茶をしよう

北一硝子三号館の九番館は、天井一面に広がるステンドグラスが美しいカフェです。ステンドグラスはよく見ると、二羽の火の鳥がたわわに実ったブドウ畑から飛び立つ様子が描かれています。ちょっと一息つきたい時に丁度いいメニューも。季節ごとのオススメドリンクや、小樽の地ビール、地酒やワインも楽しむことができます。

住所|〒047-0027 小樽市堺町7-26
営業時間|11:00〜17:00
定休日|なし
電話|0134-33-1993
公式サイトはこちら

北一硝子三号館へのアクセス

車で向かう場合

小樽ICで降りて約10分。港堺町特約駐車場に駐車すると北一硝子各店舗規定料金以上の購入で最初の2時間まで駐車料金無料。

電車で向かう場合

南小樽駅下車、徒歩10分。小樽駅下車、徒歩20分です。

小樽散策バスで向かう場合

小樽散策バスA、B、C。北一硝子前で降車します。