馬籠のおすすめ観光スポット20選!信州で生まれ育った主婦ライターが紹介

江戸時代の風情が色濃く残る中山道の宿場町「馬籠」の観光スポットを、信州で生まれ育った主婦ライターが20件にまとめてご紹介!石畳が続く馬籠宿の街並みをのんびり散策するのも良し、宿場町の歴史を学ぶ馬籠脇本陣史料館や島崎藤村の資料が展示された藤村記念館など、名物の五平餅を食べながら巡る馬籠の魅力をエリア別にたっぷり解説します。

この記事の執筆者

トラベルパートナー: sacchi

信州の豊かな自然の中で育ち、第2の人生を大阪で過ごしている主婦ライターです。澄んだ空気とアルプスの雄大な山々を懐かしく感じる時があります。今は、子育ての合間に買い物するのがストレス発散になっています。

馬籠宿中心エリアのおすすめスポット

島崎藤村の資料が展示されている藤村記念館や、江戸時代の宿場の様子を伝える脇本陣史料館など馬籠の中心にある代表的スポットが並ぶエリアです。昔の風情を肌で感じ、石畳を焼きたての五平餅を食べながら歩くのがおすすめです。

1. 馬籠宿

PIXTA

PIXTA

中山道を代表する観光スポット馬籠宿は石畳が敷かれた坂に沿う宿場町です。平成17年までは長野県木曽郡に属していましたが、平成の大合併の際に岐阜県中津川市に越県合併されました。江戸時代の面影をの色濃く残し、坂道の両脇にはお土産屋さんやお食事処がズラリと並び、お年寄りから子供まで楽しめる場所になっています。ノスタルジックな雰囲気を楽しむ海外からの観光客も多いです。

馬籠宿の住所・アクセスや営業時間など

馬籠宿
岐阜県中津川市馬籠4300-1
落合川駅:徒歩49分以上
0573-69-2336
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
無休

【営業時間】
8:30~17:00

2. 藤村記念館(藤村堂)

引用元: instagram引用元: instagram

明治・大正・昭和の三代にわたり活躍した文豪・島崎藤村の文学館です。昭和22年に建てられた館内には、有名な「嵐」「夜明け前」などの作品原稿や関連資料など約6000点が収蔵、展示されています。馬籠宿の真中に位置し、馬籠観光スポットの代表的な存在になっています、黒い冠木門や風情のある中庭など江戸時代の本陣・問屋・庄屋を兼ねた旧家の様子を伺い知ることができます。

藤村記念館(藤村堂)の住所・アクセスや営業時間など

藤村記念館(藤村堂)
岐阜県中津川市馬籠4256-1
落合川駅:徒歩48分以上
0573-69-2047
【営業時間】
4月~11月 9:00~17:00
12月~3月 9:00~16:00

【定休日】
3月~11月 無休
12月~2月 毎週水曜日

http://toson.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3. 馬籠脇本陣史料館

PIXTA

馬籠脇本陣史料館は藤村記念館の隣、馬籠宿のほぼ中央に建っています。脇本陣とは江戸時代の高貴な身分の宿泊や休憩に備えた宿場のことを指し、藩から保護を受けていました。資料館では大名が泊まった上段の間を忠実に再現し、当時使われていた家財や什器を展示しています。ここに展示されている「蜂谷源十郎覚書」は島崎藤村が「夜明け前」の執筆する時の資料にしたと言われています。

馬籠脇本陣史料館の住所・アクセスや営業時間など

馬籠脇本陣史料館
岐阜県中津川市馬籠253-1
落合川駅:徒歩55分以上
0573-69-2108
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
不定休

【営業時間】
9:00~17:00

http://www.kiso-magome.com/kaiin/users/magome-wakihonjin.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4. 大黒屋茶房

引用元: instagram引用元: instagram

馬籠宿きっての老舗茶房「大黒屋茶房」は藤村記念館の隣にあります。伝統的な和風建築の中でゆっくりと休憩できるようになっています。藤村の小説「夜明け前」にも登場する名物の「栗こわめし」と、栗きんとん&抹茶セットが人気です。ギャラリーには木曽のヒノキを使った民芸品も揃っていて、素晴らしい漆器や和風小物を手に取って眺めることができますよ。

大黒屋茶房の住所・アクセスや営業時間など

大黒屋茶房
岐阜県中津川市馬籠4255
落合川駅:徒歩48分以上
0573-69-2504
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
無休(冬季不定休)

【営業時間】
9:00~16:30

http://www.kiso-magome.com/kaiin/users/daikokuya.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
ぐるなびで詳細を見る・予約する※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

5. 万福庵 永昌寺

PIXTA

引用元: instagram

永昌寺は島崎家の菩提寺ということもあり、藤村のお墓があります。小説「夜明け前」にも万福寺の名前で登場します。座禅体験と精進料理を味わえる宿として海外からの観光客にも人気があります。地元の食材を活かした素朴で優しい精進料理は身体を芯から清めてくれるような気がしますよ。馬籠宿の本筋から脇へ逸れた場所にひっそり佇む静かなお寺です。

万福庵 永昌寺の住所・アクセスや営業時間など

万福庵 永昌寺
岐阜県中津川市馬籠5358
落合川駅:徒歩46分以上
0573-69-2051
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
不定休

【営業時間】

http://www.kiso-magome.com/kaiin/users/manpukuan.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

6. 陣馬上展望広場

引用元: instagram

陣馬上展望広場は、天正12年(1584年)の「小牧・長久手の戦い」の際、徳川家康方の連合軍が馬籠城攻めのために陣を張った場所です。馬籠宿の坂道の入り口から少し登った所にあります。正面にはどっしり構えた恵那山や周辺の山々を一望できる人気スポットです。山間の馬籠宿の街並みと共に大自然の開放的な景色に心が和みますよ。

陣馬上展望広場の住所・アクセスや営業時間など

陣馬上展望広場
岐阜県中津川市馬籠5447
落合川駅:徒歩51分以上
0573-69-2336
【営業日】
24時間

馬籠宿周辺エリアのおすすめスポット

馬籠宿に続く道沿いにある木曽の自然を活かしたエリアです。林の中に長く続く落合の石畳を歩けば、江戸時代にタイムスリップしたような感覚になりますよ。廃校になった小学校をリノベーションした馬籠ふるさと学校は、子供のころを思い出させてくれる癒しスポットです。

7. 馬籠ふるさと学校(ゲストハウスgaku馬籠)

引用元: instagram引用元: instagram

市町村合併により使われなくなった神坂小学校が宿泊施設「馬籠ふるさと学校」として生まれ変わりました。ヒノキ・サワラ・アスナロ・ネズコ・コウヤマキの木曽五林をふんだんに使った校舎は、木の香りに包まれ子供のころの懐かしい気持ちを思い出させてくれます。教室が合宿や研修に使われる他、旅行者用のゲストハウスもあり、田舎の風情を感じながらのんびり過ごせる場所になっています。

馬籠ふるさと学校(ゲストハウスgaku馬籠)の住所・アクセスや営業時間など

馬籠ふるさと学校(ゲストハウスgaku馬籠)
岐阜県中津川市馬籠4797-230
落合川駅:徒歩39分以上
0573-69-2011
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
なし

【営業時間】
9:00~17:00

https://gifu-magome.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

8. クアリゾート湯舟沢

引用元: instagram引用元: instagram

馬籠宿の近くにあるクアリゾート湯船沢は、露天風呂やサウナを備える天然温泉の他、水着を着て入ることができる13種類の機能風呂や3つのウォータースライダーもあるアクア施設です。庭園露天風呂は体を沈めただけでお肌がツルツルになり「美人の湯」ともよばれています。人気のグランピングもあり大自然を満喫できるようになっています。

クアリゾート湯舟沢の住所・アクセスや営業時間など

クアリゾート湯舟沢
岐阜県中津川市神坂280
落合川駅:徒歩63分以上
0573-69-5000
【営業日】
金~水曜日

【定休日】
第4木曜日

【営業時間】
10:00~22:00

https://nakatsugawaonsen.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

9. まごめ自然植物園

引用元: instagram

馬籠の北側から東西にのびた梵天山の里山にある湿原をそのまま植物園として活用されています。面積は約20,000㎡、約300種以上の植物が自生しています。希少植物が自然のまま息づく園内は、遊歩道が整備されているため、のんびり散策するには絶好の場所です。隣接するテニスコートものびのびプレーができることから人気スポットになっています。

まごめ自然植物園の住所・アクセスや営業時間など

まごめ自然植物園
岐阜県中津川市馬籠5729-15
落合川駅:徒歩38分以上
0573-69-2701
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
無休(臨時休業あり)

【営業時間】
9:00~17:00

http://www.kisoji.com/kisoji/history/magome/magoemsizensyokubutu.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

10. 落合の石畳

PIXTA

落合宿場から馬籠宿までの中山道にある森林の街道です。全長が840mにも及ぶ石畳は国指定史跡になっているため、風情ある石畳を見に海外からも観光客が訪れています。老朽化や石の持ち去りなどから、当時のまま残っているのは約70mですが、傷んだ部分を修復し歩きやすくしてくれています。江戸時代に想いを馳せながら歩く石畳は、昔の中山道を旅している気分にさせてくれます。

落合の石畳の住所・アクセスや営業時間など

落合の石畳
岐阜県中津川市落合
落合川駅:徒歩54分以上
0573661111
【営業日】
24時間
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/051205.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

馬籠宿坂の下エリアのおすすめスポット

馬籠宿の坂の下周辺は「そば処まごめや」を代表するようにお土産屋さんやお食事処が多く混み合っているエリアです。特に馬籠のシンボル的存在「桝形の水車」は写真を撮る人で賑わっています。夜には常夜燈を灯した馬籠の街並みを見渡せるスポットです。

11. 清水屋資料館

PIXTA

引用元: instagram

島崎家と親交の深かった代々馬籠宿役人の清水屋原家を資料館として残しています。島崎藤村の「嵐」に登場する「森さん」とは清水屋の原一平のことです。この清水屋では島崎藤村の書簡や掛け軸、写真が展示されている他、江戸時代の文書や書画、九谷や伊万里などの陶磁器、輪島の漆器類も展示されており馬籠の生活文化を感じることができます。

清水屋資料館の住所・アクセスや営業時間など

清水屋資料館
岐阜県中津川市馬籠4284
落合川駅:徒歩47分以上
0573-69-2558
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
不定休

【営業時間】
4月~11月 8:00~17:00
12月~3月 8:30~16:30

http://www.kiso-magome.com/kaiin/users/simizuya-siryoukan.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

12. 白木屋

引用元: instagram引用元: instagram

馬籠宿の入り口に建つ白木屋は、おばあちゃんの作る五平餅が自慢の民宿&お食事処です。昔から守られてきた秘伝のたれを使った五平餅は丹精込めて焼かれていて、甘くて病みつきになる味です。古民家風の宿は気取らない優しさと温かいおもてなしで評判がいいですよ。急な階段や段差の多い建物に歴史を感じました。

白木屋の住所・アクセスや営業時間など

白木屋
岐阜県中津川市馬籠4568-3
落合川駅:徒歩46分以上
0573-69-2035
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
不定休

【営業時間】
9:00~15:30

13. 桝形の水車

PIXTA

馬籠宿入り口付近にある水車は、馬籠のシンボル的な存在とも言える大きな水車です。石畳と共に昔の趣を強く引き立ててくれています。現在この水車小屋内では既存の水車を利用し水力発電を行い、水車小屋のライトアップや馬籠の街路灯などの電力に使われています。ライトアップされた水車は、江戸時代の風情を感じさせてくれます。

桝形の水車の住所・アクセスや営業時間など

桝形の水車
岐阜県中津川市馬籠43001-1
落合川駅:徒歩55分以上
0573-69-2336
【営業日】
24時間
http://kiso-magome.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

14. そば処まごめや

引用元: instagram引用元: instagram

こだわりの蕎麦と自然豊かな山の幸を使ったお料理を味わうことができます。木曽ヒノキを床・壁・柱とふんだんに使った建物はぬくもりがあり、木の香り包まれて癒されます。馬籠宿の中でも犬と一緒に立ち寄ることができるお食事処とあって、わんちゃん連れの人が多いです。売店には木曽の物産が充実していて、何を買おうかお土産に迷ってしまいますよ。

そば処まごめやの住所・アクセスや営業時間など

そば処まごめや
岐阜県中津川市馬籠4571-1
落合川駅:徒歩46分以上
0573-69-1111
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
無休

【営業時間】
11:00~15:00

https://www.magomekan.co.jp/taste/26.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
ぐるなびで詳細を見る・予約する※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15. 島田公園(もみじ公園)

引用元: instagram

馬籠宿から少し外れたところにある島田公園は通称「もみじ公園」と呼ばれ、紅葉の美しい公園です。島田川の砂防に作られた公園で、馬籠の自然を感じられる場所です。毎年11月には「馬籠宿あかり街道」が開催され島田公園と、江戸の面影が残る宿場内が行灯でライトアップされます。公園の水面に映る紅葉と灯篭の灯りが幻想的ですよ。

島田公園(もみじ公園)の住所・アクセスや営業時間など

島田公園(もみじ公園)
岐阜県中津川市馬籠
落合川駅:徒歩55分以上
0573-69-2336
【営業日】
24時間

馬籠峠エリアのおすすめスポット

馬籠宿から妻籠宿に続く山道にある馬籠峠は、ハイキングに最適なエリアです。清流の水や森林浴を楽しみながら歩き、峠から眺める山の美しさは最高です。山道の途中にある峠の茶屋や水車塚で一服すると残りの道も頑張れます。

16. 水車塚

PIXTA

水車塚は、明治37年(1904年)に豪雨によって土石流が起こり、この地に暮らす水車小屋を営む一家4人が犠牲になったことを悼んで建てられた鎮魂碑です。島崎藤村と親交があったことから藤村による碑文が刻まれた石碑が建てられました。現在は水車小屋が復元され、周辺は休憩場所として利用されています。豊かな緑と清らかな水が流れる落ち着いた場所です。

水車塚の住所・アクセスや営業時間など

水車塚
岐阜県中津川市馬籠
落合川駅:徒歩55分以上
0573692336
【営業日】
24時間

17. 馬籠峠

PIXTA

馬籠峠は、長野県の南木曽町と岐阜県中津川市を結ぶ中山道の峠を指します。峠には正岡子規の句碑「白雲や青葉若葉の三十里」が建っています。標高801mに位置し、馬籠峠を挟んだ妻籠宿から馬籠宿までの全長9kmがハイキングコースとして人気があります。澄んだ空気、山の木々の美しさと空の青さを感じながら歩くと気持ちがいいですよ。

馬籠峠の住所・アクセスや営業時間など

馬籠峠
長野県木曽郡南木曽町吾妻1646
田立駅:徒歩91分以上
0264-57-2001
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
なし

【営業時間】
24時間

18. 男滝・女滝(おだき・めだき)

引用元: instagram引用元: instagram

妻籠宿と馬籠宿を結ぶ県道7号線沿いの馬籠峠にある滝です。吉川英治の作品「宮本武蔵」に登場する場所として有名です。また、滝壺に金の鶏が舞い込んだという「倉科様伝説」もあります。男滝は豪快な水しぶきをあげて落ちていき、男滝の隣の谷にかかる落差12mの女滝は細長く優しく落ちていて見ごたえがあります。清らかで綺麗な川の水が流れる様子に心が癒されますよ。

男滝・女滝(おだき・めだき)の住所・アクセスや営業時間など

男滝・女滝(おだき・めだき)
長野県木曽郡南木曽町吾妻
0264-57-2001
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
なし

【営業時間】
24時間

19. 峠の茶屋

引用元: instagram引用元: instagram

標高801mの馬籠峠にある小さなお茶屋さんです。馬籠宿と妻籠宿の間にあることから休憩に立ち寄る人が多く、ハイキングの疲れを癒す絶好のスポットです。昔ながらの建物は時代劇のお茶屋さんのようです。名物の五平餅が香ばしく美味しいですよ。周辺は遊歩道が整い見晴らしもよく自然を満喫することができます。

峠の茶屋の住所・アクセスや営業時間など

峠の茶屋
長野県木曽郡木曽町吾妻1646-16
田立駅:徒歩91分以上
0264-59-3550
【営業日】
3月~11月

【定休日】
不定休

【営業時間】
9:00~17:00

20. 妻籠宿(つまごじゅく)

PIXTA

引用元: instagram

中山道42番目の宿場である妻籠宿は、隣接する馬籠宿と合わせて木曽を代表する観光スポットです。全国では初めて古い街並みを保存した宿場町で、国の重要伝統建造物保存地区になっています。馬籠宿と同じようにお土産用の民芸品や古民家カフェが立ち並び多くの観光客で賑わっています。夜になると灯される常夜燈に江戸時代をしのぶ趣を感じます。

妻籠宿(つまごじゅく)の住所・アクセスや営業時間など

妻籠宿(つまごじゅく)
長野県木曽郡南木曽町吾妻2159-2
南木曽駅:徒歩39分以上
0264-57-3123
【営業日】
月~日曜日

【定休日】
なし

【営業時間】
8:30~17:00

http://www.tumago.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。