熊野神社は人気の街ランキング常連おしゃれな自由が丘のパワースポット

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Lily

出身地は東京都。得意なエリアは東京・神奈川、スノーボードが好きで東北方面もよく行きます。海外ならベトナム、トルコが好きで何回でも行きたい!美味しいものも大好きで、行く先々で美味しいお店を探すのが得意です。海外旅行は女友達、家族と、国内なら一人旅も。

商売繁盛だけじゃなく恋愛運アップのご利益も

老若男女問わず人気の街、おしゃれな自由が丘。いつも大勢の人で賑わっている駅前からわずか徒歩5分のところにある熊野神社は、自由が丘随一のパワースポットです。商売繁盛の神様ではありますが恋愛運がアップするという都市伝説も。そんな熊野神社の魅力を御紹介します。

熊野神社は自由が丘のパワースポット

熊野神社の起源は熊野本宮大社

その昔、那智熊野神社(和歌山県)を極楽浄土に見立てた熊野参りが盛んでした。遠方からはなかなか熊野までお参りに行くことのできなかった江戸時代、本宮の分霊をいただいて祭ったのが自由が丘熊野神社の始まりといわれています。自由が丘周辺はかつて谷畑と呼ばれていました。熊野神社はその氏神様で「谷畑の権現様」と親しまれていました。

自由が丘の祖「栗山久次郎」

かつての谷畑地域の区画整理を行い「自由が丘」という名前をつけ、現在の人気の街となるまでの基礎をつくったのが栗山久次郎氏です。明治から昭和にかけての激動の時代にこの地域に最大の貢献をした人物とされています。
自由が丘の鎮守となっている熊野神社の境内には栗山久次郎氏の銅像が建てられ、彼と地域の人々のつながりを感じさせてくれます。

境内は自由が丘の喧騒から切り離されたような静けさ

一の鳥居をくぐると静かな参道が続く

境内は低い石垣で囲まれています。一の鳥居をくぐり、一歩中に入ると自由が丘の街並みの喧騒がうそのように静かな、木々に囲まれた参道が続きます。参道には岩座も残っており、拝殿や鳥居が造られる前にはこの岩座が信仰の対象だったとされています。いまは参道の片隅に鎮座しており、注意してみないと見落としてしまいそうです。

昭和43年に作られた手水舎

三の鳥居を抜けたところに手水舎があります。昭和43年に造られた立派な手水舎です。手水舎に照明があるのも珍しい造りでね。それだけ木々に囲まれて重厚な雰囲気だということかもしれません。石畳の上に建つ木の柱と青い瓦が歴史を感じさせてくれます。ひしゃくも備え付けのものがあるので、安心して手や口を清めることができます。

参道の正面には朱塗りが鮮やかな拝殿

拝殿は鮮やかな朱塗りで手水舎と同じ昭和43年に再建されました。本殿は明治42年に造られた石造りで蔵のような形をしています。拝殿の前にも一対の狛犬が設置されています。現代的な形で昭和48年に奉納されたものです。
左側に続く回廊は神楽殿へと伸びています。毎年秋の例祭で奉納されるのは「目黒ばやし」で百数十年の歴史を誇ります。

社務所の前には立派なご神木が

熊野神社の社務所ではお守りや御朱印の授与を受けることができます。社務所の右手には立派なご大木があり、境内の草木は全てご神木という宮司さんのお話もうなずけます。熊野神社の御朱印は、月ごとにデザインの違う御朱印紙でいただくことができます。御朱印紙に押される花の印が変わるのですが、あでやかでつい集めてしまいたくなってしまいますよ。

参道の脇には児童公園もあり子供たちも楽しめるスポット

一の鳥居と三の鳥居の間にはちょっとした遊具が設置しており、お参りの行き帰りに子供たちが楽しめるスポットになっています。大勢の人で賑わう自由が丘駅の至近距離にあって子供たちが走り回れる空間があるのは素敵ですね。秋には落ち葉やどんぐりを拾い集める子供の姿も多く見ることができます。都会の中の自然、オアシスでのんびり過ごしてみるのもおすすめです。

熊野神社へのアクセス

・電車での行き方
自由が丘駅北口より、自由が丘デパート、ひかり街に向かいます。右手に踏切、まっすぐ行くと亀屋万年堂本店があります。左手に見える和菓子屋のクロフネの道に入れば、直ぐ右手に見えてきます。
近くにはおしゃれな雑貨屋さんやカフェも多いのでお参りの帰りには自由が丘散策が楽しめますよ。

・車での行き方
目黒通りを目黒方面へ進み、八雲交差点で右に曲がります。自由通りを自由が丘駅方面にすすみ、緑小通りの先で右に曲がると右手に見えてきます。
駐車場も一応ありますが、数は少なく周りの道路は道幅が狭いのでおすすめできません。
車で訪れるなら、少し離れたところのコインパーキングを利用する方がおすすめです。

住所|〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-24-12
営業時間|なし
定休日|なし
電話|03-3717-7720
公式サイトはこちら