宇久須港は回遊魚を中心に釣りが楽しめる家族向けスポット!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: Basilico

出身地は静岡。外遊びが大好きでキャンプやBBQ、サーフィンやシュノーケリングなど山や海を満喫~。そのためアウトドアに関する紹介が得意です。自然を楽しんだ後にふらっと立ち寄る温泉やショップ、飲食店などオススメスポットを紹介します。

足場は舗装されており、堤防からや船着き場付近で釣りが楽しめるので小さな子供でも釣りやすい場所だら~

西伊豆の中でも魚影が濃く様々な釣りが楽しめるスポット、宇久須港。足場は舗装されているので家族みんなで釣りを楽しむことができます。釣り初心者にもおすすめ。そんな宇久須港をご紹介します。

エメラルドグリーンに輝く宇久須港

通年釣りが楽しめる港

静岡県西伊豆にありいち早く回遊魚が回ってくる釣りスポット、宇久須港。伊豆の山々に囲まれのんびりした港の中で通年釣りが楽しめる。足場は舗装されているので、子供と一緒に釣りが楽しめると多くの家族でにぎわいをみせています。

春はアオリイカやメジナ、夏はアジやカツオ、秋はキスやクロダイ、冬はカワハギやスズキが中心。エサ釣りやルアー釣りが可能で赤堤防付近では大物が釣れると人気がある場所です。

宇久須港の釣りスポットのご紹介

複数あるポイントの中で一番人気「赤堤防付近」

宇久須港は弓なりに湾曲しており、海向かって左側にこの赤堤防のポイントあり。左右はテトラポットに囲まれ、穴釣りから遠投釣りまで楽しむことができます。テトラポットは平らになるように設置されているので、テトラポット上からでも釣りやすい。

地元のみならず県外からの釣り人も多い。しかし注意が必要でこのポイントは夜釣り禁止となります。そのため、朝マヅメから夕マヅメのみ釣りが楽しめるポイントとなるので注意してください。

カゴ釣り中心に楽しめる「赤堤防入口付近」

Google Mapを利用して宇久須港まで経路を調べるとピンが立つ位置がこのポイント。車は港内に停めることができ、目の前で直ぐに釣りが楽しめます。車を海沿いに停め荷物を下して車の横で釣りが楽しめる。お手軽スポットです。

主にサビキ釣りが中心で、コマセをまくと様々な魚が集まってきます。コマセをまいた後、釣り糸を垂らして数秒で引きを感じます。撮影時も小学生が釣りを楽しんでおり、小ぶりのアジをたくさん釣っていましたよ。家族向きのポイントです。

穴場のポイントとなる「河口付近」

港に入ってすぐ右側にあるポイント。川の水が海にそそがれる河口です。実はこのポイントは穴場。シーバスやハゼ、マゴチなど狙うことができます。エサ釣りだと、エサ泥棒のフグが寄ってくるので注意が必要。すぐエサを獲られてしまいますよ。

ライトタックルを使用してルアーを近場に投げ誘いを掛けます。水は透明度が高く大物がベイトを追いかけてくる瞬間を確認できルアー初心者でも楽しめますよ。

港中心にあり一番釣りやすいポイント「中央堤防」

港の中央から沖へ延びる、堤防。広々した堤防で釣りはしやすい。サビキから投影釣りまで楽しめるため、家族向きのポイントです。船着き場のため小魚がたくさん集まり、釣り初心者でも楽しめます。

回遊魚が回ってくると入れ食い状態。小ぶりのアジやイワシなど群れで回ってくるので見ているだけでも水族館の雰囲気が楽しめます。

中央堤防のおすすめポイント「先端付近」

中央堤防の入口付近でもサビキ釣りを楽しむことができますが、先端付近だとサイズアップが見込めます。家族連れが多く子供達は足元にいる魚、お父さんは遠投釣りをして大物を狙えます。

折り畳みの椅子を持参すると、椅子に腰かけのんびり釣りを楽しめるのでおすすめ。釣り方にもよりますが、コマセと桜エビがあると良い釣果が見込めます。

透明度が高いため見学だけでも楽しめる

西伊豆の海は透明度が高くエメラルドグリーンに輝く海として有名。そのため宇久須港も透明度は抜群。釣りをしていても気持ちがいいポイントです。魚影は濃く海上からハッキリ確認できます。

そのため、釣りの見学や散歩含め楽しめますよ。持参したパンなど手前に落とすとカラフルな小魚がたくさん集まってきます。子供と一緒に楽しんでください。

宇久須港へのアクセス

お車でのアクセス

沼津ICより伊豆縦貫自動車道を通行しR136、R414を通行する。山道を抜け海岸沿いに出たら左折。そのまま海岸沿いを南下していくと右手に現地となります。

港内には無料駐車場を完備。夏場は混雑が予想されるため、早めの到着をおすすめします。

住所|〒410-3501 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須
営業時間|なし
定休日|なし
電話|なし
公式サイト|なし