パワーを貰える美術館!西山美術館におジャマしました!

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: ybaba

北海道出身。現在は東京都に在住しており、都内のマイナースポットの魅力を伝えるべく執筆しています。旅行では中国・四国地方、瀬戸内海沿岸に足を運ぶことが多く、澄み切った海や雄大な自然の姿を眺めるのが好きです。友達が各地に散在していることや、リゾートバイトの経験もあり、47都道府県の訪問になぜか成功しちゃってます。景色・グルメ・レジャーなどこれまで自分が体験してきたモノを、少しでも多く伝えられればなと思います。

日本でも希少なパワーストーンのミュージアムです! たくさんのご利益を受けてきました!

町田のはずれにひっそりとただずむ「西山美術館」は、日本でも珍しいパワーストーンのミュージアム。館内には様々なパワーストーンが展示されており、それぞれで色や形や質感が全く違い、非常に興味深いです。ストーンは手で触ることもでき、各々に特有のご利益や開運成就を持っていている石たちから、パワーを貰えちゃったりもできます! 恋愛・お金・仕事・人間関係。生きている以上様々な悩みや困難がありますが、そんな時は西山美術館で一つヒーリングしてみてはいかがでしょうか。

西山美術館とは?

世界の銘石と著作な美術品を所蔵する美術館

西山美術館の設立は平成18年。歴史資料館が並ぶ多摩丘陵に、実業家である西山由之が所有する美術品を展示するために、創設されたのが始まりです。当初は美術品の展示をメインに行なっていましたが、2012年より世界の銘石の展示を開始し、2013年には館前に開運神社を建立するなど、知る人ぞ知る隠れパワースポットとしての地位を確立しつつあります。展示されている直径96.6cmの紅水晶はギネス世界記録認定を受けており、恋愛のパワースポットとしてこれほど素晴らしい場所はないでしょう!

パワーストーン以外にも、「考える人」でお馴染みのオーギュスト・ロダン、パリの詩情あふれる風景を描き続けた画家モーリス・ユリトロなどの芸術作品を多数所蔵しており、静かなギャラリーで鑑賞することができます。激情派の作家による美しい絵画や精巧な彫刻作品は、見るものを感動以上に引き込む何かがあり、説明し難い感動を与えてくれます。ここまでクオリティの高い作品群を、人気の少ない状態で見れる事はなかなかありません! ぜひ足を運んでみてください。

西山美術館におジャマしました!

館前の開運神社や景観が素晴らしい!

西山美術館へ向かうために建て付けの門をくぐり、曲がりくねった坂道を登っていきます。頂上にパワーストーンに囲まれた美術館があるわけですが、館前にある開運神社もあり、巨大な水晶を御神体とした祠が見えます。見るからにご利益がありそうです! 効力は主に恋愛成就と商売繁盛らしく、女性や経営者にはぜひともお参りして欲しいところ。気づけば私も拝礼していました! 頂上から見える町田の景観も素晴らしかったです。

沢山のパワーストーンからご利益をもらおう!

館内に入ってみると早速沢山のパワーストーンが見えます。館内は5階建てで、2・3階はロダン・銘石展、4・5階はロダン・ユリトロ展としてブースが分かれてます。まずは数々の銘石展を堪能することに。西山美術館には述べ18種類72点のパワーストーンが展示されています。原産地は鉱石発掘のメッカとされるブラジルやインドなどが多く、本場の銘石を鑑賞することができます。

いずれも石は大きく、触ってみると表面の質感がかなり違っていて面白いです。紅水晶(ローズクォーツ)やアベンチュリンなどは外側の表面がツルツルとして、凹凸も少なく、なめらかな触感を楽しむことができます。一方でアメジストや黄金水晶などは固そうな外郭の中に、ギザギザとした鉱石が見えており、かなり硬質で鋭利的な印象がありますね。いずれも神秘的な雰囲気を惜しみなく放っていて、見るからにご利益がありそうです! ぜひたっぷり触ってパワーを貰ってみてください!

館外にも多くのパワーストーンが展示されており、ギネス世界記録に認定された直径96.6cmの紅水晶の大玉やハート型の水晶、古来より女性を守ってくれるとされるレッドジャスパーなど恋愛に強い石達が勢揃い! 石の他にも「億万年の愛」を表現した1億8000万年前の木化石など、普段ではまず見ることのない貴重な資料に触れられます。

ロダン、ユリトロの熱量溢れる作品群に感動しよう!

パワーストーンの印象が強い西山美術館ですが、彫刻作家ロダンや、近代フランスで名を馳せた画家モーリス・ユリトロの作品群を多く所蔵しており、元々はこちらの展示がメインでした。「考える人」を始め、「バスティアン・ルパージュ」「バルザックの胸像」など、彫刻史に多大な影響を及ぼしたロダンの作品をふんだんに堪能することができます。ユリトロの方は風景画を中心に、リトグラフや写真、希少な壺絵なども展示されています。両者とも激情派の作家と呼ばれており、その精巧な作品群からは現代にはない熱量が溢れ出ています。

西山美術館へのアクセス

バスでのアクセス

  • 鶴川駅より 【野津田車庫・本町田経由町田駅行き】→【綾部入口】下車徒歩2分
  • 多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘・永山駅より【鶴川駅行き】→【岩子山】下車徒歩13分

車でのアクセス

  • 中央高速:稲城IC・国立府中ICより30分
  • 東名高速:横浜町田ICより40分

※駐車場ございます。

住所|〒195-0063 東京都町田市野津田町 1000
営業時間|AM11:00-PM5:00
定休日|毎週月曜日・火曜日(祝日・振替休日は開館) ※ 年末年始のほか、整備休館など臨時に休館及び開館することがあります。
電話|042-708-2480
公式サイトはこちら