薬師寺公園はまさに麗しき緑の饗宴!紅葉シーズンもおすすめ

この記事の情報提供者

トラベルパートナー: ybaba

北海道出身。現在は東京都に在住しており、都内のマイナースポットの魅力を伝えるべく執筆しています。旅行では中国・四国地方、瀬戸内海沿岸に足を運ぶことが多く、澄み切った海や雄大な自然の姿を眺めるのが好きです。友達が各地に散在していることや、リゾートバイトの経験もあり、47都道府県の訪問になぜか成功しちゃってます。景色・グルメ・レジャーなどこれまで自分が体験してきたモノを、少しでも多く伝えられればなと思います。

景観の素晴らしさは今年随一かと思います! 紅葉色づくこのシーズンにぜひ足を運んでみてください!

町田駅からバスで北に走ると、緑に囲まれた空気の美味しい山岳地帯に入ります。そんな場所に位置する薬師池公園は、「日本の歴史公園100選」にも選定されており、その景観と空気感には思わず閉口してしまいました。豊かな緑と穏やかな水面の薬師池が完全に調和していて、ビュースポットとしては圧巻の一言。おそらく景色の美しさでは今年一番ではないかと勝手ながらに思っています。今回はそんな薬師池公園の魅力について存分に語らせていただきます!

薬師池公園とは

溢れる自然と四季折々の彩りを楽しめる、町田市随一のビュースポット!

薬師池公園は1982年には「新東京百景」、2007年には「日本の歴史公園100選」に選定されるなど町田市を代表する公園として、その地位を確立しました。園内中心部にある薬師池が最大の見所で、季節が変わるたびに梅、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハス、新緑・紅葉など四季折々の彩が園内を飾り、素晴らしい景観で持って人々を楽しませてくれます。特に春は桜や椿が花開き、絶景の花見スポットとしても人々の間で有名になっています。

薬師池公園を訪問

揺らぎない鏡面の見事な薬師池

薬師池公園に入園し、短い並木道を抜けると一気に開放感あふれる空間、そしてそこには広大な薬師池が見えてきます。一切の乱れを感じさせない水面には、風景画のように木々の姿が鏡面に映り、とても神秘的な景観を生み出していました。園内の外周は紅葉が色めく雑木林に囲まれていて、アスファルトを照らす木漏れ日が素晴らしく綺麗です。時折見える休憩所では、皆さん腰を落ち着けながらゆったりとした時間を過ごしていました。

腹ごしらえに「やくし茶屋」へ

薬師池沿いに公園の外周を歩いていくと、何やら人だかりと雰囲気の良さそうな茶屋が見えてきました。この「やくし茶屋」は、薬師池公園の憩いの場として有名で、薬師池の景色を堪能しながら甘味や食事を楽しむことができます。お腹も空いたので早速茶屋に入って「いそべ巻」を注文。今まで生きてきて茶屋というものは漫画やゲームの中だけでしかお目にかかれませんでしたが、そのイメージと全くそぐわない、落ち着いた雰囲気がありました。

と、そうこうしているうちに「いそべ巻」が到着。番茶と漬物の合わせもとてもいい感じ。せっかくなので外で景色を見ながら食べることにしました。暖かいお餅に醤油がたっぷりと染み込んでいて、歩き疲れた体に塩分が行き渡ります。雲ひとつない晴れた日に、こんな安らげる場所で食事を取れるなんて幸せだなぁと、そんなことを考えながらいそべ巻を平らげ、漬物を齧り、番茶をすすりました。皆さんも公園に訪れた際はぜひ足を運んでみてくださいね!

タイコ橋から見る薬師池も絶景

ようやく一周回り終え、最後に差し掛かったのが、美しいアーチが印象的なタイコ橋。時代の名残を感じさせる趣があり写真によく映えます。また橋の上からは薬師池の美しい水面を至近距離で見ることができ、橋の踊り場では子供連れの家族が差し出すエサを漁りに、緋鯉や真鯉、亀などが集まって来るようです。エサは売店で売っていますので、興味のある方はぜひ一度試してみてください! 美しい自然の中で成される生き物との触れ合いは心を豊かにしてくれることでしょう。

こちらの画像は橋の欄干からみる薬師池になります。澄み切った青空から陽光が真っ直ぐに突き刺さり、見事に反射されているのがわかります。これほど落ち着きのある水面は見たことがなく、言いようのない感動を覚えました。ちなみにこの薬師池には江戸時代の大雨により決壊寸前だった危機を、弁財天の化身である大蛇が救った「大蛇伝説」なるものが残されています。中央の祠はその大蛇を祀ったものとされているようです。

薬師池の他にも公園の少しはずれには木造のあずま屋や、古い時代の農家跡地、椿や梅の木の集林地帯など見所スポットは数多く、どれを見てもスケールの大きさと豊かすぎるナチュラルビューに思わず感嘆してしまいました。素晴らしい自然の美しさ、古き時代の名残や伝説、美味しい食べ物と全てが堪能できる薬師池公園。11月より紅葉まつりも始まっていますので、ぜひ足を運んでみてください!(12月8日まで)

薬師池公園へのアクセス

バスでのアクセス

小田急町田駅北口(POPビル先)21番乗り場から「本町田経由鶴川」行き、  または「本町田経由野津田車庫」行きバスで「薬師池」か「薬師ヶ丘」下車。(約30分)

車でのアクセス

北駐車場:136台(うち障がい者用4台)、東第1駐車場:156台(うち障がい者用4台)、東第2駐車場:27台(うち障がい者用1台)をご利用下さい。

駐車場が利用できる時間は、午前6時から午後6時まで(6月から8月は午前6時から午後7時まで)。

住所|〒195-0063 東京都町田市野津田町3270番地
営業時間|AM6:00-PM6:00 (6月から8月まではAM6:00-PM7:00)
定休日|
電話|042-724-4399(お問い合わせは平日のみ)
公式サイトはこちら